いじめ因果応報職場・いじめる人に天罰が下った話

この記事は、職場でいじめをしていた人が辞めざるを得なくなった話と、いじめる人へ天罰が下った因果応報の話をさせて頂きます。

いじめは、決して許されるものではありません。いじめている人には、必ず天罰が下ります。

いじめのない世の中になることを祈ります。

いじめ因果応報・職場

誰でも苦手な人が、職場に居ると思います。たった1人だけ苦手な人が居たとしても、その存在は大きいものです。

その人のために、退職すべきか悩むこともあると思います。

今回のご相談は、たった1人の苦手な人、攻撃的な同僚との関係に悩んでご相談くださったものです。

職場で突っかかり、悪い噂を流す同僚

30代の女性が、職場の人間関係でお悩みでした。

はじめてご相談いただいたのは約1年前。

職場でどのようなトラブルがあるのか聞くと、どうも半年くらい前から、同じ部署の女性が何かと突っかかってきて不愉快だということです。

もともと仲は良くもなく、悪くもなく、軽くプライベートな話ができる関係だったそうです。

決して仲が悪かったわけではありません。

ご相談者様がおっしゃるには、「ケンカをしたわけでもないのに相手の態度が悪くなり、嫌がらせとも言えるような言動をされるようになった。」とおっしゃるのです。

話し合いで解決しようとこちらから歩み寄ると「あなたには理解出来ないから言いません!」と言われて話にならず。

視える映像からして、気丈な態度で突き放されている場面が視えてきます。

こちらが折れていることに、相手が良い気になっているとも視えます。

相手の人というのは、気が強い女性です。言葉数は多くはないと思いますが、相手の傷つく言い方を熟知していて、刃で刺すような言い方をする方をだと思います。

そんな同僚の言動は日に日に悪化していき、ご相談者様に牙を剥くだけではなく、社内によからぬ噂までたてられ、あちこちに悪口を言いふらされて、みんなからも変な目で見られているようになったとおっしゃいます。

嫌がらせをする人にはいつか気づきが与えられる

ご相談者様がおっしゃっておりました。

「人に悪いこと、嫌がらせをしていると自分に返ってくると言いますが、むしろ相手には良いことばかり続き、逆に私ばかり最近辛い出来事ばかりです。やはり私が原因なのでしょうか?」

「人と接するのが嫌でたまりません。社内のみんなが私を憎んでいるようで…誰の前でも心が安らぎません。どうしていけば良いですか?」

ご相談者様にしてみれば理不尽な話ですよね。

『どうして私だけ追い詰められて、嫌がらせをするような人が大きな顔をして仕事ができるのか?』

もちろん、そのように考えてしまう気持ちはわかります。ですがこれは、嫌がらせをしている人が泳がされているに過ぎません。

今は平穏でも、そのツケは必ず巡ってきます。それが天罰というものです。天罰については、天罰!バチが当たる人と当たらない人【本当にあった13の体験談】に書いていますので、興味のある方はご覧ください。

天罰が下るのが、ご相談者様の目の前か、ご相談者様と縁が切れてからかわかりませんが、そのまま気づきを与えられないということはありません。

基本的に、私達は悪い事をしても泳がされます。

泳がされている内に気づくことができれば、あまり痛手を負いません。チャンスを与えられていても気づかないのが人間です。

話がそれますが、たとえば万引き犯にも「気づきのチャンス」が与えられています。

これは憶測ですが、万引きをして捕まった方のほとんどは、初めての万引きではないはずです。何度も繰り返す内に捕まるのです。

泳がされている段階で正すことが正解ですが、捕まらなかったことを良いように解釈して間違いを正さなければ、いずれは捕まり、気づきを与えられます。

そういった気づきは守護霊からのメッセージです。守護霊のメッセージがいかなるものか興味がありましたら守護霊のメッセージ「あることに気づき簡単に受け取る方法」をご覧ください。

話を戻しますが、嫌がらせをしている同僚にも万引き犯と同じように、必ず尻拭いをさせられる日が来ます。

嫌がらせをする同僚の居場所はない

嫌がらせをされてるご相談者様の立場は、どんどん悪くなり居場所が無くなるように思えます。

しかし、霊視をさせて頂くと、嫌がらせをしてる相手は自分で自分の首を絞めているように感じます。

私はご相談者様にお伝えしたのですが「このままいけば相手が辞めていくように思います。そんなに遠い話ではなく、辞めるとすれば1年以内の話だと思います。」と伝えました。

このまま行けば、ご相談者様が追い詰められて辞めるように思いますが、嫌がらせをしている同僚は、ご相談者様の悪い噂を社内に広めたせいで自分の評価を下げています。

悪い噂を聞かされた人は、その場では「そうよね」と話を合わせるかもしれません。

ですが同時に、悪い噂を流す嫌な人という印象を与えています。

私には、嫌がらせをしている同僚の居場所がなくなるように視えました。

1年後の職場

時は流れ、ご相談を頂いてから1年近く過ぎてから動きがあったようです。

ご相談者様からのお返事。

「嫌がらせをしていた同僚が退職となりました。」

「何度も先生に相談しました。その度に先生は『縁が薄くなるから』と仰いました。その時、私は半信半疑でしたがやっと離れる事ができました。」

「仕事は大変になりますが、そんなこと苦にならないくらい嬉しいです。約1年もの間、本当に有り難うございました。」

とのことでした。

離れることができたのは、ご相談者様の心が1年前とは変わったからです。

モチベーションを高めるように意識された結果、波長が合わなくなりネガティヴ思考の強かった同僚と縁が切れたのだと思います。

1年かけて自ら勝ち取られた環境ですので、これからは楽しく仕事ができるのではないでしょうか。

人間関係は難しいですが、良い人達に囲まれたければ人を変えるのではなく、自分の心を正すのが一番の近道だと思います。

それを裏付けるのがこの人を変える成功談7つの方法【力尽くで人の心まで変えられない】になります。

因果応報・いじめる人に天罰が下った話

イジメをしている人が、イジメられるという因果応報はあるのかと疑問を持たれる方も多いと思います。

イジメは、悪い種を蒔くことになります。悪い種は、遅かれ早かれ芽を出します。

イジメを行っている限り、イジメている人が幸せになることはありません。

必ず、自分がイジメられる立場になったり、人間関係で悩むなど、イジメていた報いを受ける日がきます。

イジメとして返ってくるだけではなく、たとえば、ロクな友達ができなかったり、ロクな恋人ができなかったり、ロクな結婚ができなかったり、もっと長い目で見れば、子孫に返ったりします。

イジメている人が、今は問題なく見えていても、その報いはいつか受けることになります。

人は間違いを犯します。その間違いに気づかせるために因果応報があります。因果応報がなければ、間違いに気づくこともできません。

それでは、人をイジメていた私にどんな因果応報があったのか、小学生の頃の実話を基にしてお話しさせて頂きたいと思います。

いじめる側の人間

小学生の頃、クラスメイトをイジメたことがありました。

複数でひとりをターゲットにする卑劣なイジメでした。クラスの1/3の男子が1人の男の子をイジメていたのです。

イジメの発端となったのは、彼が嘘つきだという噂がクラスメイトに広がったせいです。

初めは「ちょっとかわいそうだな…」と思う気持ちを持ちながらの行為だったのですが…

日に日にそういう気持ちは薄れてしまい、仲間はずれや悪口が当たり前のようになりました。

プロレスごっこと称し、複数で男の子を痛めつけるとか…

やられる側の気持ちを考えずに「嘘つくから悪いんだ」という大義名分を掲げて酷いことをしたと思います。

大義名分があればイジメても良い、というのは大人社会にも言えることです。「イジメはダメ!」と言いながらも、このような発想をする大人が多いから、自然と子供も真似をします。我々大人は、本当に気をつけなければなりません。

そのうち、彼が不登校…保護者や先生にイジメの実態が知れ渡り、こっ酷く怒られてからは彼をイジメなくなりました。

それから一年もしないうちに事態が変わります。

立場逆転いじめられる側へ

私はちょっとした誤解がきっかけで、イジメる側からイジメられる側になりました。

複数人から無視されたり、靴をゴミ箱に捨てられたり、プロレス技をかけられる対象になりました。学校に行くのが嫌になり、教室に入るのも嫌でした。

私のしたことが、そっくりそのまま返ってきたのです。

イジメられる側は嫌だろうとわかってたけど、身をもって辛いと知ることができました。

ある日、私をかばってくれた友達のおかげで、イジメはなくなりましたが、この経験がなかったら…私は今でもイジメる側の人間だったかもしれない。

人をイジメて優越感に浸って、自分の存在価値を見い出す。

なんて「弱い」人間でしょう…

でも、そのような人は大人にも多いのです。

私は、イジメの両方の立場を経験したことで、どちらの気持ちも分かることができました。

小学生の私にとても分かりやすい「因果応報」です。

因果応報はすぐに返ってくるものや、来世に持ち越すもの(カルマの法則は時代を越えて想いに反映する気づきの法則 その4つの意味とは?)、いろんなパターンがありますが『間違いに気づかせる出来事』は遅かれ早かれ起こります。

いろいろな罪を重ねてきた私は、因果応報を考えると怖いものがありますが…その分、これからは善い行いをしたいものです。

何事も因果応報…悪いことが起きても、それもいつかの行いが返ってきたのかもしれません。

だから嘆いてばかりいても仕方がないのです。その事態をどうクリアしていくかが与えられた学びです。

蒔いた種を刈り取る、悪い芽を刈り取り善い種を蒔けば、いつかたくさんの善い芽が出ます。

日々の積み重ねが未来を創りますので、善い行いを心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。