霊能者(スピリチュアル)4つの嘘【こんなことを言われたら注意!】危険な霊術師

霊能者とは、霊的存在や霊的世界と接触することができる能力を持つ人とされており、特別な存在のように思われるかも知れません。

しかし、誰もが霊的存在であり、日々の生活の中で霊的世界からインスピレーションを受け取っています。

そういった意味では、誰もが霊能者だと思います。

私は、スピリチュアルカウンセラーとして活動をしていますが、霊能者と呼ばれることに違和感を感じますし、霊能者と名乗るつもりもありません。

スピリチュアルカウンセラーとして、霊能者の嘘の言動に騙されないための4つのポイントをお話致します。

霊能者(スピリチュアル)の嘘「この品を買えば幸せになれます」

これは、霊感商法の代名詞とも言えますが、高額な物を買わせる手口です。

霊感商法とは、悪徳商法の一種で、霊感があるかのように振舞って、先祖の因縁や霊の祟り、悪いカルマがあるなどの話を用いて、高額な値段で商品を売ったり、不当に高額な金銭などを取る商法のことです。

こうした手口に騙される背景には、霊能者に頼りすぎてしまうのと、問題を簡単にお金で解決したい怠惰な心があるのではないでしょうか。

「これを持っていたら幸運が舞い込んできますよ」「買わなければ大変なことになりますよ」等と言われ、騙されるケースもあります。

この言葉に騙されてしまうのは、霊的真理をわかっていない証拠です。

もしも、霊的真理をわかっているなら、物一つで幸運が舞い込んだりするなど、あり得ないことなので騙されることはありません。

霊的世界の高級霊は、物やお金と言った物質に興味がありません。

それゆえ、何かを持つだけで高級霊の恩恵を受けられるということはありません。

一度こうした物を買ってしまうと、カモにされてしまい、手を替え品を替えあなたの財産が狙われることになります。

霊能者(スピリチュアル)の嘘「あなたの代わりに呪ってあげます」

不倫や略奪愛、出世のためなど、誰かを呪い蹴落とすなど考えてはいけません。

「憎い相手に呪いをかけましょうか?」という誘いを間に受けてはいけません。

もしも、呪いを口にする霊能者と縁ができたのなら、人を蹴落としてでも、自分の願望を叶えようとするあなたの心が、低俗な霊能者と縁をつけたのだと思います。

人を呪うなんて、言語道断です。

こうした言動が霊能者の口から出たのなら、絶対におかしいと思ってください。

「あなたの代わりに誰かを呪ってあげます」ということは、呪いをかける霊能者も身を滅ぼす行為であり、因果応報で呪われることになります。

そのため、呪いをかけられる霊能者がいたとしても、それを実行する霊能者はいません。

そして、もしあなたがこんな依頼をしようものなら、相手に呪いがかからなかったとしても、依頼をしたことがカルマとなりあなたに返ってきます。

あなたは、相手に呪いをかけられないどころか、自分で自分に呪いをかけることになります。

人を呪わば穴二つです。

他人に害を与えれば、必ず自分にかえってくるという意味ですが、人を呪って自分の望みを叶えようとすれば、自分を呪うことになります。

「あなたの代わりに呪ってあげましょうか?」という霊能者の言葉に、そそのかされないよう注意しましょう。

霊能者(スピリチュアル)の嘘「あなたの病気を治します」

スピリチュアルの視点では、病気の多くは気づきを与えるためです。

例えば、思い癖が原因で起きる病気もそのひとつです。

過度にクヨクヨしてしまったり、いつもイライラしてしまったり、ストレスが原因で起きる病気というのは思い癖が原因の病気です。

ストレスが原因で起きる病気は、やはりストレスを過度に感じてしまうことへの警告であり、そうした精神状態を改善していくことが課題となります。

学びのために与えられた課題を無視して「あなたの病気を治します」というのはおかしなことです。

病気を成長のための課題としているのに、本人の改善なしに高級霊が病気を簡単に治すはずがありません。

改善なしに病気を治せば、魂の成長の妨げになるので高級霊の意に反することになります。

また、生活習慣で起きる病気にも同じことが言えます。

生活習慣を見直すことが求められいて、生活習慣を見直し、規則正しい生活を送ることが学びになります。

病気は良き学びのチャンスです。

そのチャンスを霊能者に潰す力があったならば、それは霊能者が霊的真理をわかっていないことになります。

もし、霊能者に力を貸しているのが高級霊であれば、高級霊が病気から十分学んだと判断しない限り、霊能者が病気を治してほしいと頼んでも却下されるのが自然な流れです。

病気も魂の成長のために必要な経験です。

病気をきっかけに魂の成長を求めれているのです。

そのため、安易に病気を治す高級霊はいません。

「霊能力であなたの病気を治しましょう」という言われたなら、霊能者が霊的真理をわかっていないか、偽物だと疑ったほうが良いです。

霊能者(スピリチュアル)の嘘「守護霊をつけてあげましょう」

危険な霊能者の常套句(じょうとうく)として、「あなたには守護霊がいない」「あなたの守護霊は力がない」等と言って不安を煽るのは、低級霊に踊らされている霊能者のお決まりのパターンです。

「守護霊をつけてあげましょう」「守護霊を入れ替えてあげましょう」このようなことは、人間が決められることではありません。

もしも、このようなことを言われた場合は「これはおかしい…」と考え、被害を受ける前に距離を置くべきです。

霊術師の危険

私は直接関わったことがありませんが、注意しなければならないのは、低級霊を操る「霊術師」のような霊能者がいることです。

低級霊を操る霊能者は、自身に憑いている低級霊の力を借りて、人に低級霊を憑けることができるそうです。

例えば、人混みに無数の低級霊を放ち、低級霊に憑かれた人の中から、自分のところにお祓いを頼みにくるように縁をつくる。

お祓いを受けに来た人は、お祓いを受けると楽になります。

しかし、霊能者と縁ができてしまったことで、お祓いを受けた人は霊能者のカモにされます。

後日、霊能者は縁ができた人に向けて低級霊を放ちます。

すると、霊能者の放った低級霊に憑かれてしまい、またお祓いにやってきます。

憑けられていることを知らない被害者は、お祓いをしてもらったら楽になると、何度も何度もお金を持って足を運びます。

何も知らない被害者は、霊能者を神様のように思うでしょう。しかし、実際は霊能者が低級霊を操りカモにされているだけです。

「守護霊をつけてあげましょう」「守護霊を入れ替えてあげましょう」このようなことを言う霊能者の中には、霊術師のようなことができる霊能者がいるかもしれません。

こうした霊能者と縁ができてしまうのも、ご自身の波長が関係しています。

波長さえ高く保っていれば霊術師の放った低級霊に憑かれることもありません。

憑かれることがなければ、縁ができることもありません。

もしも、危険な霊能者と縁ができてしまったら、気の毒としか言いようがありません。

低級霊に憑かれ、本来あなたがすべき課題の取り組みの妨げになっているのですから。

お祓いをしてもらったら楽になる、しばらくするとまた悪くなる、お祓いをしてもらったら楽になる、また悪くなる…それを繰り返しているのは、霊術師の仕業かもしれません。

霊能者だから大丈夫と信頼しきるのではなく、危険な霊能者もいるという知識を持つべきです。

人生の岐路に立たされた時やどうしても解決できない問題がある時など、なんらかのヒントを得たい時に霊能者の言葉を聴くことで新たな発見があるかもしれません。

しかし、霊能者に依存して生きるのは良くありません。

「自分の人生を決めるは自分です」

迷いが生じた時に、自分で考え判断しない人が霊能者から良い助言を聴いても活かすことはできません。

そして、霊能者に頼って依存し過ぎてしまう人には、それなりの霊能者との出会いが待っています。

霊能者に依存し過ぎてしまう人は、相談者を依存させようとする霊能者と出会いやすくなります。

これは波長の法則によるもので、依存する相談者と、依存させたい霊能者が引き合い起きる現象です。

霊能者(スピリチュアル)4つの嘘まとめ

基本的に霊能者やスピリチュアルを売りにしている人をはじめから信じないことです。

胡散臭い世界ですので、金儲けのための嘘が横行しています。

甘い言葉には嘘があると思っていたらちょうどいいと思います。

騙されるのも勉強ですが、しっかりと見極めてください。

見るべきところは霊能力よりも、霊能者の人格です。

ちゃんとした霊能者は、簡単に現世利益をもたらすのではなく、霊界の道具であることを自覚し、相談者に霊的真理を伝えていくことを仕事としています。

簡単に現世利益をもたらしてくれると言うなら、嘘だと思ったほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。