ずっと悩んでいることを15分で解決する簡単な方法:クリック

苦労する意味はあるのか?苦労しない人は不幸というスピリチュアルの視点

苦労する意味

苦労する意味があるのでしょうか?

私は、できることなら苦労などしたくなかったし、これからもしたくありません。

あなたも「苦労なんてしたくない、苦労に何の意味があるんだ…」そう思いこの記事を読んでいるのではないでしょうか?

当然です、誰だって本心は苦労をしたくはありません!

ですが、結論を言えば、苦労する意味は大いにあり、逆に苦労しない人は不幸です。

苦労をすると性格が歪みますが、歪むのは大いに結構!どんなに性格が悪くなろうとも、苦労は必要です。

魂の年齢という長い歴史のなかで、歪んでしまった性格は通過点でしかありません。

苦労する意味は、現世のためだけにあるのではなく、来世にも続いています。

苦労には深い意味があり、苦労をしなければならない理由があります。

この記事では、どうして苦労が必要なのか、その意味をスピリチュアルの視点からお話致します。

苦労する意味があるなら、そのメリットってなに?

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざがあります。

その意味は「若い時にする苦労は必ず貴重な経験となって将来役立つものだから、求めてでもする方が良い」という意味です。

これは、スピリチュアルでも言えることで、魂を成長させるために苦労を知るのは、とても貴重な経験になります。

人から聞かされる苦労話や、本を読んで体験談を知ることもできますが、それは机上の空論で、身をもって知った苦労ほどの経験値にはなりません。

もちろん、苦労話を聞いて知識にしたり、本を読んで学んだりすることも大切なことですが、それプラス、実際に苦労を経験してこそ魂は成長します。

私たちはつい、苦労をしたくないばかりに苦労を嫌い、難を逃れることばかりを考えますが、それでは魂の成長に繋がりません。

苦労する大きなメリットは「魂が大きく成長すること」

どんなに性格が歪んでしまっても、それは、輪廻転生を繰り返し続けた先で大我に目覚めるための過程に過ぎません。

歪んだ心で人を傷つけ、自分も傷つき、その過程を経て大我に近づいていきます。

苦労は、魂を成長させるのに、とても大きな意味があります。

苦労を避けてはいけない理由

私たちはつい、苦労を悲観的に捉え、苦労をしたくないばかりに逃げようとします。

苦労から逃げてばかりいては、人も魂も成長できません。

どのみち逃げ続ければ、いずれ逃げられないほど追い詰められます。

人は、何もない平凡な人生を歩みたくなりますが、苦労のない人生だと、魂の成長のないまま時間だけ過ぎ、大きな成長のないまま人生を終わらせてしまいます。

それでは生まれた意味がなく、魂にとっては不幸な人生です。

魂にとっての幸せとは、苦難を乗り越えた先にあります。

そのため、魂が震えるほどの感動を得るには、大きな苦難であればあるほど、乗り越えた先に感動があります。

人は、魂の記憶がないので苦労を好みませんが、魂は苦労で成長することを知っているため、人の考えとは裏腹に、苦労を好みます。

人によってはどういうわけか、苦労ばかりの道を選んでしまう…という人も多いのではないでしょうか。

苦労は、魂の成長に欠かせないものだから、自然と苦労する道を選ぶ魂もあるでしょう。

苦労を避けるために、霊能者に頼り過ぎるのはNG

苦労を避けるために、霊能者に頼り過ぎると魂の成長の妨げになります。

もちろん度が過ぎなければいいのですが、すべての苦労を避けたいがために、頼り過ぎるのは良くありません。

自分で考えても答えがでずに行き詰った場合や、霊能者の助言も参考にして考えたい場合はいいですが、「失敗したくないから!」と、ただ苦労を避けたいがために、なんでもかんでも力を借りるようになると、魂の成長の妨げになります。

事あるごとに、あなたが苦労しなくて済むように導いてくれる霊能者がいたら、あなたはその霊能者を頼るでしょう。

苦労しないまま人生を終えたとしたら、カンニングをして人生を終えたことになり、魂の成長は不十分となり、不幸な出来事です。

苦労は、人として成長するためにも大切な経験で、大我に目覚めるために欠かせません。

本物の霊能者であれば、これらのことを理解していますし、答えを教えるのではなく、相談者に気づきを与え、霊能者に頼らなくて済む考え方を教えてくれます。

逆に、お金儲けに走る霊能者ほど簡単に答えを教えてくれます。

すると、相談者は事あるごとに霊能者を頼るようになり、お金を吸い取られていきます。

それを知っていて依存させる霊能者の人格にも問題がありますが、依存してしまう人の弱さも問題です。

人生をカンニングできたら楽ですが、魂にとっては不幸でしかありません。

霊能者に依存しやすい人は、相談者を食い物にする霊能者と縁ができる可能性が高いので注意が必要です。

本当にいい霊能者とは、霊視能力の高さよりも、相談者の魂が成長するために必要な助言ができる霊能者です。

神様守護霊ですら、答えではなく気づきを与えます。

答えを教えると、魂の成長の妨げになり、不幸なことだからです。

苦労も大切な経験だと思えば、苦労は勲章であり汚点ではないとわかります。

子供を苦労から遠ざける大人

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざの通り、若い時にする苦労は必ず貴重な経験となり将来役立ちます。

若い時の苦労に限らず、乗り越えた先には必ず何かを得ていますよね。

親になる年齢になれば、あの時の苦労が役に立っていると思うことが一つや二つあるはずです。

しかし、多くの親が苦労から学ぶことがあると知りながら、我が子には苦労させたくないと考えます。

失敗も含め、子供の頃に経験したことが社会に出てから役立つのですが、子供が傷つかないように過保護になり、経験する機会を減らす傾向があります。

転ばぬ先の杖を渡し、失敗の経験を奪えば成長の妨げになります。

子供の頃に失敗するから、人の気持ちを想像する力が身についたり、優しさが芽生えます。

たくさんの喜怒哀楽を経験するからこそ、人としての成長や魂の成長に繋がるので、それを大人が奪ってはいけません。

魂の視点で、子供に必要な経験をさせてあげましょう。

苦労する意味を知り立ち向かう

苦労のない人生は、本当にもったいない!

苦労が大きければ大きいほど、乗り越えた先に大きな喜びがあります。

苦労は経験してこそ意味があり、逃げてはいけません。

苦労の数は勲章です!

苦労を恐れずに、立ち向かう勇気を持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。