ずっと悩んでいることを15分で解決する簡単な方法:クリック

被害者意識を克服するために気づくべき4つのこと

何かのトラブルに巻き込まれ自分が被害者の場合、「私は被害者だ!」と思うのは当然のことだと思います。

しかし、被害者であったとしても、加害者を恨むだけでは、苦しみという大きな経験を活かすこともできません。

この記事では、被害者意識を克服するための「必要な哲学」、そして、被害者意識がもたらす「不利益」、恐喝被害に遭った私の話をさせて頂きます。

もしも、何らかの被害に遭われ、被害者意識に苦しめられているなら、気持ちが和らぐヒントになれば幸いです。

被害者意識を克服するために気づくべき4つのこと

加害者と被害者のどちらが悪いでしょうか?との問いに、「加害者が悪い!」と答えるのが当然でしょう。

しかし、とてもとても大きな視点、魂の視点から見れば、どちらが悪いというわけでもなく、五分五分であると言えるのです。

加害者も被害者も五分五分です…などと言うと、本当に酷い目に遭った被害者の方から怒られますが、私も人としての視点では、加害者が明らかに悪いと思います。

しかし、魂の視点という広義の目でみると、そうとも言えず、殺人は論外ですが、加害者にも被害者にも意味があって成り立っています。

加害者と被害者は五分五分と考える

一般常識で考えれば、加害者が120%悪い!

この世の視点ではそれが常識で、加害者が悪く被害者は悪くないと考えがちですが、魂の視点では違います。

私達人間には到底理解できないことですが、加害者も被害者も五分五分というのが魂の視点。

それは、どう言うことか?

例えば、結婚詐欺に遭いお金を取られてしまったり…信じていた人に裏切られたりすれば、どう考えても自分が被害者だと考えるでしょう。

しかし、被害者であれ落ち度はあります。結婚詐欺をする人だと見抜けなかった点、相手の怪しいところを見ようとしなかった点、信じていた人から裏切られたのも、裏切る人かどうかを見抜けなかったという点では、被害者にも落ち度があります。

また、詐欺を働くような人と縁ができ、騙されたことや、人を裏切るような人と縁ができてしまったのも、波長によりできた縁です。

仮に、騙そうとする人と、騙されにくい人が出会えば、騙そうとする人は騙すことができずに離れていきます。逆に、騙そうとする人と、騙されやすい人が出会えば、騙す人と騙される人の関係性は深まります。

そういった波長が関係していることを考えれば、加害者だけではなく、被害者にも落ち度があると言えるのです。

ですので、たとえ被害者であったとしても被害者意識に苛まれ苦しむだけではなく、落ち度がなかったか考えることが大切です。それをしないと、せっかくの経験も活かすことができません。

加害者は因果応報で報いを受けますが、被害者も被害に遭ったことを「自身の成長」に繋げなければなりません。

魂の視点では、加害者と被害者という関係性ができたことから、被害に遭うのにも落ち度があると考え、加害者と被害者が五分五分という結論になります。

被害者意識で成長なしと知る

自身の成長のためにも、大切なのは「被害者だから悪くない、悪いのは100%加害者だ」と考えずに、自身に落ち度がなかったか考えることが大切なのは上述した通りです。

「被害者」と「加害者」、ただこの言葉だけで済ませるのではなく、それぞれの魂にとってどうなることが本当の成長になるのかを考え、そこに焦点を当てることで、双方が成長できるのではないでしょうか。

加害者には、因果応報で罰が与えられますが、被害者にも学びが与えられています。

この世の視点で、被害者意識にばかり捉われてしまうとと、私は被害者だから悪くないと済ませてしまい、何を学ぶべきなのか見えなくなってしまいます。

自分をしっかり分析し、本当の意味での心の救済をできるのは自分自身でしかありません。

誰かが自分の代わりに救ってくれると考えていては、何も解決はできません。

霊能者も占い師もカウンセラーも、サポートはできても本当の意味での救済と成長は、本人にしかできないことです。

被害者意識に囚われている限り、冷静に分析するのは難しいことでしょう。

加害者が100%悪い…しかし、被害者となった意味や学びがある。そこに気づければ、無駄な経験ではなかったことがわかります。

何事も自己責任と考える

やったことが返ってくることを「因果応報」と言います。

良い種を蒔けば良いことが返ってきます。
悪い種を蒔けば悪いことが返ってきます。

この世に起こる事というのは、偶然のように見えても、偶然ではありません。

すべての出来事は、何らかの気づきを与えるために起こる事です。

原因があって結果があるこの世は、すべて自己責任という事になります。

たとえ被害者であれ、自分自身にも原因があることを知らなければなりません。

たとえ相手が一方的に悪いと思われる夫婦喧嘩でも、必ず自分にも非があります。

被害者意識が強ければ「喧嘩の原因はいつも向こうにある!」と言いたくなりますが、「相手だけが悪い」とは言い切れません。五分五分かどうかは別として、必ず双方に原因があると思います。

どんな喧嘩であれ、自分で蒔いた種が必ず含まれております。相手のせいだけにせず、自分にも必ず原因があることを受け入れて向き合わなければなりません。

夫婦喧嘩の原因が何であれ、原因となる事は結婚前から兆候があったはずです。それを含めての結婚だったのではないでしょうか。もしもそれが分からなかったのなら、見抜けなかった自分が幼かったからです。

ですので、100%自分に非がないという事はありません。

どんな問題であれ、問題が起きているのは「自己責任」だという事を忘れてはいけません。

被害者意識に翻弄され、相手ばかりを責めても解決しませんし、一方的に責めるのは悪しき種を蒔く事になります。

何事も自己責任と考えれば、被害者意識に苛まれることはありません。自分の蒔いた種であり、自分で刈り取らなければならない強さが芽生えるからです。

被害者意識120%だった過去

被害者と加害者は五分五分であり、理不尽な事も自分で蒔いた種であり、成長のために必要だから経験することです。

何事にも原因があり結果があります。その原因をつくったのは自分である事を忘れてはいけません。

その「原因となる根本的な事を直さねば解決には至らない」というお話をさせて頂きます。

私は以前、ブラック企業に勤めておりました。

仕事を辞めると言えば、暴力と暴言で脅され辞める事は許されませんでした。

ブラック企業にとって、私は金づるでした。

脅しに屈して仕事を続けていたら、お金を吸い取られて借金まみれになりました。

そんな日々が続き、消費者金融で借り入れできる限度額までいってしまい、貸してくれなくなりました。

そんなある日、何かと理由をつけ、ブラック企業は私からお金を吸い取ろうとしてきます。

恐怖に支配され完全に洗脳されていた私は、お金を用意できなれば「殺される」「何もかも奪われる」と思っており、実際そのように脅されていました。

何としても、期日までにお金を用意しなければならない。

しかし、私が借り入れできるのは闇金しか残されておりません。

私が用意しなければならなかったのは10万円。月々の収入はたったの3万円。何も食べなくても10万円を捻出することはできません…

私は、何社もの闇金に電話をしました。

しかし、どの闇金に電話をしても初めての客に貸せるのは1万円とか、多くても3万円が限度でした。

白ロム、クレジットカード現金化など、詐欺の片棒をかつがせてお金をつくらせようとする闇金もありましたが、それでも10万円には届きません…

私は結局、借り入れを諦めました。もう殺される…

しかし、最後のあがきとして弁護士の先生や警察に相談した事で助けられ、ブラック企業と縁を切る事ができました。

私は被害者意識に苛まれ、暴行を受けお金を吸い取られた理不尽を恨みました。

どうして、自分が悪くないのにお金ばかり吸い取られたのか…縁が切れても借金を返し続けなればならないのか…

ですが考えてみてください。

ここまで追い込まれたのは、私の弱さが招いた事です。

私が最初の脅しに屈しなければ、ここまで酷い事にはなっていません。私にも原因があって、回避できなかった災難です。

何事も自己責任です。問題が起きた時、人のせいにしてばかりいては被害者意識を克服できません。

被害者意識を手放し、自己責任と考えることで人は成長できます。

もしも、何らかの被害に遭われ、ボロボロになったとしても復讐はやめるべきです。

復讐する事は、悪い種を蒔く事になります。因果応報で自分に返ってくるだけなので、絶対にすべきではありません。

自分を傷つけた相手も未熟な魂で学んでいます。どんなに憎くても、相手の魂は自分の魂を成長させてくれた事には違いありません。

成長させてくれた相手に、心の中で感謝の気持ちを持てるようになれば、あなたにも幸せが訪れると思います。被害者意識を手放し、成長させてくれた事に感謝して自身を幸せに導いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。