自殺後の地獄・自ら命を絶つと生き地獄以上の苦しみが待っている

自分自身が、自殺を考えている…

身近な人が、自殺を考えている…

もし、そのような方がいたら、この記事を読んでいただきたいです。

自殺をしたらどうなるの?
苦しみから逃れられるの?

結論から申し上げると、自殺をしたら地獄に堕とされます。

自殺後、どんな世界が待っているのか?

私の体験を織り交ぜてお話したいと思います。

本気で自殺を考えたことのある人の割合

まず、自殺後をする前に知って頂きたいのは、人生の中で自殺を考える人は、少なくないことです。

それが人生であり、人生とはそういうものです。

自殺を考える事自体珍しいことではなく、みな乗り越えて生きています。

人生には必ず苦しい時期があり、あなただけが苦しい想いをしているのではないことを知りましょう。

いったいどのくらいの人が自殺を考えたことがあるのか、アンケート調査を行いましたので、その結果からご紹介致します。

本気で自殺を考えたことがありますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

本気で自殺を考えたことがありますか?

年代別・本気で自殺を考えたことのある人の割合(%)

本気で自殺を考えたことのある人の割合

本気で自殺を考えたことがある人は36%もいます。多いと思いませんか?

年代別に見ると、若い世代のほうが自殺を考えやすい傾向があり、現代社会の闇を感じますね。

しかし、本当に自殺をするの人は、そのなかの極一部になります。

自殺を考えても自殺をしないのは、どんなに絶望する出来事が起きたとしても、乗り越える道を多くの人が選ぶからです。

この世に乗り越えられ試練などありません。

自殺を考えてしまう事は、恥じるべきことではなくありません。

人の真似できないような大きな経験をしている立派な魂です。

自殺を考えるほどの苦しみは、人として大きく成長するチャンスです。

どんなに惨めな想いをしても、その経験が数年後プラスになる日が必ずきますので、生きる道を選択しましょう。

自殺後をすると地獄へ堕ちる

「自殺をすると地獄へ堕ちる」といいます。

それはおそらく本当で、自殺をすると本当に地獄に移行します。

地獄の期間は、本来生きるべき残された時間まで、すなわち生まれる前に決めていた寿命が来るまでと言われています。

生まれる前に決めていた寿命が来るまで地獄は続きます。

自殺したい人にとっては、この世でこれ以上生き恥や苦しい想いをするなら、地獄で苦しむ方がマシだと思われるのかもしれません。

その気持ちは、私も自殺を考えていた一人ですからよくわかります。

当時は、この世で苦しむくらいなら、あの世で苦しんだ方がいいと思いました…

しかし、今では自殺をしなくて良かったと心から思います。

この世の地獄には、いつか終わりがきます。なんらかの手を打つことができます。やり直すことができます。

この世は時間が流れてますので、奈落の底へ堕ちても這い上がれるチャンスが1%でも残っています。

しかし、死んでしまえばそのチャンスは0%です。

自殺をすれば時は止まり
地獄の苦しみから逃れる術はない…
一瞬たりとも休まる時はない…
地獄の苦しみから解放されることもない…
眠ることなく、ずっと苦しみが続きます。

地獄へ堕ちてから後悔して、どんなにやり直したいと思っても、もう遅いのです…

生き地獄であれば、寿命がくれば普通に死後の世界に行き生き地獄から解放されますが、地獄に逃げ道は用意されていません。

暗闇地獄の苦しみ

自殺をすると地獄へ堕ちますが、地獄といってもたくさんの説があります。

たくさんの説がある中のひとつ、私が体験した地獄をお話したいと思います。

自殺後の地獄の一説に「暗闇で寿命が来るまで自殺したことを後悔する」というのがあります…

私が体験した地獄はそれでした。

私は自殺した訳ではないのですが、20代の頃病気で死にかけました…

なぜ、自殺していないのに地獄を体験させられたのか…

その後、何年も経ってからその意味がわかりました。

私はその後の人生で「自殺を実行する寸前」まで追い詰められました。

その時、自殺を思いとどまるように、前もって「地獄」を経験させられたのだと思います。

勝手な憶測ですが、自殺をすれば「地獄」が待っているとわからせるための経験だったと思います。

しかし、追い詰められていた当時は、自殺をすれば地獄に堕ちるとわかっていても、冷静な判断ができなくて自殺を考えました。自殺を考える時の思考とはそういうものです。

その傍ら、地獄が待ってると知っているのでためらいます…
死のうか死ぬまいか迷う日々を送りました…

もしも、当時の私と同じように自殺を考えている方がいるのなら、もう少し話を聞いてください。

私の経験した暗闇地獄が、いかなるものかお話します。

私は危篤状態の時、突如、暗闇地獄へ堕とされました。

その世界にあるのは、暗闇の中に意識と後悔の念だけです…

自分の生き方、行い、もうやり直すことができない無念…その感情しかありません。

暗闇には、上下左右もありません。

動くこともできません。

音を聞くこともできません。

暗闇以外なにもない世界…

そこで自分のしてきたことを後悔しました。

暗闇の中、愛を持って生きることを決めて生まれてきたことを思い出しました。それを忘れ欲望のままに生きたことを後悔します。

誰もが、愛を持って生きることを決めて生まれてきますが、それを忘れているだけで、死んでから思い出します。

何もない世界で、生きてた頃の精神状態は保てません。

人生を振り返り、取り返しのつかない過ちを犯していたことに気づいて気が狂います…

気が狂い、声を出して泣き叫んでも無音の世界…

誰かに会いたいと思っても会えません…

ひとりだけの暗闇が延々と続きます。

どこかへ行こうと思っても、動けません。

一説によると、本来の寿命が来るまで、暗闇地獄から抜け出せないそうです。

自殺をした人は暗闇地獄に耐えられずに気が狂います。

再び死ぬこともできず、逃げ道などない…
苦しみしかない世界でずっと苦しむ…

生き地獄と違い、あの世の地獄に逃れる術がありません…

私が地獄から戻ったのは、自殺ではなく「地獄を体験する為」のものだったからでしょう。

もし本当に自殺をしていれば、再び地獄へ堕とされ二度と戻ってくることはありません。

自殺を選ぶよりもプライドを捨てること

生きてる限り解決のチャンスは巡ってきます。そして、いつか苦しみに終わりがきます。

苦しみから逃れるヒントは、日々の暮らしの中で与えられているはずです。

ヒントから目を逸らさずに、本当に向き合うべきことは何なのかを考えてください。

生きる意味がなかろうが、人に迷惑かけようが、命のある限り絶対に生きることが私達に与えられた使命です。

「生きる意味がわからない」とよく耳にしますが、生きる意味は『生きること!』です。この世を経験することに意味があります。

詳しくは生まれてきた意味が分らない人に伝えたい…生きる目的とは?をご覧ください。

あなたの魂は、生きたいから生まれてきています。忘れているだけで、愛を学ぶために生まれてきています。

自殺しないために、あなたを自殺に追い込む事柄から逃げるのも方法でしょう。

つまらないプライドを捨てるのも方法でしょう。

たとえ地を這いバカにされても、生きるためにできることをしてください。それがあなたを救う第一歩になります。

自殺をするほど愚かな事はありません。浮浪者になっても生きているほうが素晴らしい。

自殺をして、今より苦しい世界にわざわざ行く事はありません。

寿命まで生きれば、あの世への道が開かれます。それについては【死後の世界】地獄から生還した臨死体験者が語るあの世の階層をご覧ください。

取り返しのつかない後悔をするよりも、どんな事をしてでも生き抜く選択をすれば、今の苦しみから逃れられる日が来るはずです。

どうか、死ぬ前に、最後の悪あがきをしてください。

それが、あなたが救われるたった一つの方法かもしれません。

自殺をする勇気を「生き抜くため」に使ってください。

もう一度言います。

自殺を考えている人は、実行する前によく考えてください。

自殺をして暗闇の世界で苦しみもがき続けるのか…
この世でチャンスを待って生き続けるのか…

自殺をすれば、やり直すチャンスはありません。

しかし、生きていればチャンスがあります。

苦しくて辛くても、あと何年後、何ヶ月後、何週間後に状況が変わるかもしれません…

自ら状況や思考を変えれば必ず変わる日が来ます。

死んでしまえば、その可能性を自ら閉ざしてしまうことになります。

地獄に癒される時間、息をつく時間など一瞬たりともありません…

ずっと気が狂ったままもがき苦しみます。

この世で寿命を全う(まっとう)することは、一連の学びを終えたということ。

そうすると、暗闇地獄へ堕とされることはありません。

生きることがどんなに辛くとも、あの世の地獄にくらべれば比ではない…

どんなに辛くとも、生き恥を晒そうとも自ら命を絶つことだけはしてはいけません。

死んでからさらに苦しむくらいなら、この世で数十年苦しんで、寿命がきて苦しみから解放されたほうがいいと思いませんか?

自殺を目的として生まれてきた人は誰一人いません。

自殺をしないで済む方法が、何かあるはずです。プライドなど捨て、生き抜くことだけを考えてみて下さい。

必ずどこかに抜け道があります。その抜け道をあなたが受け入れるかどうかにかかっているだけではないでしょうか。

私は、自殺直前に悪あがきをしました、それが功をそうして生きる選択ができるようになります。

あなたにもきっと生きるチャンスをつくる事ができると思います。

最後の力を振り絞って、生きる選択をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。