「守護霊がいない人がいる」のは本当?守護霊を信じる人は意外と多い

守護霊 いない人

「守護霊」とは、私達を見守ってくれる魂の親であり家族です。

魂と深い繋がりのある「守護霊」は、私たちの人生に影響を与える切っても切れない存在です。

「守護霊がいない人がいる」と聞いたことがあるかもしれません。

その話は果たして本当なのでしょうか?

結論から述べますが、守護霊がいない人は「この世に一人もいない」と断言しておきます。

この記事ではその真相について詳しく説明していきたいと思います。

守護霊がいないと思っている人の割合

守護霊は必ずいると冒頭で申し上げましたが、守護霊がいないと感じている人は世の中にどのくらいいるのでしょうか。

以下の結果は、400人に聞いたアンケート結果です。

守護霊はいないと思っている人の割合
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

守護霊はいると思う割合

霊のことを口にすると白い目で見られる現代ですが、過半数の人は守護霊がいると感じているようです。

私たちは、付き合いの浅い人とあまり霊の話をしませんが、過半数が守護霊を信じる結果になり、口にしないだけで信じている人は多いようです。

守護霊がいない人はいない

私たちに守護霊がいないことはありません。

初めに述べたように、誰にでも必ず見守ってくれている守護霊がいます。どんなに不幸な人であれ、守護霊がいない人はこの世に一人もいません。

この世視点で考えると分かりますが、必ず「親」が存在しますよね。

親の存在が無ければ、私たちは生まれることができません。

魂の視点で考えても同じです。「魂の親=守護霊」つまり、守護霊がいない人はこの世に生まれてこないということです。

守護霊とは、あの世の親ですので、私たちとは切っても切れない関係にあります。

私たちが、この世で修行をすると決める前から、私たちが亡くなりあの世に還るまでずっと見守り続けてくれるありがたい存在であり、どんなに道を踏み外そうが、私たちを見捨てることなく、誤ちに気づくまで根気強く気づきを与えてくれます。

皆様は、守護霊にどの様なイメージを持たれているでしょうか?

守護霊は私たちを守ってくれ、地位や名誉、出世やお金などの物質的な幸せを与えてくれる存在だと思っていませんか?

しかし、それは違います。

守護霊の役目については、霊能者と名乗る人でも誤解されていることがあります。

守護霊がいないと言う霊能者は怪しい

たとえば、災い続きで霊能者のところに相談に行ったとしましょう。

私「どうしてこんなに災いが降りかかるのか、視て頂けませんか?」

霊能者「あなたに災いが降りかかるのは当然です。あなたの守護霊は去っていません。ですので、私があなたに強力な守護霊をつけて差し上げます」

この話には、おかしな点があります。

守護霊が去っていない人はいない

何度も述べていますが、私たちが生まれて死ぬまで、片時も見捨てることなく見守っているのが守護霊であり、守護霊がいない人など、この世には存在しません。

霊能者から「強い守護霊をつけてあげる」と言われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことは霊能者にできません。

なかには「歴史的有名人の守護霊をつけてあげる」と言う霊能者もいるようですが、そのような霊能者は疑いましょう。

守護霊から見れば人間は低俗な部類に入ります。低俗な人間の指示に従う守護霊などどこにもおりません。

守護霊が人間の言いなりになるということは、親が子供の言いなりになるのと同じです。

人間を育てる立場の守護霊が、人の願いをやすやすと聞いていたら、人を育てることができません。

欲深い人間は守護霊を道具として扱うようになり、奴隷になれば、人の成長の妨げになります。

ですので、霊能者に指示されて動く守護霊はいません。

人間の願いを聞くかは守護霊が判断する

守護霊は私たちの親であり、私達がこの世で学ぶべきことを学ばせる存在で、そこに甘えや同情は一切ありません。

人間のような甘さはなく、徹底して私達を管理をしています。

そして、人間の願いを聞くかは、魂の親である守護霊が判断しています。

守護霊は人間の言うことを聞くのではなく、人間の魂の成長にとって何が大切かを見極めています。

そのため、人間の欲望を満たすだけの甘えには一切耳を傾けません。

人間の私利私欲に耳を傾けるのは、本来学ばなければならない学びを奪うことを喜ぶ低級霊だけです。

低級霊ほど簡単に欲望を満たしてくれます。

守護霊は私たちの手の届かない位置にいる崇高な存在です。

雲の上の人を私たちがコントロールするなどあり得ませんので、霊能者の甘い言葉に乗らないよう注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。