本当の水子供養・祟りはあるのか?スピリチュアルの見解・交信の事例

この記事では、
・多くの水子が祟るものなのか?
・本当の水子供養とは何か?
・水子霊と交信した事例とは?

などのお話ををさせて頂きたいと思います。

「水子供養」や「水子霊」について、不安を感じていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

本当の水子供養・祟りはあるのか?

水子とは、母体のお腹に命を宿したものの、中絶や流産により、この世に生まれることができなかった魂のことを言います。

致し方なく中絶や流産をしてしまったとしても、生を宿してあげられなかった罪悪感を女性は背負うことになります。

そのため悪質な霊能者は、相談者の女性に中絶や流産の経験があることがわかると「水子の祟り」と言って不安をあおり、不幸の原因を水子霊のせいにしてしまうことも少なくありません。

こうしたことから「水子は祟るから怖い」といった認識が広まり、中絶や流産を経験した女性は、不安に駆られるのではないでしょうか。

うまくいかないことがあれば、「水子供養をしたのになぜ?」「水子供養をしていないから不幸なのか?」と考えてしまいます。

しかし、こうしたことは、水子霊についての正しい知識があれば、惑わされることはありません。

そもそも、かわいい我が子である水子霊が、そんな頻繁に母親を祟るのでしょうか?

水子の祟りはあるのか?

中絶であれ流産であれ、一度は母体に生を宿しているのですから、その時点で、水子からすれば妊娠をした女性は母親です。

生まれてこなかったにしろ、水子は母親を選んで生を宿しています。水子からすれば、母体は立派な母親なのです。

いつの時代も、子供は母親を恋しく想い慕うものです。例え生まれることができなかったとしても、親を選んで生を宿していますので、母体である母親のことが大好きなのです。

生まれてきた赤ちゃんも、生まれなかった水子も想いは同じなのです。

もしも、赤ちゃんを忘れて母親が見捨てるようなことがあれば、きっと赤ちゃんは寂しくて悲しい想いをすると思います。

それと同じで、生まれてこなかった水子も「母親に忘れられること」を寂しく想います。

もしも、水子の祟りがあるとすれば、こうした寂しさから自分のことを思い出してほしくて、霊現象を引き起こすものです。

これを祟りと言うのは腑に落ちませんが、母親を苦しめようとして霊現象を引き起こす水子霊を私は視たことがありません。

水子霊が関係している霊障は、水子が寂しさを感じていることが原因です。

それを水子の祟りだと、むやみやたらと怖がるのはいかがなものでしょう。

自分を母親として選んでくれた魂を「気味が悪いから祓ってほしい」とか「水子なんて最悪〜」と言われたらどうでしょう?あなたが水子霊ならこんなに悲しいことはありません。

水子の祟りと言えば、産んでもらえなかった怒りの感情を連想するかもしれませんが、多くの水子は怒りの感情を持っていません。

多くの水子は「中絶される可能性」「流産の可能性」があることをわかっています。わかっていながら生を宿すのは、水子の学び、母親の学び、母親に関わる人達へ学びを与えているからです。

水子水子…とむやみやたらに怖がるのはやめましょう。自分が逆の立場ならわかると思いますが、可哀想です。

本当の水子供養

先ほどから述べておりますが、水子は怒りの感情で祟ることはほぼないと思います。

水子が霊現象を引き起こすとすれば、それは「寂しさ」からです。

そのことを考えると、水子供養に必要なのは、寂しさをやわらげてあげることだとわかります。

寂しさをやわらげてあげるには、中絶、流産した子が自分の子供であることを受け入れてあげること。

そして、その子を想い、温かい感情を向けてあげれば良いのです。その子を意識しながら、たわいない会話でいいので、心の中で話しかけることも供養になります。

このことがわからず、「高いお金を払って供養したから大丈夫」と思っておられる方は少なくありません。そのため、高いお金を払ったのにも関わらず、供養になっていないことがあります。

水子の供養には、どれだけお金をかけたかが重要ではなく、どれだけ愛情を込めてあげたかが重要になることを覚えておきましょう。

いついかなる時も、思い出してくださいと言っているのではありません。無かったことのように忘れることがないようにしてあげてください。水子もあなたの子供です。

水子霊との交信実例

このお話は、以前に不妊症で悩み、ご相談を頂いた30代女性の事例です。

ご相談内容からご紹介させて頂きます。

結婚して二年になります。今、不妊治療をしていますがなかなか赤ちゃんとのご縁ができません…。私達は子供を授かることができるのでしょうか。そのために治療は継続した方がよいのでしょうか…。

このようなお悩みでした。

不妊治療をしているのに、なかなか赤ちゃんとのご縁がない切実なお悩みです。

さっそくどういうことか霊視してみることにしました。

霊障を疑う前にまず、身体的な問題があるのかを視てみると、どうやら旦那さんが不妊症ぎみであると伝わってきます。

しかし、どう頑張ってもムリなほど重度のものではないと思われます。

ご相談者様の女性はどうでしょう…
身体的問題は、まったく問題はなさそうです。

依頼者に確認したところ、病院では旦那さんの精子の数が少ないと診断を受けているとのことでした。

しかし、霊視的には自然妊娠が不可能とは思えませんでしたので、なぜ不妊治療まで受けて妊娠しないのか疑問が残りました。

引き続き、原因を霊視しているとある物が見えてきました。

水子霊との交信

日本人形…
女の子が着物を着たやつです。
よく怪談話にでてくるアレです…
人形の祟り?

私はピンときたので、視えた女の子に言いました。

「怖がらなくていいから、本当の姿を見せてもらえますか?」

しかし、人形のままで応答なし…

「言いたいことがあるんやろ?大丈夫やって!出ておいでぇ~」

すると、人形の姿が変わっていきます…

日本人形に問いかけたところ、人形の姿から三歳児くらいの女の子に変わります。

これはもしかして水子霊?
というか…女の子の霊です。
いったん霊視を中断。

依頼者からは中絶の話など聞いてませんでしたので確認しようと思いました。

でも、悩むんですよね…
確かに見えるんですけど、もし違ってたら失礼すぎるでしょ…

このような葛藤が私の中にありますが、水子霊が見えるのは確かで依頼者に聞くしかありません。ということで確認したところ…

若い頃に一度、中絶したとのこと…でも一度お寺で水子供養をしたそうです。なのに子供を授からないのは、もしかして水子が…と頭をよぎることもあったそうです。

これではっきりしました。あれはご相談者様のお子様で間違いない。

お寺で供養されたようですが、水子霊はちゃんと成仏できておらずお母さんのそばにずっと居たんだと確信できました。

ご相談者様がおっしゃってました。
「過去に霊視鑑定してもらったことが二度あるのですが、今回のように水子霊のことを言われたのは初めてです。」

霊が霊能者と縁をつくり自分の存在を知ってもらうということはありますが、以前霊視されたときは気づかれずに3度目に私と縁をつけたのだと思います。

今回、水子霊はご相談者様である女性に、きっと伝えたいことがあるのだと感じました。

水子霊と再び交信

水子霊は、ご相談者様の娘さんだと確信ができましたので再度交信しました。

もう日本人形の姿で現れません、ちゃんと三歳児の娘さんの姿をしております。

でも、表情は暗くうつむいており何も言わないんですよね…

ん!?遠慮してるのか?

しかし、水子霊の感情は伝わってきますので私から問いかけました。

私「お母さんに自分のこと気づいてほしくて寂しかったの?」

私「お母さんに赤ちゃんができたら、忘れられると思って悲しかったんやろ?」

すると水子霊は…

水子霊「しゃみしかった~」
と泣き出してしまいました…

私「お母さんが産めへんかった理由知ってるやろ?お母さんもこれからっていう若い時で、夢もあったし産みたくても産むことができひんかったんやで…どうしようもなかったんやで。」

泣き止んだ水子霊は、静かに聞いています。

私「お母さんのこと恨んでる?」

水子霊「恨んでない…」

私「じゃあ、お母さんのこと好き?」

水子霊「大好きっ!」

やっと笑顔が見れました!とてもかわいい満面の笑みです!めっちゃかわいいですよ、皆様にも見てほしいくらいです。

もう水子霊と言わず「水子ちゃん」と呼ぶことにします。

やっと水子ちゃんの笑顔が見れましたので一旦霊視を中断し、ご相談者様であるお母様に連絡しました。

私が水子ちゃんに代わり、気持ちを伝えました。

お母さんに気づいてほしかったこと…
忘れられると思って不安だったこと…
お母さんの娘であることを認めてほしいこと…
など他にも…

そのことを聞いて、お母様はこう言いました。

「本来なら、母親として言われなくても気づいてあげなければいけなかったのに。ずっと心細い想いをさせてしまったこと…反省です。」

そしてこうもおっしゃいました。

「今まで女の子か男の子かもわからず、モヤモヤがかかった感じだったんですが…女の子、三歳くらい、優しい子と教えてもらえてとても嬉しいです。より近くに語りかけられる気がします。私のそばにずっといてくれたんですね。それなのに、わたしは自分のことばかり。ずっと寂しい思いをさせてしまってたんですね…ごめんなさいの気持ちで一杯です。わたしは、今水子ちゃんの母親なんだと改めて感じています。素直な優しい子ときいて、やっぱり私の子供だなと思いました。今まで泣かせてきてしまった分、たくさんの愛を送り続けます。」

素晴らしいですね、その気持ちが大切だと思います。

このお母様の想いが、何よりの供養になります。私はお母様に、今の気持ちを水子ちゃんに伝えてあげるようにお願いしました。

想いが水子供養になる

お母様に「水子ちゃんに気持ちを伝えてください」とお願いした翌日、再度水子ちゃんと交信しました。

果たして、水子ちゃんの様子はどうなってるでしょうか?

ん!?んん!?

現れた水子ちゃんは…満面の笑み!

ニコニコしています。まるで母親に褒められて喜んでる子供みたいに…

きっと、お母様がたくさん気持ちを向けてくれたおかげだと思いました。

やはり気持ちは伝わるんだと思う瞬間でした。

ついこの前まで、暗い表情をしていたことが嘘のようです。

これはイケるっ!さっそく水子ちゃんに天国に行くことを勧めました。「天国へ行ったらこーだよ、あーだよ」とどんなに素晴らしいかを説明しました。

すると水子ちゃんは「天国行く!」と言います。元気で素直ないい返事、とてもかわいいです。

その後「おっちゃんありがとう」と言葉を残し、あの世へと旅立っていきました…

以上が、不妊症でお悩みだった女性のご相談事例です。

水子の祟りと言うと恐ろしい気もしますが、水子は人間の子供と同じで心を持っていますから、親を苦しめてやろうと祟ることはごく稀な話だと思います。

もし、水子のことが気になるようでしたら、完全に忘れることなく、たまに気持ちを向けてあげることが供養になると思います。

水子のことを気にしていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。