夜、口笛を吹いてはいけないは迷信なのか本当なのか?

夜 口笛

一度は聞いたことがある言葉では無いでしょうか?

「夜、口笛を吹いてはいけない」という教え。

結論から申し上げると、「夜は口笛を吹かないほうが良い」です。

その理由についてご説明いたします。

夜、口笛を吹いてはいけないのは迷信?

私も子供の頃、夜に口笛を吹いて叱られたものですが、叱られる時は「夜、口笛を吹くと◯◯だからやめなさい」と言われたものです。

しかし、夜に口笛を吹いてはいけない理由は、地域によって違うようです。調べてみると、いろいろな諸説がありました。

・幽霊が出るから
・悪霊が出るから
・鬼が来るから
・妖怪が来るから
・蛇が出るから
・泥棒が来るから
・人買いが来るから
・ミミズが口を舐めるから
・親を吹き殺すから
・親を早死にさせるから
・風を呼ぶから
・海が荒れるから
・魔がさすから

などなど、他にもあるかもしれませんが、この中のどれかに当てはまる方が多いのではないでしょうか。それにしても、実にたくさんの諸説がありますね。

因みに私が子供の頃に言われていたのは、夜に口笛を吹くと、「幽霊が出るから」と「蛇が出るから」でした。

子供の頃はそれを信じて、夜に口笛を吹いたことを後悔し、怖くて眠れなくなって怯えていたこともありました。

そもそも、このようなことを言うのは、私が怖くて静かになったように、子供を怖がらせて静かにさせるためのしつけだったのでしょうね。夜に口笛を吹くと家族だけではなく、ご近所様にも迷惑ですから。

ですが、スピリチュアル的には違います。

実は「夜、口笛を吹いていけない」というのは、スピリチュアル的にも言われていることで、吹いてはいけない理由がちゃんとあります。

ただの迷信だ!とあなどっていたら危ないかもしれません。

ではなぜ、夜に口笛を吹いてはいけないのか、スピリチュアルの見解でお話致します。

夜、口笛を吹いてはいけないスピリチュアルな理由

幽霊やオバケが出るという言い伝えがありますが、実はスピリチュアル的に、口笛と霊は無関係とは言えません。

幽霊やオバケが出るという言い伝えは、スピリチュアル的に正しいです。

なぜかと言うと、笛の音は霊を呼び寄せる音とされているからです。

夜は昼に比べ霊が活発的になるので、夜に口笛を吹くと、意図的に霊を呼び寄せる行為になってしまいます。

活発化している霊に対し「こちらへ来てください」と呼び寄せていることと同じことになります。

寄ってくる霊は、この世を彷徨っている未浄化霊ですし、夜は口笛を吹かないほうが良いと言えるでしょう。

また、夜に口笛を吹くと蛇が出るという言い伝えもありますが、インド人がカゴに入った蛇を笛で操っている場面からきているそうです。

しかし、この蛇にしても違った見解もあります。

「蛇=じゃ」と読みますが、本来は「蛇」ではなく「邪=悪霊」ということから「邪が出る」という意味ではないか、とも言われています。

心霊研究の世界では「召霊実験」という霊を呼び寄せる実験があるそうですが、その実験には石笛や口笛を吹くそうです。

私も詳しくはわかりませんが、召霊実験とはおそらく、降霊術や交霊術のようなもので、亡者の霊を呼び寄せる方法の一つだと思います。

スピリチュアルの世界では、口笛は霊を呼び寄せるための手段として使われており、それだけ霊と口笛は「=」の関係であることがわかります。

夜は、霊の活動が活発になります。

夜、口笛を吹くと活発化した霊を呼び寄せることになるので、夜は口笛を控えておいたほうがいいと思います。

「夜、口笛を吹くと幽霊が出る」は、ただの迷信ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。