【引越しのスピリチュアル】守護霊の気づきを基にいい物件に導かれる

私事で申し訳ないのですが、先月末に引越しをして新しい生活をスタートさせました。

こうして引越しができたのも、皆様あってのことと感謝しております。ありがとうございます。

私は物件選びの際、守護霊からの気づき(お導き)があったと自負しています。おかげで満足のいく引っ越しができました。

この記事では、その守護霊の気づきが「どのようなものだったのか」について書かせて頂きたいと思います。

これから引っ越しをされる方、何か新しいことを始める方の参考になれば幸いです。

引っ越しで与えられたスピリチュアルな気づき

物件選びを振り返り感じたのは「待てば海路の日和あり」ということです。

「待てば海路の日和あり」のことわざの意味は、『今は状況が悪くとも、あせらずに待っていれば幸運はそのうちにやってくるということのたとえ』です。

物件選びにも焦らずに待つことが、大切だと言えるのかもしれません。

最終的には、自分の納得のいく物件に巡り合うことができたのですが、納得のいく物件に巡り合うまでにいくつもの気づきがありました。

物件が決まらなかったことが気づきへの一歩

私は、京都市内に住んでおりました。

引越しをしようと決めてから、いざ物件探しを始めると、物件はいくらでもありました。しかし、ピンとくる場所がありませんでした。

引越し先は同じ京都府内で考えていましたから、気になる物件があると、不動産屋さんに連絡をする前に、自分で現地の様子を見に行くようにしておりました。

現地を見た上で気に入った物件なら内覧をお願いするつもりでしたが、何十件と物件巡りをしても、内覧に至る物件がありませんでした。

そこで、物件を選ぶ範囲を広げ、全く考えていなかった地域にまで視野を広げてみることにしました。

すると!なんと言うことでしょう!全く考えていなかった地域に「これはいい!」と思える物件があったのです。

早速、現地へ行き外から物件を拝見しました。物件自体は素晴らしいのですが、少々難がありました…それはとても不便な場所に物件があり、生活をするにはそれを覚悟の上決めなければなりません。

しかし、物件の設備が充実していることはわかっておりましたので、早く決めなければすぐに決まってしまいそうな物件でした。

迷いはあったものの、あとあと後悔しないように一度内覧をさせて頂こうと不動産屋さんに連絡をしてみました。

すると…

「申し訳ございません。先ほど決まったところです…」と断られてしまいました。

運命のいたずらか?寸前の差でどなたかが契約をされたそうです。

初めて内覧してみようと思える物件に出会ったのですが、縁がなかったとしか言いようがありません…

場所の不便さはあったものの、内覧をしていたら場所のことは妥協して決めていたかもしれません。

しかしながら、どなたかが契約をされた以上、諦めるしかありません。

しかし、これこそが気づきだったと後から思い知らされます。

引っ越し先が決まらなかったことにも意味があった!

最終的にわかったことですが、あの物件に決まらなかったことにも意味があったのです。

実は、断られた物件を知ったことで、これまで考えていなかった地域にいい物件があるのではないか?という発想が生まれました。

元々は、引越しをする地域を決めていたのですが、断られた物件を知ったおかげで、視野を広げるという選択肢が増えたのです。

そして視野を広げてみたら、いとも簡単に!更に良い物件が見つかりました。

現地の様子を見ても文句なし。縁がなかった物件とは違い、生活のしやすい場所で、また閑静な住宅地で土地の波動が良い場所です。外観的にも文句の無しの物件でした。

これは内覧せずにはいられません。

すぐに内覧をお願いし、物件をみさせて頂きました。すると中の様子も文句無かったので即決で決めました。断られた物件よりも、自分好みの物件だったのです。

そして今、無事に住まわせて頂くことになりました。

気に入った物件に出会うためには、物件選びの視野を広げなければ出会うことはできませんでした。

そのきっかけとなったのが、断られた物件です。

守護霊は「あなたが考えていないところに、あなた好みの物件がありますよ」と気づきを与えてくださったのでしょう。

守護霊からのメッセージは、誰にでも受け取ることができます。言葉でなくとも、こうした事柄から気づきを与えてくれているものです。

守護霊のメッセージについては、守護霊のメッセージを耳で聞くのは危険!本当の受け取り方とは?に詳しく書いていますいますので、興味のある方はご覧ください。

結果オーライということが、世の中にはたくさんあります。上手く行かなかったひとつの出来事に、落ち込む必要などありません。それには必ず意味があり、上手くいくためのステップかもしれません。

そしてこの物件、私が決めるまでに4ヶ月も募集をかけ、その間何人もの人が内覧に来たそうですが「いい物件だ」と口には出すものの、内覧した人のニーズに合わず決めた人はいませんでした。

引越し先は、私が決めているように思えても、実はしっかりと導かれて、そのメッセージに気づくかどうかが、運命の分かれ道かもしれません。

数か月探し続けても惹かれる物件に出会えませんでしたが、「待てば海路の日和あり」で、最終的には納得のいく物件に巡り合うことができました。

理想的な物件に巡り合うためには、現実的に可能な理想の家を想い描き、念じる力も必要です。

焦って勘を鈍らせないよう、与えられた気づきに気づけるよう視野を広げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。