波長の法則・高い波長と低い波長の違い【浮気者と縁ができる波長】

波長の法則

「波長」の意味をご存知でしょうか?

「波長」とは、類は友を呼ぶという意味です。

ラジオの周波数を合わせれば電波をキャッチできるように、波長が合うか合わないかは周波数の違いようなものです。

人の心には善悪が混同しており、誰もが様々な波長を持っています。

「高い波長」とは善意や高い志のことなどを指します。
「低い波長」とは低い志や悪意のことを指します。

波長の高い人の周りには、波長の高い人が集まり、波長の低い人の周りには波長の低い人が集まります。

人との出会いも環境も、仕事もプライベートも、どんな土地に住むのかも、また誰と出会い離れるのかも、全て波長が関係しています。

波長は似た者同士が集まるという意味の他に、人生のかじ取りをしていくうえで、重要な要素になります。

低い波長で生きるのと、高い波長で生きるのとでは人生が変わってきます。

この記事では、「波長を意識して生きる重要性」についてお話をさせて頂きます。

波長の法則、低い波長が及ぼす影響

挫折したからといって、絶望して下を向いているだけでは何も変わりません。

絶望して下を向いてる状態は、モチベーションが低くやる気がでません。これは波長の低い状態を表します。

なにが起きたとしても波長の低い状態が続けば、人生を悪くしてしまいます。

波長の低い状態が続くと、人生を滞らせ良くないことが続きます。

波長が低いと具体的にどうなるのか?
・運気が下がり、何をやっても上手くいかず、ツイていなことが続きます。
・人生が上手くいかなくなり、心身ともに疲れ果て病気になります。
・人間関係にも恵まれず、人の嫌な部分が沢山見えるようになります。
・霊的な悪影響を受けるようになる。

波長が低いと上記のようなことが起こります。

運気が下がったり、心が病んで病気になったり、人間関係に恵まれなくなります。

人間関係に恵まれなくて困っている人は、人に恵まれない時の解決策は波長にあり!気づけば人間関係が改善されるをご覧ください。人間関係改善のヒントになります。

これらのことは、これまでの人生経験のなかでご理解頂けるのではないでしょうか。

波長が低いと厄介なのは、目に見えない部分にも影響があることです。

波長が低いと、成仏できないでいる未浄化霊を引き寄せます。

未浄化霊は、負の感情をたくさん持って、憑かれた人は悪影響を受けてしまい、霊の苦しみまで背負うことになります。

霊障を受けると、波長を高めようとしても現実的な災いが降りかかるので、波長を高めることが困難になります。

そうするとモチベーションを高めることができなくなり、低級霊の影響で災いばかりを引き寄せるようになります。

運気は下がり、自分を卑下し、益々低級霊の影響を受けるようになり、足を引っ張られるといった負のループにハマります。

低級霊に憑かれるのも自己責任ですが、負のループにハマっている方は皆と言って良いほどこの状態です。

この状態に陥ると、高級霊と波長が合わなくなり、高級霊からの「メッセージ(気づき)」に気づくことができなくなります。

すると更に、物事が上手くいきません。

人は生きているだけで、良くも悪くも霊の影響を受けています。

良い霊の影響を受けるか、悪い霊の影響を受けるかは、あなたの波長が決めることです。

負のループにハマっていると感じた方は、自分の心を見直すことから始めてください。

低級霊の影響を受けなくするには、思考を変えるしかありません。

波長の法則、高い波長が及ぼす影響

波長が低いと不運なことばかりが起こりますが、波長が高いと真逆のことが起こります。

明るく前向きでポジティブに生きている人は、同じような明るく前向きでポジティブな人を引き寄せます。

こうした方は、志の高い波長を持った高級霊からのメッセージ(気づき)に気づくことができます。

波長を高くすれば、高級霊(神仏、守護霊、ハイヤーセルフなど)からの気づきに気づくことができ、そのお導きのおかげで人生を好転させることができます。

物事がスムーズに運び、問題が起きても上手く解決できたり、目標に向かって着実に近づけたり、出会う人の質が良くなったり、他にも利点はあるでしょう。

何よりも、波長が高い人は幸せを感じていることが、素晴らしい利点です。

物に恵まれているかどうかは関係ありません。物がなかろうと幸せを感じている状態は波長の高い状態です。

波長を高め、高級霊の影響を受ければ、人生はずいぶん違うものになっていきます。

いい人達に囲まれる波長

波長の法則により、利己愛(自己中心的な愛)が強い人の周りには、利己愛の強い人が集まり、他利愛(他人への無償の愛)を持っている人の周りには、利他愛を持つ人が集まります。

どちらの人に囲まれた方が幸せかは言うまでもありませんが、人との縁は自分次第ということです。

いい友達がほしい、いい恋人がほしい、大切にしてくれる相手と結婚したい。どの縁も決めるのは自分の波長です。

浮気する人を選んでしまうのも、情の薄い人を選んでしまうのも、自分勝手な人を選んてしまうのも、傲慢な人を選んでしまうのも、人情味に溢れた優しい人を選ぶのも、愛してくれる人を選ぶのも、全ては自分の波長です。

良い出会いがほしければ、人に求めるのではなく自分が変わること。自分自身が利己愛から、利他愛に目覚めなければいけません。数をこなせば良い出会いに当たるという訳ではありません。

人を妬んでいるうちは良縁などなく、他人の幸せを心から祝福することで、それがいつか自分の幸せに返ってきます。

あの人は幸せそうなのにどうして私は…と妬んでいるうちは幸せが遠くなるのでご注意を。

浮気する相手と縁ができるのも波長

浮気した相手を責め、慰謝料を取らないと気が済まない!という考えもありますね。

生活のために致し方なく貰うの良いですが、腹いせのために慰謝料をとっても幸せにはなれません。

腹いせのために慰謝料をとった因果応報がいずれ返ってくるからです。、

目を向けなければならないのは、相手を責めることではありません。

浮気する相手とご縁ができた、ご自身の波長に目を向けるべきです。

たとえば、結婚3年目の奥様が夫に浮気をされたとします。

奥様は結婚相手の条件に、性格よりも地位や名誉お金を第一とし、「年収が1000万円以上なら恋愛対象にしよう」といった物質的価値観で結婚相手を探しました。

そして見事、年収1500万円のご主人をゲットし結婚。

しかし、結婚から3年後、ご主人の浮気が発覚しました。

浮気相手は知識も教養もなく、若さと美貌だけが取り柄にみえます。

奥様は浮気をしたことはなく、因果応報ではありません。

当然「浮気をしていないのにどうして浮気されたの?」と思います。

しかし考えてみてください、奥様は結婚相手を「年収が1000万円以上なら恋愛対象にしよう」という条件で選びました。

結婚相手を物質的価値観で選んでいます。

ご主人が浮気をしたのは、若さと美貌という物質的価値観に惹かれてです。

奥様がご主人を物質的価値観で選んだように、ご主人も浮気相手を物質的価値観で選んでいます。

物質的価値観を重んじる奥様と、物質的価値観を重んじるご主人、物質的価値観を重んじる二人の波長が惹かれ合いできたご縁だったと言えます。

浮気された被害者は、一見自分に非がないと思いがちですが、浮気する相手を選んでしまったのは、自分自身の波長が原因です。

浮気をしない相手を選びたいなら、物質的価値観ではなく、心を愛せる人を選べば、相手も心を愛してくれます。

心を愛した者同士なら愛が満たされ浮気をしません。

男性も女性も浮気をしてしまうのは、愛を満たすすべを知らなかったり、満たされないことの表われです。

波長は親子の縁にも影響する

「此の親にして此の子あり」とはよく言ったことです。

これは「子は親の性質を受け継ぐものだ」という意味になりますが、波長の法則で言えば子が親に似たわけではありません。

魂の視点でいえば、親に育てられたから親に似るのではなく、もともと魂の性質が似た者同士だから、波長が合い引き寄せられて家族になっています。

人の縁は波長により決まりますが、それは家族であれ同じこと、波長が合わなければ家族になりません。家族になったのは似た波長の部分があるからです。

子が親に似るのではなく、もともと魂の性質が似ているから似ています。

波長の法則は死後も続く

波長は私達の死後の世界にも影響を及ぼします。

死後の世界は、天国と地獄だけではなく、たくさんの階層に分かれています。

天国寄りの階層に行くか、地獄寄りの階層に行くかは、波長で決まると言われており、低い波長のままあの世に還ると死後も苦しむことになります。

波長を意識して生きることは、現世を良くするだけではなく、死後の世界を良くすることにも繋がります。

波長の大切さに気づけるか気づけないかで大きく人生が変わり、死後の世界も変わります。

波長で人生が変わる

私は以前、負のループにハマり抜け出せずにいました。

苦難から抜けだせなかったのは、波長が低かったことが原因です。

波長の低い人や霊を引き寄せ、やることなすこと上手くいきませんでした。

現実を変える為に腹をくくってから5年が経ちますが、5年前では考えられないほど今では人も環境も変わりました。

5年をかけて志を変えることで、運にも恵まれるようになり、今ではしっかりと高級霊からの気づきを感じています。

波長を高くするということは、人生を好転させることに繋がります。私が身をもって経験していることですので、自信を持って伝えたいです。

この話を聞いて「そんなので幸せになれるかよ…」と思った方がおられるなら、その考え方は以前の私と同じです。

否定的な発想を繰り返し逃げてばかりいたから幸せになれませんでした。

以前の私のように、卑屈に思っているうちは幸せは近づいてきません。

少しの期間だけ波長を意識しても変わりませんが、長い目で波長を意識すれば人生を好転させることができます。

波長の法則を意識して実践して頂ければ幸いです。

2 Comments

門次郎 門次郎

安寿さんコメントありがとうございます。

波長を意識していらっしゃるのですね。
私も自分の波長を意識して改善するようになってから数年が経ちましたが、良い人と関わる率が格段に高くなりました。より一層波長の重要性を感じています。

また、自分の周りの人間をみれば、今の自分の状態がわかりますよね。
イライラした後にイライラしている人を見かけるのも波長だと思います。

夫婦に関しては、似た者同士が一緒になっているため、相手の腹の立つ部分を自分が持っていることを忘れてはなりませんよね。それを忘れ、責めるだけの夫婦喧嘩をする夫婦には成長がなく、絆も深まりません。

ありがとうを習慣づけていらっしゃるのは大変素晴らしいと思います。
それだけで相手の高い波長を引き出せ、感謝の気持ちを持っていると良いご縁ができやすいメリットがあります。

いいご縁がない方は、安寿さんのコメントを参考にして実践してほしいと思います。

安寿

門次郎様 お世話になります。

自分はどういう人間なんだろう…と思うとき、自分と関わりのある周りの人を見れば分かりますよね。周りの人の人間性を見れば、それが答えですから。

夫婦喧嘩してる人を見ると私は、似た者同士なのに、お互いを責めて、未熟だな…と思います。これも、類友、波長が合う二人だから引き寄せられたのでしょうね。
自分の魂が向上すると、出会う人も変わって、幸せになります。

人に会うとき、私は、必ずありがとうございますって言うようにしています。
人に対する感謝の気持ちは、良いご縁を運んでくれます。目の前の人は私の大切な人だと思って接しています。

いつも、素晴らしい記事を書いて下さり、ありがとうございます。

現在コメントは受け付けておりません。