神様とは?スピリチュアルの見解

皆様は「自然霊」という言葉を聞いた事はありますか?

自然霊という言葉は、聞き慣れないかもしれませんが、神様と言えば聞き慣れた言葉だと思います。

スピリチュアルでは、自然霊の最高位が神様とされています。

神様とは?スピリチュアルの見解

神様は、自然霊の最高位

自然霊とは、この世に肉体を持った事がない霊の事を言います。

自然霊で私に身近なのは、眷属神(けんぞくしん)と呼ばれる神様の使いです。

龍神、天狗、妖精、小さいおじさんなど、他にもありますが、このような童話などに出てくる存在を自然霊と言います。

そして、私達の魂の元を辿れば、自然霊から生まれたと言われています。

神様というのは、この自然霊の最高位に位置するもので、私達人間とは全くの別格の存在であり、人間レベルでは繋がることができないと言われています。

霊能者も神様と交信できない?

「霊能者なら神様と交信できるでしょ?」と思われるかもしれませんが、結論から述べると「交信できない」のです。

現世を生きる人間とは全く別格の波長を持っている神様と、人間が繋がることはあり得ないと言われています。

もしも、本当の神様と繋がれると言っている方がいたら…??…かもしれません。

神様と交信できる波長があるなら、この世で修行する必要などありませんので「そんな人は、この世に生まれてこない」という見解です。

そして、もしも自然霊の最高位である本当の神様がこの世に降りたとしたら、この世は天国へと変貌するか、消えてしまうと言われています。それほどまでに、神様の浄化パワーはケタ外れということです。

今から「〇〇神を降ろします」といっている方がいたら、これもまた…??…だと思います。

神様は名乗らない

神様が現れて「私が○○神だ!」と名乗ることもありません。

本当の神様が降りてくることはありませんが、私の場合は眷属神ですら名乗りませんでした。名前を付けたのは私の無理強いです。

「神様」という名前も神様が付けたのではなく、人間が付けた名前です。

本当の神様が「私のことを○○神と呼べ」という事はありません。神様とは、そんな低俗なものではないと理解しましょう。

神道で神様とは

神道で、神様とは何なのかを調べました。

神様とは、神道から生まれた言葉です。

神道で神様とは「恐れ多く畏怖(いふ)すべきもの」と云われているそうです。

善悪の区別は存在せず、邪悪なものでも神道では「まがつ神」と呼ばれ神と呼ぶそうです。

また神道では、火にも水にも風にも自然の中に神が宿ると考えられているので、これを自然霊と考えることもできるそうです。神道での最高神は「天照大神(あまてらすおおみかみ)」とされています。

仏教にも、釈迦や観音や菩薩といった仏様の名前がありますね。西洋では、ゴットという概念があるそうです。

しかし、神仏の名前にしても昔の人が付けた名前であり、天照大神も観音様もゴットもすべて同一のエネルギーで、自然霊の最高位に付けられた名前に過ぎないとのことです。

これほどの話になるとスケールが壮大すぎてチンプンカンプンですが、神様も仏様も天使も皆同じ、呼び方や姿形は違えど、全ては同一のエネルギーということかもしれません。

神社にお礼参りをしないとバチが当たる?

稀に高い波動を持つ霊が現れる場合でも、神そのものが現れたのではなく、代理程度の霊に過ぎないとのことです。

神様に使える眷属神も、神様の使いであり代理程度の存在です。

眷属神は、崇高なエネルギーの高級な眷属神と、人間のように俗っぽい低級な眷属神がいます。

高級な眷属神はあれしてくれ、これしてくれと見返りを求めることはありません。私がお願いする事はあっても、お願いされることはありません。

お稲荷様は、「お礼参りをしないと酷い目に遭う」という迷信もありますが、もしも、お礼参りをしないせいで酷い目に遭ったのなら、信仰していたのが高級な眷属神ではなく低級な眷属神だからです。

高級な眷属神は、人間のように見返りを求める存在ではないのです。

先ほども言いましたが、自ら名乗り現れることもなく、はじめは名前を聞いても「何でもよい」と返ってきました。だから私が付けたのです。自然霊に名前は必要ないのだと思います。

見えない世界に依存して「私が神だ!」と名乗るものに翻弄され、ボロボロになっていく人もいます。

神様は、現世利益を叶えてくれる存在という想いが強ければ強いほど、神に化けた低級霊に翻弄されてしまいます。

すがり過ぎると良からぬ方向へ進みますので、偽神に化かされないように注意しましょう。

神様に祈るだけでは救われない理由

人は、苦難にぶち当たり八方塞がりになったとき、神仏に助けを求めるのではないでしょうか。

現に私も苦難にぶち当たり、真剣に神仏に助けを求めた人間です。

しかし、信じているのにちっとも救われないという方も多いでしょう。

「宗教を信仰しているのに幸せが訪れない」
「毎日神仏に祈っているのに幸せが訪れない」などなど…

私もどんなに祈っても救われませんでした。

神様も守護霊もそうですが、苦難から気づきを与えてくれるだけで、苦難を回避するために力を貸してくれるわけではありません。

苦難を回避するのは「自分自身」であることに気づくまでは、苦難を与え続けられます。

それこそが、魂の成長を願う神様らのはからいなのです。

最終的に、自分を救うためには、自分が動かねばならないと気づきます。祈り、神様が奇跡を起こしてくれるのを待っているだけでは、救われないことに気づきます。神仏に頼るだけでは、ご利益はないのです。

神も仏も守護霊も、気づきを与えてくださる存在であり、頂いた気づきから人生を切り開いていくことが、私達の使命であることを念頭に置きましょう。

人が神を求める理由

人が神を求めるのは、この世に生まれてくる時に忘れてきた神への憧れであり、懐かしみからだと言われています。

私達は、あの世で神になることを憧れてこの世に誕生しているのですから、神への憧れは自然なことなのかもしれません。

私達は、神に融合することを目指している原石であり、いずれは神となる存在で、神の未熟な部分が私達であり、私達はもともと神の一部なのです。

たったひとりで、霊界からこの世に生まれてきたように感じるかもしれませんが、決してひとりでこの世に送られてきたわけではありません。

記憶が消され覚えていないだけで、あなたが孤独に感じていても、あなたを思いやる存在がいます。あなたがこの世に絶望を感じていても、あなたに寄り添う存在があります。それは守護霊です。

記憶にはありませんが、私達ひとりひとりが神であるということをなんとなく感じて頂けたらと思います。