言うか言わないかを迷った時の正しい判断の仕方とは?

人生には、相手に「言っていいものか」「黙っていたほうがいいものか」迷う事もあります。

真実を伝えることが正しいのか、余計なことは言わないほうが良いのか迷った時、何を基準にして決めればいいのでしょう…

言うか言わないか?

相手にとって、嬉しくない真実を伝えれば、例え本当でも、余計なお世話だと言われ、険悪なムードになり嫌われたりする事もあります。だから判断は難しいのです。

それでは…迷ったとき、何を基準にして、どう判断すればいいのかを考えてみたいと思います。

もしも、近所で優等生と評判の子の非行現場を目の当たりにしてしまったら…

あなたはそのことを、その子の親に言いますか?

言うか言わないか?尊敬している恩師のお子さんの非行現場を目撃

あなたはある日、スーパーへ買い物に出かけました。

いつものように買い物をしていると、どこかで見たことのある男の子が目に入りました。

男の子は、近所に住んでいる子で、あなたが尊敬している恩師とも呼べる人のお子さんです。

お菓子売り場にいる男の子、離れたところから何気無く見ていると、男の子は陳列されていたチョコレートを手に取り、ポケットに入れました。

万引きです。

あなたは驚き固まっていると、男の子は逃げるように店の外に出で、どこかへ消えてしまいました。

男の子は、あなたが尊敬する恩師のお子さんです。近所では優等生で通っており、万引きをするなど誰も思いません。

当然、恩師である男の子の親も、思いもしないはずです。

さて、この場合、恩師に万引きのことを言うべきでしょうか?
言うと関係が気まずくなるから、言わないほうが良いのでしょうか?

言うか言わないか?迷った時に考えるポイント

判断に迷うと思います。

言ったほうが良いのだろうけど、言うと「うちの子がそんな事をするはずがないだろ!」と怒られ、恩師との関係が壊れる可能性もあります。

世間的には、優等生のあの子がそんな事をするはずがないと考えるのが普通です。

ですが、言わなければ、さらに非行が悪化してしまうかも知れません。

迷います…

しかしこの場合、「本当の善とは何か」を考えれば答えが見えてきます。

正しい判断をするためには、「相手の立場になって考える」ことです。

もしも、自分が万引きした子の親なら、放っておいてほしいと考えるかどうか?

自分の子が万引きをしているのに、それを知らぬまま放置したことで、問題が大きくなってほしいでしょうか。

親であれば、取り返しのつく段階で非行をやめさせたいと考えるのが普通ではないしょうか。

もしも、相手の立場になって考えた時「自分だったら言ってもらいたい」と思うなら、勇気を出して言うべきです。

言ったほうが良いと思っていながら「恩師だから言いにくい…恩師にそんなことは言えない…」と黙っているのであれば、それは「自分が嫌われたくないだけの小我」です。

自分が言ってほしいと思うのなら、やはり言うことが正しい判断ではないでしょうか。

しかし言うからには、言ったあとのサポートも必要です。言いっ放しで丸投げするのではなく、最後まで寄り添う覚悟が必要です。

もしも、万引きした子が自分の子供なら、最後まで寄り添いますよね。それと同じで、伝えるなら寄り添う覚悟を持たなければなりません。

とは言え、恩師が寄り添うことを拒否されるのであれば、それ以上踏み込むことはありません。拒否されても無理に踏み込むのは、自分の気持ちを落ち着かせたい小我です。

もし「うちの子がそんなことするはずがないだろ!」と怒られたら、「余計なことを言って申し訳ございませんでした…」と引き下がれば良いのです。恩師を思い、伝えたことは間違いではありません。

言ったことによって、関係が悪くなることもあるでしょう。相手を思ってした行為で不利益をこうむったとしても、ひるむことはないのです。

どうすることが正しいのかを考えた結果「言うことが正しい!」と結論付けたなら、不利益をこうむっても、正しいことをしている自分の軸をぶれさせないことです。

自分の利益ではなく、相手のためを思ってした行動は「大我の善意」です。

人生には、言うべきか、言わないべきか迷うことが、必ずあるはずです。その時は、自分自身の利益・不利益で考えるのではなく、「相手の立場」になって考え正しい判断をしましょう。

そして、「大我の想い」で出した答え・行動は、決して間違いではありませんので、何かが起きたとしても、落ち込まず前向きに物事をとらえましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。