人間関係のストレス緩和法【ちょっとした6つの工夫でストレス軽減】

人間関係のストレス緩和法

人間関係のストレスを緩和するには、どうしたらいいのでしょうか。

「嫌な人とは関わらなければいい」と言う人もいますが、できない人は困ります。

「ガツンと言ってやればいい」それができたら悩みません。

避けては通れない人間関係の場合でも、ガツンと言えない場合でも、人間関係のストレスを極力緩和する方法があります。

その方法は意外と簡単で、無理に行動することはありません。

なぜなら、考え方ひとつでできることだからです。

この記事では、人間関係のストレスを緩和するいくつかの方法をご紹介致します。

人間関係のストレスを緩和する6つの方法

人間関係のストレスを緩和する方法をご紹介していきますが、ここでご紹介している方法は筆者一人のものではありません。

これからご紹介する中に、あなたに合った方法がいくつかあれば幸いです。

それでは、まずはじめに、筆者の思う人間関係のストレス緩和法からご紹介致します。

人間関係に優先順位をつけてストレス緩和

人間関係のストレスを緩和するには、人間関係の優先順位をつけましょう。

自分の生活にとって一番大切な人間が誰かを考えてください。

たとえば、一番大切なのが家族だとします。

そうすると、その他の人間関係は全て「脇役」という事になります。

たったこれだけのことですが、人間関係の優先順位を明確にしておくことで、人間関係の捉え方が変わります。

脇役の為にストレスを溜めるのは、ばかばかしいことだと割り切ればストレスは軽減されます。

常に家族が一番という軸を基に「自分がどうあるべきか」を考えるようにします。

筆者は、自分の大切な人以外は全て脇役だと考えているので、その他大勢からどう思われようがあまり気にしていません。

人間関係のストレスを抱える人の多くは、どの人間関係も上手くいかせようと考えているので、ストレス過多になりがちです。

何もかも上手くいかせようと考えるのではなく、優先順位をつける事で、さほど気にしなくてもいい人間関係も見えてきます。

全てを上手くいかせようと考えるのではなく、大切な人以外を脇役と捉え、「この人になに言われようが別にいい…」と心の中で思っていたら、ストレスは緩和されます。

「自分さえ我慢すればいい」と諦めずに、考え方を変えてみてください。

紙に書くとストレス解消になる

[30代女性]

ストレスを感じたら、その感情に蓋をしないで、心の中で悪態をついたり、紙に書くとストレス解消になります。

相手の気持ちを考えたり、フォローしたりしていい人であろうとすると、ストレスをため込むことになってしまうだけではなく、相手が図に乗ることが多い。

紙に書いて自分の中でストレスになることを整理しておけば、耐えかねたときに指摘することができます。

直接相手に伝えたり、状況を変えられなくても「あぁこの状況だからイライラしているんだ」と冷静になれるので、流すことができるようになります。


苦手な相手に対して、良い人であろうとするのはストレスです。

ただでさえ苦手なのに、その相手に合わせるのは本当にストレスになります。

そのストレスを解消しなければなりませんが、そこで紙に書きだすのは有効なストレス解消法になります。

紙に書くことで、自分を客観的に見ることができ、相手の何がストレスになっているのか詳しく分かります。

それが、対処法を編み出すきっかけになるので、ストレスになったことを書いて分析しましょう。

すると、「この時はこうすればいいのではないか」「こう考えるようにしよう」など、なにかが見えてきます。

反面教師にするとストレスが軽減する

[60代男性]

サラリーマンを長く経験した事で、人には様々な考え方がある事を痛切に感じています。

非常識であったり、なぜこんなに嫌味なのかと、腹立たしく感じる人も星の数ほど存在します。

そうした人と、まともに対応していれば、精神的に参ってしまいます。

自分と波長の合わない人とは、適度な距離を置いて付き合い、聞き流す等の自分流の身の処し方を習得する事がストレスを軽減する事になります。

また、自分はそんな人には絶対ならないと反面教師と考えれば、腹の虫も少しは治まるはずです。


ストレスを感じる相手を反面教師にするのもいい方法だと思います。

「あんな風になってはいけない」という視点で見ることで、「あんな人になに言われたって別に…」と流せるようになります。

尊敬している人に指摘されたら傷つきますが、見下している人に指摘されたら腹は立つものの傷つきはしませんよね。

言い方は悪いですが「バカがなにか言ってる、あんな人になりたくない」と受け流すことができます。

反面教師にすると、同じ土俵に立たなくて済むのでストレス軽減に役立つと思います。

その世界が全てという考えをやめてストレス緩和

[30代女性]

人間関係の問題について、考えない時間を過ごすように心がけることが、ストレスを軽減します。

特に良いのが散歩や自然に触れ合う事で、自分には悩んでいる人間関係の世界とは別の世界があることを思い出します。

人間関係のストレスは、追いこまれた世界が全てだと考えてしまい、逃げ場がなくなって、よりストレスを抱えがちになります。

ですので、全く別の世界があることを知るというのが大切です。

交友の幅を広げても良いですし、本を読むのも効果的です。

考え方や視点を広げる行動がポイントになります。


仕事ばかりでストレス過多になっている人に多いのではないでしょうか。

趣味や楽しみがなく、仕事と家の往復の毎日で、ストレスの溜まる会社が自分の全てになっていたら、ストレスを解消する場所がありません。

仕事とは違う別の世界があると、それだけでストレス緩和に役立ちます。

自分の世界観を広げ逃げ場をつくっておくと、自分の好きなことのために頑張れ、ストレス解消にもなり一石二鳥です。

自分が楽しいと思えるものを見つけ、ストレス解消できる別の世界をつくっておきましょう。

嫌いという先入観を捨ててストレス緩和

[30代男性]

人間関係のストレスは、嫌いだとか、苦手な人と接するときに起きます。

ストレスを感じているのはあくまで自分自身の思い、感じ方により大きく変わります。

例えば、キッチンに置いてあるリンゴと、トイレに置いてあるリンゴどちらが食べたいかと言われれば、ほとんどの人がキッチンのほうを選ぶでしょう。

たとえそれがまったく同じリンゴであっても、トイレのほうを食べさせられたら物凄くストレスを感じると思います。

同じ新鮮なリンゴで汚くないのに、トイレが汚いという先入観があれば汚く感じます。

それを人に置き換えて考えると、その人が嫌いという先入観があると嫌いが加速します。

一つでもいいのでいいところを見つけましょう。

すると、思っているほど嫌いじゃないかもしれないと思えてきます。


人の先入観が、人に与える影響力は侮れません。

プラシーボ効果というものがあります。

代表的なのが、病気の人に偽薬を飲ませたら、薬の効果が出て病気が治るというものです。

なんの効き目もない偽薬でも、飲む人が本物の薬と思い込めば薬の効果が表れることがあるそうです。

それだけ人の思い込みの影響は大きいので、嫌いという先入観がさらに嫌いを加速させます。

その先入観を捨てるには、相手のいいところを見つけて、見方が変えること、それでストレスが軽減されるはずです。

嫌いという先入観が、相手の嫌なところばかりを探さないように、見方を変えてみましょう。

毛嫌いをやめ、あえて接してストレス緩和

[30代男性]

私は人間関係のストレスを軽減するために、考えの合わない人や世代の違う人には、あえて相手の考えや話に耳を傾けるようにしています。

人間誰しも自分の考えや好みがあると思いますが、意見の合わない人や世代の違う人を毛嫌いしていてはストレスが溜まる一方ですし、自分自身も人間として成長できないと思います。

様々な世代、考えの人と積極的に仲良くなることで、ストレスが軽減できるだけでなく、視野が広がり、偏見を持たず正しい物の見方ができる人になれると思います。


人付き合いの上手な人は、こうしたことが自然にできます。

相手を受け入れる姿勢を見せれば、相手も嫌な気はしません。

その理屈を考えれば、偏見を持たずに関わることで、あなたに対しての態度が変わるはずです。

「この人私と合わない、私のこと嫌いかも」そう思わせたらどうでしょう。

あなたの苦手な人がそう感じたら、あなたに対する態度が悪くなるのは当然。

「あなたが私を毛嫌いするなら、私もあなたを毛嫌いするわ」と、こうなります。

だからと言って、媚びを売る必要はありませんが、相手の言っていることに対して偏見を持って遮断するのではなく、どうしてそう考えるのかを考えましょう。

人間関係のストレスを緩和する方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

どれか一つでも試せそうなものがあったでしょうか。

どれも人間関係のストレス緩和に役立つ方法だと思います。

すべてできれば一番いいですが、何もしないよりも、どれか一つでも試して頂けると幸いです。

最後の話と被りますが、人と接する時に苦手意識を持って接すると、相手に伝わり嫌悪感を与えます。

苦手だと思う人でも、良いところが必ずあるので、その部分に着目し苦手意識を減らしましょう。

それが、人間関係のストレス緩和に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。