モラハラの特徴を被害者が語る・する人とされる人の心理とは?

[この記事に書かれていること:目次]









モラハラとは

モラハラとは「モラルハラスメント」のことで、モラルによる精神的な暴力、嫌がらせのことを言います。

近年、モラハラという言葉をよく耳にするようになりましたが、具体的には職場の人間関係や、夫婦、親子、恋人同士やあらゆる人間関係に起こる精神的な暴力・いじめのことです。

モラハラのアンケート結果と、モラハラを受けていた私の経験を織り交ぜながら、モラハラとはどのようなことなのかをお話させて頂きます。

モラハラの特徴

一般的にモラハラを感じやすいのは職場のようです。

どのようなモラハラがあるのか、モラハラされた経験者の話からご紹介いたします。

職場でされたモラハラ

・人間性を否定する上司
勤務先の上司から、頼まれた会議資料作成の仕事でモラハラを受けました。

具体的には、内容に少しでも間違いがあると「きちんと確認したのか?こんな簡単な仕事もろくにできなくて、今までよく勤めて来られたな」というような人間性を否定するようなことを言われたのです。

周りの人もその上司が怖いのか、その上司に何も言わないので、そうしたモラハラがどんどん助長されていくように思います。/45歳・女性

・人格否定する同僚
新入社員で配属された所にでの話です。

一週間ほどたった頃、にまだ仕事を覚えていない私に「あのさ、他にも仕事あるんだけど」と言われ「教えて下さい」と言うと「て、言うかさ。あなた周り見てないの?」と嫌味を言われて固まっていると「そもそも人としてダメだね。帰れば?」などと言われて落ち込みました。

人格否定までされたので上司に報告しましたが、私が退職するまでモラハラは続きました。/46歳・女性

・「頭悪いんですねえ」と愚弄する正社員の女性
引っ越しのバイトをしたときの話です。一緒に仕事をした社員の女性からモラハラされました。

「頭悪いんですねえ」「使えねえな」私が失敗するたび、このような暴言を吐かれました。

しかし相手のほうが目上、我慢して仕事をしました。そしてバイト終わりに世話になった旨挨拶したところ……。「もう二度と来るな」

こちらは引っ越しのバイトが初めてで、何もかもわからない身です。不手際も少なくなかったでしょう。しかしだからといってこのような暴言、モラハラを受けるいわれはありません。この経験がもとで、もう二度と引っ越しのバイトはしまいと決めたのでした。/36歳・男性

・上司に胸ぐらを掴まれる
私がモラハラにあったのは会社でトラブルが発生して対応についてどうするか話が合わなかったときに、私の態度が気に入らなかったのか胸ぐらをつかまれました。

私の方が年も若かったというのもあって、私が意見を聞かなかったというのもありますが、部署も違い、直属の上司でも先輩でもないのでやみくもに聞くこともない状態です。私は適切に対処したと思っていますが胸ぐらをつかむという行為は暴力で明らかにモラハラです。/45歳・男性

モラハラを目撃した

・家族をなじる上司
家族写真をデスクにおいている同僚がいます。同僚も含め、写真に写っているお子さんたちも少しぽっちゃりしています。

その写真を見た上司が同僚にむかって、「お前のところは、デブの家系なんだな。」と笑いながら言っていました。

同僚は、「自分ことならともかく、家族のことまであいつに言われる筋合いはない。完全なるモラハラだ。」と怒っていました。

モラハラは言うまでもなく、他人の気持ちを思いやる心のない上司です。/50歳・男性

・面と向かった誹謗中傷
物流関係の会社で働いていた時、モラハラを目撃しました。

10人程のメンバーで出荷に関する業務を行っていたのですが、そのチームをまとめるリーダーが非常にとろく、仕事ができる人ではありませんでした。今思えば発達障害だったと思います。

最初は陰口だけだったのが、日に日にエスカレートして面と向かった誹謗中傷に繋がり、はては忙しい中で堂々とタバコを吸いに行くなど完全に舐められた状態でした。

リーダーが強く言えないことをいいことに、完全に部下の立場を利用して上司をイジメていましたね。見ていて非常に気持ちの悪い光景でした。

パワハラはあってはならないことですが、いきすぎたモラハラも同じように凶弾されるべきだと思います。/31歳・男性

・立場を利用しモラハラを楽しむ上司
前の会社では、モラハラをする上司がいました。モラハラされている部下の姿を見て、楽しんで「ニヤニヤ」している上司です。

ターゲットになったのは、仕事が出来る先輩でした。ですが、先輩はもう会社を辞めてしまいました。私は先輩を尊敬します。何年間も我慢していたのです。立派な精神の持ち主だと感じています。

上司に受けていたモラハラは、先輩が毎日する仕事を奪い取っていく事でした。最終的には、仕事が無い状態にするのです。それを目的に上司は、自分の手を汚さずに周りに仕向けます。私も上司から命令され先輩の仕事を奪い取りました。酷い事をしたと後悔しています。

その日、気分が一日沈んで仕事をしたのを今でも覚えています。先輩が辞めてからは、上司は私をターゲットにして楽しんでいました。私は先輩程、根性が座っていないので、直ぐにそこの会社を辞めました。そうして、気分を切り替えるまでに一年はかかりました。/35歳・男性

次ページ:夫婦間のモラハラ
 


[門次郎メール鑑定のご案内]


ご相談案内

サラリーマンの頃からメール鑑定を副業にしていた門次郎が、数年前にスピリチュアルカウンセラーとして独立。占い会社や宗教団体に属さずに一人でメール鑑定を行い生計を立てております。

これまで行ってきたメール鑑定の実績と、経験から培ってきた能力を活かし、ご相談文章とお写真のみで問題の原因を読み解き、あなた様に必要なアドバイスをお伝え致します。

お申込み手順は簡単です。お気軽にご相談ください。


ABOUT記事作成者

京都府出身在住のスピリチュアルカウンセラー門次郎と申します。 当ブログのスピリチュアル、心理が人生のお役に立てれば幸いです。読みづらく理解しがたいところもあるかも知れませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・【目標】感謝の気持ちを忘れず、大我の心を学ぶ ・【得意な鑑定】人(魂)の本質を見抜く能力を活かした鑑定/相性鑑定(恋愛/家族/職場などの人間関係)/適職鑑定/未来の可能性鑑定 ・1人で抱え込まず、一緒に一歩を踏み出しましょう。悩み相談/メール鑑定/祈願/浄霊浄化承ります。