意地悪な人6つ特徴と4つの心理・意地悪なアイツに負けない4つ考え方

意地悪な人について深く知る前に、いったいどれほどの人が意地悪をされた経験、逆にした経験があるのでしょうか。

独自調査の結果をご覧ください。

意地悪されたことがありますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

意地悪された人の割合

意地悪したことがありますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

意地悪した人の割合

意地悪された人の割合は88%にも及び、ほとんどの人が意地悪をされた経験があります。

逆に意地悪した人の割合も76%であり、意地悪したことも、されたこともある人が多いと言えます。

この記事にたどり着いた方の中には、今まさに意地悪な人と関わっている方がおられるでしょう。

意地悪な人に対し、どのように接していけばよいのか、どのように対処すれば良いか悩むと思います。

かつての私も、たくさん嫌がらせをされました。意地悪をされる人の心情は、理解できるつもりです。

意地悪をされている時は、自分が悪いと自分ばかりを責めて気づきませんでしたが、意地悪をする人には、意地悪をする人なりの心理があります。

その心理を知ることで、意地悪をされる側の心を保つこともできますし、どのような心構えでいれば良いのかもわかります。

この記事では、意地悪をする人の心理を知り、嫌がらせに負けないためのポイントをお伝えしたいと思います。

意地悪な人を攻略する鍵は、「意地悪な人を知る」ことから始まります。

意地悪な人を知るために「意地悪な人の特徴を教えてください」というアンケートを行いました。

世間の人は、意地悪な人に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

意地悪な人は意地悪そうな顔をしている

・職場でも学校でも、意地悪な人というのは顔に出ています。見るからに意地悪そうな顔をしているのです。顔は、その人の心を全て表してしまう鏡なのです。/25歳・女性

・最初だけ人に優しい。一見穏やかそうにしている。性格ブスが顔に出ている。理解ある人のフリをする。/43歳・女性

意地悪な人は悪意が強い

・人の足を引っ張りたい人は、意地悪な人。例えば、仕事などで相手にとってより良い案や方法があっても、それはあえて言わず、わざと手間をかけさせる人。/28歳・女性

・意地悪な人は、他人を陥れることで自分を際立たせようとする傾向があります。また、相手が嫌がる姿を見て、それに面白さを感じる傾向があります。/36歳・男性

・意地悪な人の特徴として、よく他人の悪口を言う人です。私の周りに悪口を言う人がいますが、大抵、意地悪傾向のある人でした。/22歳・男性

・他人の一挙手一投足を全て悪意に満ちた目でしか捉えられない人間。/60歳・女性

・意地悪な人は自分より弱い人をいじめることで、ストレス解消をしている。本質的には弱い人間なので、同じような仲間でつるむ特徴がある。/55歳・女性

・こちらが取りたいものがあるとわかっていても、あえてそこをどかずに塞ぐような人は意地悪だと思います。/29歳・女性

意地悪な人は自己中心的

・自分のいいなりにならない人を嫌って、陰口をたたき、集団で執拗に嫌がらせをする。/46歳・女性

・意地悪な人の特徴は、自分主義の人が多いです。自分が一番、自分の考えが正しいと思い込んでいて、他人の持っている価値観が理解できない人が、意地悪に走ります。/52歳・女性

・相手の気持ちを考えない。自分中心の考え方。性格が悪い。心が狭い。自分に甘く、人に厳しい。/19歳・男性

・パート先の先輩で、はじめは優しく接してくれたのですが、気に入らない所が溜まったのか、ある日から意地悪なことをいわれたり、他のパートさんに悪口を言い出して、ほかの人から、私の耳に入ることがありました。でも、周りでは「いつものことなので心配することはない」と。その方の性格で、自分の中の基準となる仕事のやり方に、合わせられない人が、悪口の対象になります。お付き合いする中、神経質な細かい性格の方だとおもい、私が合わせると、攻撃がおわりました。自ら合わせることはなく、わがままな性格だと思いました。/52歳・女性

意地悪な人はプライドが高い

・何でも自分が一番でないと気がすまない人。意地悪な人は、自分よりも他の人が良い物やブランド品を持っていたりすると、やたらと張り合ってきたりする。自分が最先端だと思っている。/34歳・女性

・「プライドは高いが自信がない人」が、自分より弱い立場の人を陥れて自分の評価を上げようとする/43歳・女性

・意地悪な人は雰囲気でわかります。陰険で、常に自分が正しいと思っている人で、他人の意見は聞きません。/37歳・男性

意地悪な人は裏表がある

・意地悪な人は、表面上は一見親切で人が良さそうに見せかけ、実は裏で人の悪口を言いまくっていたり、人を陥れようとチャンスを伺っているような人です。/51歳・女性

・意地悪な人は、裏表が激しい。上司や年上にはペコペコ頭を下げているのに、部下や年下には傲慢な態度をとる。/37歳・男性

・「決まった友達とだけ付き合う」特徴があるようです。観察していると、友達以外の人とは言葉遣いやトーンがまるで違い「心を許していない」排他的な態度が感じられました。/50歳・男性

意地悪な人は人の幸せを喜べない

・意地悪な人は、人の幸せを喜べない体質があると思います。誰かが楽しそうにしていても、悪いポイントを見つけてきます。/36歳・女性

意地悪な人の心理

世間の皆様が感じている意地悪な人の特徴は、どれも納得のいく回答だと思います。アンケート結果から意地悪な人の特徴がわかりましたね。

では、なぜ意地悪をするのでしょうか?

意地悪をする人には、意地悪する人なりの心理があります。

その心理についてお話致します。

自分と似ているから意地悪をする

意地悪をする人の心理のひとつに、「自分と似ているから」ということがあります。

自分の中の嫌な部分を相手の中に見つけ、嫌悪感を感じ「気分が悪い、文句を言いたい」と言う衝動に駆られる人がいます。

例えば
お調子者が嫌いな人は自分がお調子者だったり、短気が嫌いな人は自分が短気だったりします。短気な自分の欠点を見ているから腹が立ちます。

また、別の例では「俺、嘘つきは嫌いだからオマエは俺に嘘をつくな!」と言っている人に、隠し事や嘘をついていることがバレた時、凄い剣幕(けんまく)でキレます。

どうしてこんなにキレるのか?

実は、この人自身が嘘つきだからです。

日頃から打算的な嘘をついている人は、嘘をつかれたことで、自分も同じことをされたと思い怒ります。

「コイツには嘘をついてもバレないだろう」と見下して嘘をつく人は、自分が見下されたと思い込み腹が立ちます。

これらは、自分の中の嫌な部分を相手の中に見ています。

意地悪な人の心理のひとつは、「自分と似ているから」です。

嫉妬して意地悪をする

もう一つは、嫉妬です。

意地悪な人の心理の割合として、「嫉妬」が多くを占めているでしょう。

自分にないものを持っていて、欲しくてたまらない。その羨ましい気持ちが、嫌がらせをする心理となります。

人に嫌がらせをする時は、自分の中の嫌な部分を見ているか、嫉妬をしているかのどちらかが必ずあります。

嫉妬が原因の嫌がらせはよくあることで、あなたも嫉妬したことや、されたことがあるのではないでしょうか。

例えば、仕事の場合
「仕事ができないくせに同じ給料を貰いやがって!」と同僚に腹を立てて嫌がらせをする人がいます。

ロクに仕事ができないのに、同じ給料を貰っていることが羨ましいという嫉妬です。

また、高級車に乗っていると、知らぬ間にキズをつけれたりしますが、これも羨ましいという嫉妬が大半でしょう。

意地悪をする人は、必ず何かに嫉妬しています。

想像力が欠如している

嫉妬は、意地悪をされる側にはまったく思い当たる節がないこともあります。

嫉妬する人は、相手の表面ばかりを見ている浅はかな人とも言えます。

もし、年金暮らしの人を見て「年金暮らしの人は、いつものんびりしていて羨ましいなぁ〜」と思うのなら、それは表面的な部分しか見ていないからです。

若い頃から身を粉して働いてきたから、年金暮らしでも安定した収入が得られます。

自分の時間を削り、仕事に捧げてきたから人だからこそ、安定した老後があり、嫉妬する前にその苦労を想像しなければなりません。

また、お金持ちの人を見て「お金持ちは良いなぁ〜」と思うかもしれませんが、お金持ちは、お金では解決できない悩みを抱えています。

自分が持っていないものを持っている人を羨むのは、表面的な部分しか見ていないことが原因です。

嫉妬する人は、表面的な部分だけを見て、背景にあるものを想像する「想像力の欠如」が考えられます。

そして、嫉妬をする人は、自分自身が満たされないから嫉妬をします。

嫉妬は、満たされないことへの不満の現れで、嫉妬をして嫌がらせをする人に幸せを感じている人はいません。

意地悪な人は人の不幸話で自分を保とうとする

嫌がらせをする人は、人の不幸話が好きです。

例えば
○○さんのお子さんが受験に失敗した。
どこどこのご主人がリストラされた。
誰々が病気をして入院した。
あの人が事故をして廃車になった。

誰かが災難にあうと、それを嬉しそうに話している人がいます。

そういう人は決まって、人の話に首を突っ込みたがり、人のプライバシーにズカズカと入ってきます。

人の不幸を笑うのは、あれよりマシだと思いたい、自分は不幸じゃないと思いたい心理が働いています。

これらの心理は、自分が幸せではないことを自覚しているから起きることですが、それを認めたくないから人の不幸を笑い、自分はあれよりマシだと思いたのです。

もしも誰かに、あなたの不幸を笑われたとしたら「この人は、私の不幸を笑わなければならないほど不幸な人」「気の毒な人だ」と思うことが、意地悪な人に翻弄されないための第一歩です。

意地悪な人は、因果応報で幸せになれない

意地悪する人は、自分も人から傷つけられた過去があります。

意地悪な人が、まさか意地悪をされていたとは思わないかもしれませんが、意地悪な人は、親や逆らえない相手から意地悪された過去があるはずです。

弱かった過去の自分に戻りたくない、強くなった自分に酔いしれたい弱さを持っています。

だからと言って、意地悪をする人に幸せを感じている人はいません。

幸せを感じていないから、意地悪をして、少しでも心の隙間を埋めています。

意地悪な人が幸せになれない最大の理由は、この世には因果応報があるため幸せになれません。

幸せな人は、人に幸せを与えるから、その因果応報によって幸せになります。

意地悪をしている人は、誰かに意地悪をして、意地悪をされてというループにハマります。

だからあなたに意地悪をしながら、あなたの知らないところで意地悪を受けているはずです。

意地悪する人は、因果応報の概念を知らない「気の毒な人」でしかありません。

意地悪な人を知れば知るほど、憎むべき対象というよりも、無知で弱い人間と理解でき、どうしようもない人なんだと割り切ることもできます。

また、意地悪な人が幸せそうに見えているなら、それは間違いです。

意地悪な人は心が荒んでいるから意地悪をします。

だから決して幸せを感じていません。

そもそも幸せな人は、意地悪をしません!

それはなぜか?

幸せを感じている人は、善悪のバランスが善に偏ります。そのため、人に悪意を向けるのではなく、自分と同じように幸せを感じて欲しいという良心が湧くからです。

不幸な人が人の不幸を見ると「ざまぁみろ」と思いますが、幸せな人が人の不幸を見ると「助けたい」と思います。

意地悪をするのは、幸せを感じていない人がうさ晴らしをしているだけの話です。

冷静に考えれば、意地悪な人が可哀想に思えてきませんか?

そうです。意地悪な人は、幸せを感じていない可哀想な人なのです。

意地悪に負けない4つ考え方

意地悪に負けない4つ考え方をまとめました。

考え方を変えるだけで、意地悪に対する免疫ができますので、参考にしてください。

冷静に自分の意思を伝える

意地悪をされて「悲しい…」と悲しみに溺れていては、嫌がらせと向き合うことはできません。

逆に、相手の言動に腹が立ち手を出してしまったら、それこそこちらが悪者になってしまいます。

怒りや悲しみの感情は、心の中だけにとどまらず、精神的に肉体的にも良くありません。ストレスは病気のもとになります。

意地悪な人のために病気になるなどバカらしいことです。ですので感情は捨て、冷静でいなければなりません。

そして、意地悪をされて黙っているのも問題です。

意地悪には、毅然とした態度で「やめてほしい」と伝えなければなりません。

人は弱いので、嫌がらせをされて黙っている人に対して、情けをかけるどころか、これ見よがしに嫌がらせを加速させます。

「黙っているから勘弁してやろう」と考える人は、はじめから意地悪をしません。

これは意地悪だと感じた時は、初期段階で「やめてほしい」と伝えることが大切です。

そして、ただ単に「辛い、苦しい…」と思うだけではなく、二度と同じ目に遭わないためにも「なぜ意地悪をされているのか?」を分析する必要があります。

「辛い、苦しい…」だけで終わっては、また誰かに意地悪をされるかもしれません。

意地悪をされる原因に気づき、受け入れ、改善する必要があります。

怒るだけではダメ、悲しむだけでもダメ、冷静になり今後どうすべきかを判断するようにしてください。

意地悪な人の悪口を逆手に取る

普通に考えると、悪口を言われたら悲観的に捉えてしまうものですよね。

意地悪なことを言われ、落ち込み、自分を責め、人と関わるのが怖くなります。

しかし、それではネガティヴな思考に、どっぷりハマってしまうことになります。

悪口を言われても、少し捉え方を変えてみると少し違った気持ちになれます。

悪口を言われたらまずは、感謝しましょう!

悪口を言われて感謝できるはずがない…

普通はそう思います。

ですがそこで「指摘してくれてありがとう!」とお礼の言葉を述べてみてください。

相手は面を食らうと思いますが、お礼されて悪い気はしません。

何度かこれを繰り返すと、相手の態度に変化が起こるかもしれません。

言葉に出すのは難しくても、心に深い傷を負わないためには、悪口をどのような解釈で受け止めるかがポイントです。

もしもこの悪口は妬みだなぁと思ったのなら、それは羨ましがられていることですから、褒めてくれてありがとうと思う図太さを持ちましょう。

もしもごもっともな意見で痛いところを突かれたのなら、「短所に気づかせてくれてありがとう」と感謝をすれば傷は浅くてすみます。

人の言動には、考えさせられることや、気づきなどが含まれていますが、それを悲観的に捉えるのではなく「そういう見方もあるなぁ」と受け止め「気づきをありがとう」と思い、悪口を言われたことをネガティヴに引きずるのではなく、早く忘れてしまうことです。

心に突き刺さった言葉をずっと抱えていると、正直疲れます。

正さなければならない部分だけを受け入れ、悪口は忘れるようにしましょう。

意地悪な人とは距離を置く

意地悪な人とは、無理に付き合う必要はありません。適度な距離を保ちましょう。

相手の人格に疑問を持ちながらも、無理に合わせていると波長が合ってしまい、離れることができません。

無理に合わせる期間が長くなればなるほど、離れる時に確執ができるので、初めから距離を置くのが一番だと思います。

人との付き合いは、人を思いやれる心を持った人と付き合うことをオススメします。

そういった方とのお付き合いは、あなたの波長を高め、あなた自身を幸せに近づけてくれるからです。

もしも、職場やご近所さん、PTAなどで無視することができない関係なら、適度な距離を置きましょう。社交辞令で「腹六分」の付き合いをしてください。

自分をさらけ出せば、相手のふところに入ることになります。

自分をさらけ出すことは、不幸を笑うネタを差し出すようなもの…

人の不幸を笑う人とは、適度な距離を置き、なるべく関わらないようにしましょう。

そして、笑われたときの捉え方として「気の毒な人」と思うことが一つと、因果応報が待っていることが一つです。

意地悪な人があなたを笑えば、いつの日か同じ思いをさせられる日が来ます。

ですので、因果応報を知らない気の毒な人だと思っていれば良い…

考えなければならないのは、「自分も誰かの不幸を笑ったことがないか」です。

不幸を笑われたら、「人の不幸は笑うものじゃない」と気づきを与えられています。

人は、やられたことばかりを根に持ち、やったことは忘れます。その忘れていたことを思い出し「私は人の不幸を笑うようなことはしない」と決意することが大切です。

自分に打ち勝つ

意地悪をされて傷ついた…

こうした経験のある方ならお分かり頂けると思いますが、人に傷けられた経験をすると「人と関わることが怖い」というトラウマになりませんか?

このように、人が怖くてうまくコミニュケーションが取れずに悩んでいるのは、あなただけではありません。

しかし、意地悪をされてショックを受けてしまう被害者の心理を乗り越えなければなりません。

どうしてショックを受けてしまうのか分析をすると、「人に良く思われたい、バカにされたくない」という想いが強いから…

「自分を守りたい」と、殻に閉じこもっていては何も変わりません。

意地悪されたトラウマを克服したいのなら殻を破るしかありません。

意地悪がトラウマになる人は、「自分は自分という自立心を学ぶ」ことを課題としていることが多いです。

人の顔色を気にせずに、堂々と人前に出れば、驚くほど人生が好転します。

勇気を出して人と関わり「悪口をありがとう」と思えるくらいの気持ちを持ちましょう。

トラウマを克服するためにも、殻を破り一歩前に進み、意地悪に負けない強さを持ちましょう。

14 Comments

門次郎 門次郎

ももさん、コメントありがとうございます。

職場の先輩から意地悪をされるターゲットなっているとのことで、お気持ちお察しいたします。

記事をご覧いただき励みになっているとのことで、ありがとうございます。

大変つらい状況だと思いますが、意地悪な人は今現在も不幸な人ですし、意地悪をすればするほど人は不幸になります。

意地悪な人は、不幸の種蒔きをしている人で、それがわかるのがいじめっ子のその後の記事です。

⇒いじめっ子のその後の記事

いじめる人がその後どうなるのかわかりますので、まだご覧になっていないのなら読んでみてください。

辛いとは思いますが、ももさんより不幸な人には違いないので、可哀想な人だと思い、やり過ごしてください。

ももさんが、意地悪に負けないことを祈っています。

もも

今、まさに職場の先輩にこういう人がいてターゲットになっています。私が思い通りにならないからだろうなとかみんなの前で上司に褒められたこととか心当たりもあります。私の言動を常に監視するように見、聞き耳を立てていて狡猾な方法で孤立させられたり意見を潰されたり。人生でほぼ初めて出会う悪意に驚くやら悔しいやらで悩んでいましたが、この記事にたどり着き毎日読んでいます。おかげさまで何とかやり過ごす知恵を授かり元気がでました。

YPNEL

意地悪をすれば自分に返ってくると思います。過去の経験上意地悪をしてきた人達は何かしらの形で返ってきてる事を思い出しました。自分自身も人の嫌がることをしたら返ってきました。腹が立ったり妬んでる時は意地悪したくなる気持ちは凄くわかります。でもそれをした所で相手も不快な気持ちになるし自分自身も良い気分にはならないので気をつけないといけないと思いました。

きなこ

意地悪をする人は、このような心理なのだなと勉強になりました。特に、嫉妬からくる意地悪には納得です。年を重ねるごとに、各家庭の生活の差や、子供のできることの差でひがみを感じることが多くなっている気がします。自分はそういう思考にならないように、日々気をつけています。

なふみ

記事を読んでいるうちに昔働いていた職場のことを思い出しました。アパレル関係の仕事でお店にいるとき、社員で入ってきた男の子をいじめた記憶が蘇ってきました。今思えば何であんな事をしてしまったのか自分でも不思議でなりません。
今、思えば昔からいたアルバイトの女の子にのせられた様な気もします。その子はどちらかというと意地悪な性格で人によって態度をコロコロ変えるタイプで、裏では私の悪口を言っていたと聞かされた事がありました。まさに因果応報とはこの事を言うのでしょうね。

みーさん

意地悪な人って、結局は不幸な可哀想な人ですよね。記事の中に「意地悪をしている人は、誰かに意地悪をして、意地悪をされてというループにハマります。」という記載もありますが、そんな人生楽しい訳無いし、つまらないでしょうね。意地悪にエネルギー使うくらいなら、もっと他のことすれば良いのに。また、記事にある「意地悪な人には距離を置く」というのが、いちばん穏便に済ませる方法かと思います。

さんじ

人の不幸話で自分を保とうとするというのが意地悪をする人の心理であるというご指摘には私自身ドキリとするものがありました。私は薄給で残業も多い仕事に就いていますが、ネットでそれよりも待遇の悪い人のグチの書き込みを見て安心してしまうのです。私自分は他人に意地悪をするような人間ではなく、優しい人間であると周りからも言われますが、それは表面上だけで実は人に意地悪をしているのと同じなのかもしれません。

ぬぬぬ

自分が今まさに意地悪な人なので、ハッとするような話でした。身に覚えのある話ばかりです。意地悪をされるとついつい自分も意地悪で返したい、自分はこれだけ意地悪されたのだから他人も同じ苦労をしないと納得いかない。という思いが抑えきれず、人に意地悪をしてしまいます。衝動を抑えるためにも人は人、自分は自分だという気持ちを心がけたいと思います。

さく

こちらの記事を読むまでは、意地悪をされてしまった時にはただ傷ついてその人から遠ざかることしかできませんでした。「指摘してくれてありがとう」と返す発想はなかったので驚きました。でも、もし自分が意地悪をした側の人間だったら、そんな風に言われると戦意喪失するので、効果がありそうだと感じました。人間関係を築くのが苦手でしたが、どんな人とも向き合うことは大事だと考えさせられました。

きよリン

意地悪をされた方はもちろんですが、意地悪をした方の割合も高いことに少々驚きです。私はどちらかというと意地悪をされていた方ですが、意識すると傷つくのであまり気にせず流す方法を取っていました。このサイトで一番最後に自分に打ち勝つという方法が出ていますが、この方法は非常に参考になると感じます。人との関わり合いは生きていく上で必ず必要になってくるので、今後意地悪をされた時は自分に打ち勝つを忘れずに対処したいと感じました。

れーた

私は意地悪をしたり意地悪をしそうな人などを、人相で決めつけてしまっていました、人の悪口を言ったり書いたりしている人は自然と口元がへの字口になり、顔つきもどことなく常に怒っているような顔に見えてしまっていたからです、ですがこの記事を通して、悪口や意地悪などされてもいいんだ、意地悪や悪口を言われるということはそれだけ目立てているし、意地悪されるほどその人から見たら妬ましい存在なんだと、ポジティブに考えれる事ができました、意地悪や悪口などされたり言われたらすごく嫌な気持ちになりますが、言われる方が上の立場と考えればとても気持ちのいいことだと思います。

月猫

意地悪に関しては、加害者側と被害者側の意識ずれがかなり大きいと思います。加害者側には大して意識もしていなくて、何気ない言葉や行動が受ける側にはものすごいダメージだったりする事があるので、記事中にもかかれていた通り、悪口を言われてもポジティブに考える事だったり、しっかりと「傷ついた」などの意思表示をすることが自分を守る最善の事かもしれませんね。

もり 

確かに意地悪をされたパーセンテージの高さにびっくりしました。逆にどんな人間であれば意地悪をされた事がないのか考えてしましました。私自身も意地悪をされていた事がありますが、確かに自分自身を強くする事が一番の意地悪をされなくなった要因ではないかなと思ってます。それにしても因果応報、人に幸せを広げていく事で自分自身が幸せになってくるという事は言葉では知っているけれども、もっと教育していく中で子供に伝えていく事で意地悪な事がなくなっていくのではないかなと思います

大地

できれば意地悪とは無縁で生きていきたいものですね。ただ、意地悪を私もしてしまいたい衝動に駆られることはよくあります。自分が疲れているとき、惨めな気持ちになるとき、分前が少なかったとき、一人ぼっちになってしまったときなど近くの人にちょっとした意地悪をしてやろうと思うことがあります。ここに書いてあるようにそういう時は私は、自分から距離を取ることを心がけています。一人になる環境に率先して行く。そこで好きなことを少ししたり、ストレス解消できれば、そんな衝動は多少は治まってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。