土地建物の持つエネルギー・住まいや地域にも波長が関係する

この記事では、土地建物が持つエネルギーと、住まいや地域にも波長が関係するというお話しをさせて頂きたいと思います。

土地建物のエネルギー

私のところにも時より、自営業者の方から店舗を構えているのだけれど客足が伸び悩み困っているというご相談があります。

サービスには自信があるのだけれど、どういう訳か客足が伸び悩む。いろいろ試行錯誤を繰り返し試みたもののどれも成果が出ずに撃沈してしまう。

それはもしかしたら、場所が悪い可能性があります。

人通りが多くて一見商売をするには良い土地に思えても、土地建物の持つエネルギーが人を寄せ付けにくくしている可能性があります。

ご商売をされる方にとって土地の良し悪しはとても重要なことだと思います。

土地建物の持つエネルギーというのは、目には見えませんが商売繁盛させる為には無視できない部分でもあります。

住居としては問題ないのだけれど、店舗を構えて商売するには不向きであったり、店舗として良い土地だけど住むとなると不向きであったり、それは場所によって様々です。

商売をする上で客数というのは最重要事項ですが、店舗を構えるのであれば、人が集まりやすいエネルギーを持った土地建物を選んだほうが良い事は言うまでもありません。

その選択を誤ると、良いサービスを提供していても、客足が遠のいたり、人が集まらずに陽の目を見る事ができなくなります。

私の住む地域の事ですが、何年も住んでいたらお店の入れ替わりなども見えてくるものです。その中には入れ替わりの激しい場所があります。

皆様のお住いの地域にも店舗の入れ替わりが激しい場所がありませんか?

潰れてはできて、潰れてはできて、入れ替わり立ち替わりの激しい場所があると思います。

そういう場所というのは、商売に向いていないエネルギーを持った土地である可能性が高いのです。

私の住む地域にはそういった場所が点在しておりますが、何十年というスパンで見ておりますと何度も入れ替わり立ち替わりする場所があります。

商売に適していない土地に、全国展開している大手ホームセンターが入りました。その後何年かして閉店。するとまた次に別の全国展開しているホームセンターが入りました。しかし、それも閉店へと追い込まれ現在は空き地になってしまいました。

全国展開している大手2社が立て続けに経営不振に陥り閉店へと追い込まれた土地は、私がみる限りでは商売繁盛が難しい場所で、工場などが入れば問題のない土地です。

逆に、全国展開はしていませんが、急成長中の飲食チェーンやスーパーなどを見ておりますと、不思議と商売に向いていない土地を避けて店舗を増やされております。

自然と商売に向いている土地を選んでいたとしても、波に乗っている企業は運を味方にしているように思えてなりません。

人を寄せ付けやすい土地があるのと同じように、人を寄せ付けやすい人もおりますよね。

「私がお店に行ったらなぜかお客さんが増える事が多い」という方はおられませんか?

人を呼びやすい人がいるように、土地建物にも人を呼びやすいエネルギーがあります。

目には見えないものですが、土地や建物の持つエネルギーを無視して商売をする事は、もしかしたら厳しい選択をする事になるかもしれません。

住居として物件を選ぶ場合は単純に、安らぐ場所を選ぶと良いですが、商売をするなら集客力は絶対ですので、物件選びは慎重に行いたいものです。

何を基準に土地建物のエネルギーを見るんだ?という事が問題ですが。

過去の店舗状況を調べる

テナントなどに入る場合は、これまでのご商売されてきた経歴などを調べることができれば良いと思います。もしも短いスパンで入れ替わり立ち替わりしているなら別の物件を探したほうが良いかもしれません。

賃貸物件であれば、これまでどのような商売をしていて、どの程度続けられたのかなどわかれば参考になると思います。

土地建物が集客力のすべてとは言いすぎですが、重要な部分であることは否めませんので、私はとても大切だと思っています。

話は変わりますが、わたしの知人の知人に脱サラして飲食店を始めようとしている方がおります。