意地悪な人の心理と特徴・誰でも簡単にできる4つ対処法

意地悪された、した人の割合

意地悪な人を知るために、アンケート調査を行いました。

いったいどれほどの人が意地悪をされた経験があるのか、逆に意地悪をした経験があるのか分かります。

意地悪されたことがありますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

意地悪された人の割合

意地悪したことがありますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

意地悪した人の割合

意地悪された人の割合は88%にも及び、ほとんどの人が意地悪をされた経験があります。逆に意地悪した人の割合も76%であり、意地悪したこともされたこともある人が多いと言えます。

この記事にたどり着いた方の中には、今まさに意地悪な人と関わっている方がおられるでしょう。

意地悪な人に対し、どのように接していけばよいのか、どのように対処すれば良いか悩むと思います。

かつての私も、たくさん嫌がらせをされました。意地悪をされる人の心情は、理解できるつもりです。

意地悪をされている時は、自分が悪いと自分ばかりを責めて気づきませんでしたが、意地悪をする人には、意地悪をする人なりの心理があります。

その心理を知ることで、意地悪される側の心を保つこともできますし、どのような心構えでいれば良いのかもわかります。

この記事では、意地悪をしてくる人の心理を知り、嫌がらせに負けないためのポイントをお伝えしたいと思います。

意地悪な人攻略の鍵は意地悪な人を知ることから始まります。

意地悪な人の特徴

意地悪な人を知るために「意地悪な人の特徴を教えてください」というアンケートを行いました。

世間の人は意地悪な人に対してどんなイメージを持っているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

意地悪そうな顔をしている

・職場でも学校でも、たいてい意地悪な人というのは顔に出ています。見るからに意地悪そうに見える顔をしているのです。顔は、その人の心を全て表してしまう鏡なのです。/25歳・女性

最初だけ人に優しい。一見穏やかそうにしている。性格ブスが顔に出ている。理解ある人のフリをする。/43歳・女性

悪意が強い

・人の足を引っ張りたい人は意地悪な人。例えば、仕事などで相手にとってより良い案や方法があっても、それはあえて言わずにわざと手間をかけさせる人。/28歳・女性

・意地悪な人は他人を陥れることで自分を際立たせようとする傾向があります。また、相手が嫌がる姿を見て、それに面白さを感じる傾向があります。/36歳・男性

・意地悪な人の特徴としてよく他人の悪口を言う人です。私の周りの悪口を言う人がいますが、大抵が意地悪な傾向のある人でした。/22歳・男性

・他人の一挙手一投足を、全て悪意に満ちた目でしか捉えられない人間。/60歳・女性

・意地悪な人は自分より弱い人をいじめることをストレス解消の手段にしている。本質的には弱い人間なので同じような仲間でつるむ特徴がある。/55歳・女性

・こちらが取りたいものがあるのがわかってもあえてそこをどかずに塞ぐような人は意地悪だと思います。/29歳・女性

自己中心的

・自分のいいなりにならない人を嫌って、陰口をたたき、集団で執拗に嫌がらせをする。/46歳・女性

・意地悪な人の特徴は、自分主義の人が多いです。自分が一番、自分の考えが正しいと思い込んでいて、他人の持っている価値観が理解できない人が、意地悪に走ります。/52歳・女性

・相手の気持ちを考えない。自分中心の考え方。性格が悪い。心が狭い。自分に甘く、人に厳しい。/19歳・男性

・パート先の先輩で、はじめは優しく接してくれたのですが、気に入らない所が溜まったのか、ある日から意地悪なことをいわれたり、他のパートさんに悪口を言い出して、ほかの人から、私の耳に入ることがありました。でも、周りではいつものことなので心配することはないと、その方の性格で、自分の中の基準となる仕事のやり方に、合わせられない人が、悪口の対象になります。お付き合いする中、神経質な細かい性格の方だとおもい、私が合わせると、攻撃がおわりました。自ら合わせることはなく、わがままな性格だとおもいました。/52歳・女性

プライドが高い

・何でも自分が一番でないと気がすまない人。意地悪な人は自分よりも他の人が良い物やブランド品を持っていたりすると、やたらと張り合ってきたりする。自分が最先端だと思っている。/34歳・女性

・プライドは高いが自信がない人が自分より弱い立場の人を陥れて自分の評価を上げようとする/43歳・女性

・意地悪な人は雰囲気でわかります。いんけんで、常に自分が正しいと思っている人で他人の意見は聞きません。/37歳・男性

裏表がある

・意地悪な人は表面上は一見とても親切で人が良さそうに見せかけて、実は裏で人の悪口を言いまくっていたり、人を陥れようとチャンスを伺っているような人です。/51歳・女性

・意地悪な人は裏表が激しい。上司や年上にはペコペコ頭を下げているのに、部下や年下には傲慢な態度をとる。/37歳・男性

・「決まった友達とだけ付き合う」特徴があるようです。観察していると、友達以外の人とは言葉遣いやトーンがまるで違い「心を許していない」排他的な態度が感じられました。/50歳・男性

人の幸せを喜べない

・意地悪な人は人の幸せを喜べない体質があると思います。誰かが楽しそうにしていても悪いポイントを見つけてきます。/36歳・女性

意地悪された人の割合は88%にも及び、皆さん本当に高い確率で意地悪な人に遭遇しています。

意地悪な人と関わらなければならない方は本当にストレスですし、ストレス解消する暇がない方も多いのではないでしょうか。

意地悪な人に疲れている方は、ストレス緩和に役立つサプリメントを活用して、気持を和らげる工夫ができるかもしれません。詳しくは最後にご紹介致しますが、お急ぎの方はご覧ください。

意地悪する人の心理

世間の皆様が感じている意地悪な人の特徴は、どれも納得のいく回答だと思います。アンケート結果から意地悪な人の特徴が分かりましたね。

ではなぜ意地悪をするのでしょうか?

意地悪をする人には意地悪する人なりの心理があります。

その心理についてお話をさせて頂きます。

自分と似ているから

意地悪をする人の心理のひとつに「自分と似ているから」ということがあります。

自分の中の嫌な部分を相手の中に見つけ、嫌悪感を感じ「気分が悪い、文句を言いたい」と言う衝動に駆られる人がいます。

例えば
お調子者が嫌いな人は自分がお調子者だったり、短気な人が嫌いな人は自分が短気だったりします。短気な自分の欠点を見ているから腹が立つのです。

また別の例では「俺は嘘つきは嫌い!オマエは俺に嘘をつくな!」と言っている人に、隠し事や嘘をついていることがバレた時、凄い剣幕(けんまく)でキレます。

どうしてこんなにキレるのか?

実は、この人自身が嘘つきだからです。

日頃から打算的な嘘をついている人は、嘘をつかれたことで、自分も同じことをされたと思い怒ります。

日頃から「コイツには嘘をついてもバレないだろう」と見下した嘘をつく人は、自分が見下されたと思い込み腹が立ちます。

これも、自分の中の嫌な部分を相手の中に見ているのです。

意地悪な人の心理のひとつは、自分と似ているからです。

嫉妬して嫌がらせをする

もう一つは、嫉妬です。

意地悪な人の心理の割合として、嫉妬が多くを占めているでしょう。

自分にないものを持っていて、欲しくてたまらない。その羨ましい気持ちが、嫌がらせをする心理となります。

人に嫌がらせをする時は、自分の中の嫌な部分を見ているか、嫉妬をしているかのどちらかが必ずあります。

嫉妬が原因の嫌がらせはよくあることで、皆様の中にも、嫉妬したことやされたことがあるのではないでしょうか。

例えば、仕事の場合
「仕事ができないのに同じ給料を貰いやがって!」と同僚に腹を立てて嫌がらせをする人がいます。

その人からすれば、仕事ができないくせに同じ給料を貰っていることが羨ましいという心理からの嫉妬です。

また、高級車に乗っていると、知らぬ間にキズをつけれたりしますが、これも羨ましいという心理からの嫉妬が大半でしょう。

また、よく見かけるスピリチュアルや占いなどの口コミサイトでは、ライターを雇い、自身の運営する占い店の良い口コミを書かせ、ライバル店の悪口を書かせるサイトがあります。私もありもしないことを書かれますが…

こうした口コミサイトは、自社の悪い口コミが上がれば即削除をしますので、悪質なサイトであることが世に広まりません。

こうした手法は、ライバル店を蹴落とす作戦と共に、ライバル店の儲けも奪おうという羨みと、自分さえ良ければいい利己的主義以外にありません。

少し話しが逸れましたが、嫉妬に負けないためには、嫉妬をする人の心理を知っておく必要があります。

想像力が欠如している

嫉妬は、自分にない要素を持っている相手に対し、勝手に抱くことも多く意地悪をされる側にはまったく思い当たる節がないこともあります。

嫉妬をしてくる人は、相手の表面ばかりを見ている浅はかな人とも言えるのです。

もし年金暮らしの人を見て「年金暮らしの人は、いつものんびりしていて羨ましいなぁ〜」と思うのなら、それは表面的な部分しか見ていないからです。

若い頃から身を粉して働いてきたから、年金暮らしでも安定した収入が得られるのです。自分の時間を削り、仕事に捧げてきたから人だからこそ今があるのです。その苦労も想像しなければなりません。

また、お金持ちの人を見て「お金持ちは良いなぁ〜」と思うかもしれませんが、お金持ちは、お金では解決できない悩みを抱えているものです。人の裏側を想像しなければなりません。

自分が持っていないものを持っている人を羨むのは、表面的な部分しか見ていないことが多いはずです。

嫉妬ばかりをしてしまう人は、表面的な部分だけを見て、背景にあるものを想像する「想像力の欠如」が考えられます。

表面的な部分にとらわれ「幸せそうで羨ましい」と思い嫉妬をしてしまうのは、人の弱さを表しています。

そして、嫉妬ばかりをする人は、自分自身が満たされないから嫉妬をします。

嫉妬は、自分自身が満たされないことへの不満の現れで、嫉妬をして嫌がらせをする人は幸せを感じていません。

人の不幸話で自分を保とうとする

嫌がらせをする人は、人の不幸話が好きです。

例えば
○○さんのお子さんが受験に失敗したとか
どこどこのご主人がリストラされたとか
誰々が病気をして入院したとか
あの人が事故をして廃車になったとか

誰かが災難にあうと、それを嬉しそうに話している人がいます。

そういう人は決まって、人の話に首を突っ込みたがり、人のプライバシーにズカズカと入っていくものです。

嫌がらせをする人の心理の中には、人の不幸を笑う心理が働いており、あれよりマシだと思いたい、自分が不幸じゃないと思いたい心理が働いています。

これらの心理は、自分が幸せではないことを自覚しています。自分は不幸ではないと思いたいがために、人の不幸を笑うのです。

もしも、自分の不幸を笑われたとしたら「この人は人の不幸を笑わなければならないほど不幸な人」と思い、気の毒な人だと思うことが、嫌がらせをしてくる人に翻弄されない第一歩です。

意地悪された過去がある

意地悪する人は、自分も人から傷つけられた経験があると考えられます。

過去を辿れば誰かに意地悪をされた経験があり、あなたは意地悪な人が意地悪されたことを知らないかもしれませんが、意地悪された事実があるはずです。

意地悪をされる弱い立場から、意地悪をする強い立場となった今、優越感に浸っているのです。

しかし意地悪をする人に幸せな人はいません。言い方を変えると幸せにはなれないのです。この世は因果応報だからです。

幸せな人は、人に幸せを与えるから幸せになります。

意地悪をしている人は、誰かに意地悪をして、意地悪をされてというループにハマります。だから意地悪をしながら、どこかで意地悪を受けているはずです。

意地悪する人はこの世の法則を知らない「気の毒な人」でしかありません。ループにハマって、抜け出す方法を知らない気の毒な人なのです。

この法則がわかれば、まともに相手にする必要がない、どうしようもない人なんだと割り切ることもできます。

意地悪をする人の裏の顔がわかれば、意地悪な人は憎むべき対象というよりも、一人の弱い人間と理解できると思います。

幸せな人は意地悪をしません!

それはなぜか?

幸せを感じている人は、善意と悪意のバランスが善に偏ります。そのため、人に悪意を向けるのではなく、自分と同じように幸せを感じて欲しいという良心が湧くからです。

不幸な人が人の不幸を見ると「ざまぁみろ」と思いますが、幸せな人が人の不幸を見ると「助けてあげたい」と思います。

意地悪は、幸せを感じていない人がうさ晴らしをしているに過ぎません。

冷静に考えれば相手が可哀想に思えてきませんか?

意地悪な人は、幸せを感じていない可哀想な人なのです。

意地悪に傷つかないための4つ対処法

意思を伝える

意地悪をされて「悲しい…」と悲しみに溺れていては、嫌がらせと向き合うことはできません。こうした時、感情は邪魔になります。

もしも、相手の言動に腹が立って手を出してしまったら、それこそこちらが悪者になってしまいます。それがこの世のルールなので、冷静でいなければなりません。

怒りや悲しみの感情は、心の中だけにとどまらず、精神的に肉体的にも良くありません。ストレスは、病気のもとになります。

意地悪な人のために病気になるなど、バカらしいことです。ですので、感情は捨て冷静でいなければならないのです。

そして、嫌がらせをされて黙っているのも問題です。

嫌がらせには、毅然とした態度で「やめてほしい」と伝えなければなりません。

人は弱いものです。嫌がらせをされて黙っている人に対して、情けをかけるどころか、これ見よがしに嫌がらせを加速させます。

「黙っているから勘弁してやろう」と考える人は始めから嫌がらせをしません。

これは嫌がらせだと感じた時は、初期段階で「やめてほしい」と伝えることが大切です。

そして、ただ単に「辛い、苦しい…」と思うだけではなく、二度と同じ目に遭わないためにも「なぜ嫌がらせをされているのか?」を理解する必要があります。

その理解なく「辛い、苦しい…」だけで終わっては、また同じことを繰り返してしまいます。

嫌がらせをされる原因に気づき、受け入れ改善する必要があるのです。

意地悪をしてくる人に対して、怒るだけではダメ、悲しむだけでもダメ、冷静になり、どうすべきかを判断するようにしてください。

悪口を逆手に取る

普通に考えると、悪口を言われたら悲観的に捉えてしまうものですよね。

言われたことで落ち込んだり自分を責めたり、言った相手と関わることが怖くなってしまったり…

しかし、それではネガティヴな思考に、どっぷりハマってしまうことになります。

悪口を言われても、少し捉え方を変えてみると少し違った気持ちになれます。

悪口を言われたらまずは感謝しましょう!

悪口を言われて感謝できるはずがない…

そうおっしゃると思いますが、悪口を言われたらまずは「 指摘してくれてありがとう」と感謝をしてみてください。言葉に出せるならそれも良いと思います。

相手は面を食らうと思いますが「指摘してくれてありがとう。気をつけるね!」と言われて悪い気はしません。

このように言葉に出すのは難しくても、心に深い傷を負わないためにも悪口をどのような解釈で受け止めるかがポイントです。

もしも、この悪口は妬みだなぁと思ったのなら、それは羨ましがられていることですから、褒めてくれてありがとうと思えば良いのです。

もしも、ごもっともな意見で痛いところを突かれたのなら、短所を指摘してくれたんだと感謝をすれば傷は浅くですみます。

人の言動には、考えさせられることや、気づきなどが含まれていますが、それを悲観的に捉えるのではなく「そういう見方もあるなぁ」と受け止め「気づきをありがとう」と思い、悪口を言われたことをネガティヴに引きずるのではなく忘れてしまうことです。

心に突き刺さった言葉をずっと抱えていると、正直疲れます。正さなければならない部分だけを受け入れ、悪口は忘れるようにしましょう。

距離を置く

意地悪な人とは、無理に付き合う必要はありません。適度な距離を保ちましょう。

相手の人格に疑問を持ちながらも、無理に合わせていると波長が合ってしまい、離れることができません。無理に合わせる期間が長くなればなるほど、離れる時に確執ができるので、始めから距離を置くのが一番だと思います。

人との付き合いは、人を思いやれる心を持った人と付き合うことをオススメします。そういった方との付き合いは、あなたの波長を高め、あなた自身を幸せに近づけてくれるからです。

もしも、職場やご近所さんPTAなどで、無視することができない関係なら、適度な距離を置くために、「腹六分」の付き合いをしてください。社交辞令で良いのです。

自分をさらけ出せば、相手のふところに入ることになります。自分をさらけ出すことは、不幸を笑うネタを差し出すようなもの…深く関わらないほうが良いのです。

人の不幸を笑う人とは、適度な距離を置き、なるべく関わらないようにしましょう。

そして、笑われたときの捉え方として「気の毒な人」と思うことが一つと、因果応報が待っていることが一つです。

意地悪な人があなたを笑えば、いつの日か同じ思いをさせられる日が来ます。

ですので、因果応報を知らない気の毒な人だと思っていれば良いのです。

決して仕返しなど考えてはいけません。仕返しをすると、また嫌がらせをされる堂々巡りが始まるだけです。

仕返しなど考えずに、因果の法則にゆだねれば、それで負のカルマを背負わなくて済みます。

あなたが考えるべきことは、自分も誰かの不幸を笑っていたことがないかを振り返らなければなりません。

不幸を笑われたのは、不幸を笑われるとどんな気持ちになるのか、「人の不幸を笑うもんじゃない」と、気づきを与えられているからです。

人は、やられたことばかりを根に持ち、やったことを忘れていることがあります。その忘れていたことを思い出し「私は人の不幸を笑うようなことはしない」と決意することが大切なのです。

与えられた気づきに気がつくだけで、人は一つ成長し、人の痛みがわかる優しい人へ成長できるのです。

そして、「人の不幸を笑わない」。これを実践していくことで、自分自身の幸せに繋がります。

自分に打ち勝つ

意地悪をされて傷ついた…

こうした経験のある方ならお分かり頂けると思いますが、人に傷けられた経験をすると「人と関わることが怖い」というトラウマになりませんか?

このように、人が怖くてうまくコミニュケーションが取れずに悩んでいるのは、あなただけではありません。

コミニュケーション能力で悩んでいる方は、人と関わることが怖いと感じていらっしゃる方が多いのです。

それには心無い人達からの言動が原因となっていますが、意地悪をされたからといって落ち込んでいてはトラウマを克服することはできません。

意地悪をしてくる人が悪いですが、問題は 意地悪をされたことに対してショックを受けてしまう被害者の心理です。

どうしてショックを受けてしまうのか?

分析をすると「人に良く思われたい」とか「バカにされたくない」という理由で自分を守りたい気持ちが強いのではないでしょうか。

自分を守りたいからと、殻に閉じこもっていては何も変わりません。意地悪なトラウマを克服したいのなら殻を破るしかないのです。

意地悪がトラウマになり人と関わることが怖いという人は「自分は自分という自立心を学ぶ」ことを課題としていることが多いのです。

人の顔色を気にせずに堂々と人前に出れば、驚くほど人生が好転するでしょう。

勇気を出して人と関わり「悪口をありがとう」と思えるくらいの気持ちを持ちましょう。悪口を言ってくる人も、負のループから抜け出せない気の毒な人なのです。そのことがわかれば、悪口にいちいち翻弄されることはないと気づきます。

トラウマを克服するためにも殻を破り一歩前に進みましょう。

そして、意地悪な人の特徴と心理を知り、嫌がらせに負けない強さを持ちましょう。