縁起の悪い数字とゾロ目の意味、数字についてのスピリチュアルの見解

[この記事に書かれていること:目次]









縁起の悪い数字

縁起の悪い数字について、スピリチュアルの見解のお話をさせて頂きます。

皆様にも聞き覚えがあると思いますが、数字の「4」「9」「13」は一般的に縁起が悪いとされています。

「4(し)=死」、「9(く)=苦」を連想させることが理由なのでしょうか?私がお世話になった病院でも、病室の部屋に4や9は外されています。

また、病院だけにとどまらず、マンションやアパート、ホテルなどでも、一の位が4になる号室を外すことがあるそうです。例えば、104号室、204号室、304号室、404号室、414号室等があげられます。

なんとなく私も子供の頃から、4や9という数字には良い印象がありませんでした。

数字は気にしない人は気にしませんが、気にする人は気にします。縁起の悪い数字は、なるべく避けたいものですよね。

また、キリスト教では「13」は夕餉のテーブルに13人座るのは死ぬほど縁起が悪いとされているそうです。

また、ヒンズー教でも、何かしらの目的で13人集まるとロクなことが起こらないと信じられているそうです。

詳しい理由はわかりませんが、日本に限らず縁起の悪い数字はどの国にもあるのかもしれませんね。

このように縁起の悪い数字は諸説ありますが、スピリチュアル的にみて、縁起の悪い数字には注意すべきなのでしょうか?

「4」「9」「13」縁起の悪い数字に注意すべき?

スピリチュアルの視点で、縁起の悪いとされている数字を避けるべきかどうか、先に結論を述べさせて頂きます。

スピリチュアルの視点では「4」「9」「13」どの数字であれ、まったく気にして頂くことはございません。

スピリチュアルでは、どんな数字であれ、縁起の悪い数字はないとされています。

ですので、4や9や13という数字と縁ができたからと言って、不吉な予感を感じることはありません。

444や999でも大丈夫?ゾロ目について

4も9も縁起が悪い数字ではないので、444も999もなんら不吉な数字ではありません。

しかしスピリチュアルでは、ゾロ目には意味があるとされています。

何番のゾロ目が良くて何番のゾロ目が悪いとかはないのですが、ゾロ目をよく目にする時はスピリチュアル的な意味があります。

例えば、時計を見た時や走っている車のナンバープレートを見た時など、なぜだか知らないが、ゾロ目を見ることが多くなる時期があります。

そういう時期と言うのは、特に意識をしていなくても、フトした時にゾロ目が目につくもので「あれ?またゾロ目だ…なんだか気味が悪いなぁ…」と思う時があります。

そうしたゾロ目をよく目にしてしまう時期というのは、スピリチュアルでは良い意味があり「インスピレーションが冴えている時」と言われています。

言わば、ゾロ目をよく見ることは気味が悪いどころか、縁起の良いことになります。

やたらゾロ目を目にする時は、良いひらめきが得られるかもしれません。解決したい問題がある時は、真剣に考えてみたら良いひらめきがあるかもしれません。

魂とゆかりの深い数字

何番が吉で何番が凶ということはありませんが、スピリチュアルでは人それぞれに自分のナンバーがあるとされています。

私は基本的に、数字を気にしないたちなのであまり感じたことはないですが、数字を気にしていらっしゃる方ならよく見る数字があると思います。

出かけ先で「またこの数字だ」という数字を目にしたり、「昔からこの数字と縁があるなぁ」と思う数字など。

何気によく見かける数字は「自分のナンバー」であり「魂とゆかりの深いナンバー」になります。

その番号がラッキーナンバーというわけではありませんが、それがあなたのナンバーになります。

引越しをした先の番地が、たまたまゆかりの深い番号だったり、営業マンの誕生日がゆかりの深い番号だったりすることがあります。

そうした偶然は偶然ではなく見えない存在からのメッセージだったりします。「引越しを決めても大丈夫ですよ」「その営業マンは信頼できますよ」など知らせてくれている数字かもしれません。

スピリチュアルの導きであるメッセージは、こうしたちょっとしたことから感じることができます。

これは私ごとですが、私は引越しをした途端やたらと誕生日と同じナンバーの車を目にするようになりました。

意識しているわけではなかったのですが、多い日には一日に4台も誕生日と同じナンバーの車を目にすることがありました。

こうした偶然には見えない世界からのメッセージが含まれており、メッセージの意味は「引越しおめでとう!」のお祝いの意味があると思います。

ナンバーを信じたから必ず良い方向に行くとは限りませんが、もし悪い方向に進んだとしても、遅かれ早かれ経験しなければいけないお導きということになります。

数字には、縁起の良い数字や悪い数字という区切りはありませんが、ゾロ目や自分のナンバーを参考にして、スピリチュアルメッセージを受け取って頂ければと思います。

 

[門次郎メール鑑定のご案内]


ご相談案内

サラリーマンの頃からメール鑑定を副業にしていた門次郎が、数年前にスピリチュアルカウンセラーとして独立。占い会社や宗教団体に属さずに一人でメール鑑定を行い生計を立てております。

これまで行ってきたメール鑑定の実績と、経験から培ってきた能力を活かし、ご相談文章とお写真のみで問題の原因を読み解き、あなた様に必要なアドバイスをお伝え致します。

お申込み手順は簡単です。お気軽にご相談ください。


ABOUT記事作成者

京都府出身在住のスピリチュアルカウンセラー門次郎と申します。 当ブログのスピリチュアル、心理が人生のお役に立てれば幸いです。読みづらく理解しがたいところもあるかも知れませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・【目標】感謝の気持ちを忘れず、大我の心を学ぶ ・【得意な鑑定】人(魂)の本質を見抜く能力を活かした鑑定/相性鑑定(恋愛/家族/職場などの人間関係)/適職鑑定/未来の可能性鑑定 ・1人で抱え込まず、一緒に一歩を踏み出しましょう。悩み相談/メール鑑定/祈願/浄霊浄化承ります。