ずっと悩んでいることを15分で解決する簡単な方法:クリック

お墓の迷信をスピリチュアルの視点から

この記事では、「お墓に関する迷信あれこれ」をご紹介致します。

・お墓参りの帰りに振り返ってはいけない
・お墓が壊れたらご先祖様が怒っている
・生前にお墓を建てると早死にする
・お墓で転ぶと…

これらの迷信は本当なのか?本当であれば気をつけるべきですし、本当でなくても何か意味があるのかもしれません。

それでは、スピリチュアルの視点からお話をさせて頂きます。

お墓の迷信・お墓参りの帰りに振り返ってはいけない

「お墓参りの帰りに振り返ってはいけない」という話を聞いた方はおられるでしょうか。

私が子供の頃は、そのようなことを言われました。

私の友達は振り返ってはいけない理由を、「振り返るとオバケがついてくるから」と言っていて、私は子供ながらにそれを信じ、お墓の帰りはお墓が見えなくなるまで、絶対に振り向かないようにしていました。

このようなことは、私の友達が言っているだけではなく、色々なところで言われている事のようです。

ではなぜ、振り返ってはいけないのか?

振り返ってはいけないのには、ちゃんとした理由があります。

日本ではお盆やお彼岸には、あの世から故人の魂が帰ってくると考えられていますが、それだけではなく、お墓に帰ってくると考えられていたのかもしれません。

そのため、お盆やお彼岸にお墓参りへ来た人達が、お墓参りの帰りに振り返る行為は、別れを惜しんでいることになり、別れを惜しまれていると知った故人の魂が、一緒について来てしまうと考えられたのがひとつ。

もうひとつは、お墓参りに来た人達が振り返ると、この世への未練が蘇り、あの世へ還れなくなると考えられていたようです。

確かに、故人への思いが強すぎて、浄化の妨げになるようなことは避けたいですし「お墓参りモードはおしまい」とケジメをつけたほうが、故人は安心して浄化の道を歩めると思います。

ここで言う、振り返ってはいけないは「誤って振り返ってしまった!」と騒ぐようなことではありません。

振り返ってはいけないのは、行為そのものではなく気持ちの面のことで、本当に振り返ってはいけないのではありません。

故人を引き止めるような想いを捨てて、故人の浄化を願うことが、振り返らないことになります。

「お墓参りの帰りに振り返ってはいけない」は「気持ちの面で」の話です。

お墓の迷信・お墓が壊れたらご先祖様が怒っている

お墓は物質ですから、いくら頑丈にできていても壊れてしまうこともあるでしょう。

無理をしてでも早く直さないと、ご先祖様に祟られると思うかもしれません。

また、お墓が壊れたことを霊能者に話すと「ご先祖様がお怒りになっています…早く直さないと災いが起こりますよ」と言われるかもしれません。

しかし、「お墓が壊れた=ご先祖様が怒っている」と思うのは偏った考えであり、そこまで過敏になる必要はありません。

墓石といえど物質ですし、古くなれば壊れ、自然や人の力が加われば壊れます。

もちろん、壊れたら直すのが望ましいですが、経済的な余裕がなかったり、時間的な余裕がなければ、無理をして直すことはありません。

やむを得ず直せないのなら「今は事情があってすぐに直すことができずに申し訳ございません」と、きちんと事情をお祈りしておけば想いは伝わります。

もしも、こちらの事情を無視して「早く墓を直せ!」と言ってくるようなご先祖様なら「この世の墓なんかに拘るよりも、自分の浄化のことを考えてください。あなたはこちらの人ではないのですから」とハッキリ言ってあげるくらいでちょうどいいのです。

お墓が壊れるとむやみやたらに怖がったり、不吉なことが起こると思うかもしれませんが、不安に思っている低い波長が災いの元になるので、毅然とした態度でいることが大切です。

お墓の迷信・生前にお墓を建てると早死にする

「生きている間に墓を建てると縁起が悪い」と聞いたことはありませんか?

私が子供の頃、我が家にお墓を建てる計画が持ち上りました。

私の両親は、生前にお墓を建てることに不安があったのか、霊能者に「元気なうちに墓を建てても問題はないか?」と意見を聞いたのです。

霊能者の回答は「元気なうちから墓を建てて、早死にしたいのか!余計なことを考えずに生きなさい」とのこと。

その話を聞いて結局、お墓を建てる計画は流れてしまいました。

「生前に墓を建てると早死にする」というのは、昔から言われていたことかもしれませんが、なぜそのようなことが言われ続けているのでしょうか?

スピリチュアルでは、寿命は決まっているとされており、「お墓を建てたから早死にする」とは言いません。

しかし、昔の人はこれまで経緯を見て、生前にお墓を建てた人が亡くなるケースが多いと感じていたのでしょう。

実際、お墓を建てた人がすぐに亡くなるケースは珍しくないそうです。

ではなぜ、お墓を建てたら亡くなるのか…

それは、お墓を建てたから亡くなるのではなく、自分の死を魂が知っているからであり、頭ではわかっていなくても、無意識にお墓を建てる人が多かったからだと思います。

魂が死を予期しているから、お墓を建てた後に亡くなる人が多いのであって、お墓を建てると亡くなるわけではありません。

スピリチュアルの視点では、生前にお墓を建てることを悪いこととしていません。

むしろ、スムーズに成仏するためには、生前にお墓を建てておくほうが良いとも言われています。

健康なうちからお墓を建てると言うと「縁起でもないことを言うな!」と周囲から反対をされるかもしれませんが、死を見つめて生きるからこそ一生懸命生きられるのではないでしょうか。

スピリチュアルでは、「死」は縁起が悪いのではなく、この世の卒業であり、あの世の視点ではおめでたいことになります。

死を意識してしっかり生きることは、悪いことではなく、むしろ良いことです。

そのため、生前にお墓を建てることも「死を見つめて生きている」証拠ですし、決して悪いことではありません。

特にお墓に拘りがある人は、なおさら生前に自分好みのお墓を建てておくことに賛成です。

お墓に拘りがあるにもかかわらず、自分が亡くなってから趣味ではないお墓を建てられたら、嫌ですよね…それが成仏の妨げにならないとも言えません。

少し隔たりのある考え方ですが、自分が入るお墓は和型が良いんだ!と拘りを持ったまま亡くなり、子供が建てくれたお墓が洋型だった場合、納得ができずに成仏の妨げになる可能性もあります。

そのようなことにならないためにも、拘りが強い人ほど、生前にお墓を建てておくほうが良いと言えます。

お墓を建てたから早死にすることはありません。ですので、自分の墓は自分で決めたいんだと思うなら、元気なうちに建てておいたら良いと思います。

「墓=死を意識」

お墓を見るたびに、「いつか来る死のために、一瞬一瞬を大切に生きるんだ」と思えるなら、素晴らしい相乗効果です。

繰り返しお伝えしますが、生前にお墓を建てると早死にするわけではありません。ただ、無意識に死を感じて墓を建てる人が多かったために、そのように言われていることのようです。

生前にお墓を建てても、寿命は変わりませんのでご安心ください。

参考:スピリチュアル タブー・ブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。