【北枕が良くない幾つかの諸説】縁起とは関係のない別の理由とは?

北枕

北枕を気にしていますか?

「北枕」で検索して来られた方は、その理由を知りたくて検索されたのだと思います。

私も子供の頃、北枕は良くないと育てられました。

その理由は「亡くなった人を北枕で寝かすから」というものでした。

この記事では、北枕が良くないと言われる理由を「都道府県別」と「スピリチュアル的にどうなのか」に分けてご紹介しています。

まずは、都道府県によって「北枕が良くない理由」に違いがあるのか、アンケート調査した結果からご紹介致します。

北枕が良くないと言われる全国の理由

日本全国、共通して言われているのは、

「亡くなった人を北枕で寝かせるので縁起が悪い」

「亡くなった人をお通夜で北枕で寝かせるので縁起が悪い」

こうした理由が圧倒的に多いようです。

北枕が良くない理由は、日本全国共通のようですね。

ただ、なかには少数派の理由として、以下のものもありました。

【少数派の理由】
埼玉県出身の方
「亡くなった人を寝かせる時に頭を北、顔を西に向けると極楽浄土へ行けるという理由で北枕にする為、生きている人が北枕で寝るのは良くない」
愛知県出身の方
「北枕にすると早死にする」
茨城県出身の方
「北枕をすると家を早く出てしまう」
神奈川県出身の方
「親の死に目に会えないから」
山形県出身の方
「悪い夢を見るから」
秋田県出身の方
「釈尊が涅槃する時に、故郷であるルンビニーの方に足を向けて寝たから」

私は京都府出身ですが、どこかで「悪い夢を見るから」「親の死に目に会えないから」というのは聞いたことがあります。

ですが大多数は「亡くなった人を北枕で寝かせるから」という理由のようですね。

北枕はスピリチュアル的にもタブー?

一般的に言われている北枕が良くない理由は、前述した通りです。

そもそも「北枕」の由来は何か?

北枕の由来は「北枕はお釈迦様が亡くなる時に、頭を北に向けておられたこと」が由来しているそうです。

このことから仏教では、死者の頭を北に向けるようになったそうです。

そのため、生きている人が北枕で寝るのは縁起が悪いとされてきたそうです。

北枕が良くない理由は分かりました。

この「北枕」スピリチュアル的にはどうなのでしょうか?

実は、スピリチュアルでは「北枕」が縁起が悪いとされていません。

スピリチュアルに「北枕=死人」という概念はないそうです。

ですので、スピリチュアル的には北枕でも全く気にすることはありません。

実は、北枕が良くないとされてきたのには別の理由があります。

北枕が良くないとされる別の理由

昔から北枕がいけないと言うのは「健康的に良くないから」という理由があったそうです。

昔とは、どれほど昔のことを言うのかわかりませんが、古い家は隙間風が入りやすいですよね。

そのため、風が吹いてくる北に頭を向けて寝ると、風邪を引く原因になったと言われています。

また、亡くなった人を北枕で寝かせるのは、冷たい風邪を当てて、ご遺体の腐敗を遅らせるためとも言われています。

昔は北枕が健康上良くないとされていましたが、現代は北枕が健康に良いという説もあります。

北枕が健康に良いという説

地球の磁場の関係から、北に頭を向けて寝るのは、肉体的にも精神的にも良いそうです。

地球の磁場は、磁気が南から北へ流れていて、頭を北にして足を南に向けると、磁気が足から頭の方へ向かって流れるようになり、血行が良くなると言われています。

家の中でも、北側は太陽が昇らないので寒くなり、南側は暖かくなりますが、北に頭を向けることで頭が冷え、足元が温まるようになります。こうした理由から、頭痛持ちの人には北枕が良いとされています。

そして、頭が冷えて足元が温まると熟睡できるといったメリットもあるそうです。

このことから、北枕が快眠につながり健康にも良い効果を得られると言われています。

昔は、北枕が健康に良くないとされてきましたが、現代ではその考えは変わってきているようです。

むしろ「北枕」が良いとされていますので、北枕が縁起が悪いとする時代ではないのかもしれませんね。

北枕は良くないのか?の結論を言えば、北枕はむしろ良いと考えられるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。