宿命と運命の明確な違いを知り、人生を輝かせる方法とは?

宿命と運命には明確な違いがあります。

宿命とはどう頑張っても変えることのできない生まれ持ったもので、運命とは自分の努力や行動で変えられることを言います。

そして運命を切り開くためには、宿命を受け入れることが大切です。宿命を受け入れなければ、運命を切り開くことはできません。

宿命の上に運命が成り立つことを知り、運命を受け入れ自分が持っている素材を活かすことが人生を輝かせるコツです。

この記事では、宿命と運命の違いについて詳しく説明しております。違いを知り人生に役立ててくだされば幸いです。

宿命と運命の違いを詳しく解説・意味を知り人生を切り開く方法

まずは、宿命と運命の違いを詳しく解説していきます。

宿命の意味とは

宿命とは、生まれる前から決まっている事で、生まれてから自分の努力や力で返ることのできない要素のことを言います。

具体的には、生まれてきた時代・国や地域といった場所・親兄弟親族・性別・体質・容姿・性質・寿命などを言います。

これらは生まれる前から決まっていることであり、宿命と言われています。

宿命は変えることができません。人は、宿命を受け入れて人生を構築していくしかないのです。

その人生を構築していくことを運命と言います。

スポーツ万能な人もいれば、知能明晰な人もいます。これも生まれ持った体の個性で、宿命なのです。

容姿端麗な方もいれば、そうでない方もおられます。健康で丈夫な体を持っている人もいれば、病弱で病気を通じで学ぶ事を決めて生まれている方もおられます。これらも宿命です。

こうした宿命を受け入れて人生設計をしていかなければ、運命は切り開くことができません。

運命を切り開くためには、宿命を受け入れ感謝することが大切。

この体に生まれたくなかった…
今の時代に生まれたくなかった…
この両親の間に生まれたかなかった…

というセリフはを吐いているうちは、運命を切り開くことはできません。

自分の魂の成長のために必要だから決めてきた宿命です。その宿命を受け入れ、生かされている事に感謝しなければなりません。宿命を受け入れることからはじめましょう。

運命の意味とは

運命は、宿命とは違い自分の努力で変えられることや、変わることを言います。

人生は選択の連続ですが、それによりどのような人生になるのか変化をしていきます。それを運命と言います。

宿命という基礎があって運命が成り立っています。

宿命と運命の違い

例えば、家を建てることを例にさせて頂くと

家を建てるときにまず、場所を決めなければなりません。

都会か田舎か?平地か山手か?土地の広さは?などなど…

家を建てる前に、家の基礎となる部分を決めますが、それを宿命と言います。

運命は、宿命の上に成り立っています。

土地が決まれば、次に考えるのが運命の部分です。

和風か洋風か?木造か鉄骨か?ガレージは?庭付き?何階建てにする?カラーは?などなど…

土地という基礎の上に、どんな家を建てるかが運命となります。

運命を決めるにあたり注意したいのが、宿命を活かしたほうが良いと言うことです。

例えば、京町家が軒を連ねる住宅地に土地を買ったとします。そこに建てる家は、京町家が似合うという宿命を持っています。

しかし、そんな京町家が軒を連ねる場所に、ヨーロピアン風の家を間に建てたらどうでしょう?宿命を活かしきれていると言えるでしょうか?無理がありますよね。

他にも例あげるなら、200坪という広大な土地を買ったにもかかわらず、家は20坪で空き地は放ったらかし、雑草が生えて荒れ放題になっては、せっかくの広い土地を持て余していることになります。

どんなにいい素材を持って生まれても、その宿命を活かさずに怠けてしまってはもったいのないです。

逆に20坪の土地でも、狭いなりにオシャレな家を建て、誰もが羨む素敵な家を建てることもできます。

20坪の土地に50坪の家を建てることはできませんが、努力次第で20坪を最大限に活かした家を建てることはできるはずです。

人は、生まれ持って得意不得意があります。自分がどんな宿命を持って生まれたのかを分析し、自分という素材を最大限に活かすためにはどうしたら良いのかを考える必要があります。

どんなに良い素材を持っていても、それを活かすことができなければ宝の持ち腐れになります。

宿命を変えることはできませんが、宿命を受け入れて運命を切り開くことができるので、まずは宿命を受け入れた上で、物事を進めていきましょう。

運命を切り開く方法

宿命は、生まれ持ったものですから変える事はできませんが、運命は生きていく過程で変化していくものなので、ある程度は変える事ができます。

変えられない宿命を嘆いて立ち止まっている人に、運命を切り開く力はありませんが、宿命を受け入れて前に進む人には運命を切り開く力があります。

人生を有意義に過ごすには、まずは変えられない宿命を受け入れる。そして、宿命を受け入れた上で、運命を変える事です。

運命を切り開く為に必要なのは、問題から逃げない事です。

生きておりますと様々な問題が降りかかってきますが、その問題から逃げてはいけません。

問題から逃げて痛手を負った方もおられると思います。

私は、逃げてばかりで大変な事態に追い込まれた経験があり、それではいけないと覚悟を決め問題を乗り越えた事で、運命を切り開くことができました。そして、運命を好転させるには何事にも向き合う事だと知りました。

この世は、問題に向き合い乗り越える事で運命が切り開くようになっています。

問題から逃げる事で問題が無理難題になったり、問題を何度も繰り返す事になります。

そうなると、運命を切り開くどころかドンドン苦しい状況へと追い込まれてしまいます。

与えられた問題は、問題を乗り越える事で運命が切り開き、その問題の先には明るい未来が待っているのです。

与えられた問題は人生を輝かせるための試練であり、試練を乗り越えた先には、輝かしい未来があります。輝かしい未来を手にする為に、逃げてはいけません。

言い方を変えれば輝かしい未来を手にする為には問題に立ち向かう強さと勇気を持たなければいけないという事です。

逃げてばかりいては、問題が追いかけてきます。腹をくくり問題に向き合う事で運命が変わり、有意義な人生を送れるようになります。

宿命は変えられませんが運命は変えられる。
宿命を受け入れて運命を変える。
問題を乗り越える事で運命を変えられます。

与えられた問題は、人生を輝かせる為の試練です。勇気を出して立ち向かいましょう。

宿命を受け入れ運命を変える

ご相談くださる方の中には、明るい未来を見出すことが出来ずに、今の苦しみがずっと続くのではないかと途方に暮れてらっしゃる方も多くおり、明るい未来があることを信じたい気持ちから、未来のことを聞かれることがあります。

そして「私には明るい未来があるのでしょうか?」と、漠然としたことを聞かれることもあります。

これを聞かれる理由は様々かもしれませんが「明るい未来が視えます」と言われ安心したいのかもしれませんが、明かるい未来にするもしないも自分次第です。

また「結婚できますか?」「合格できますか?」など聞かれることもありますが、これも自分次第です。

これらの問いに対し、前向きな答えをだけを求めていらっしゃる場合、それを聞いてどうなるのでしょうか。

望んでいる結果なら安心かもしれませんが、望まぬ結果でも受け入れる覚悟がありますか?

もしも「結婚は無理です」「合格できません」と言われたら「はいそうですか」と納得できるものではないと思います。悪い結果であれば気負うだけではないでしょうか。

結果を知りたがる方に、望まない鑑定結果をお伝えすると「なぜですか!」「どうしたらいいのですか!」「私に幸せはないのですか!」「当たらない!」と取り乱す方も少なくありません。

自分の未来を知ることに焦点を当てるなら、望まない結果でも受け入れる覚悟がなければなりません。その覚悟なしに「未来を知りたい」と聞くものではありません。

しかし、そういった方に知って頂きたいのですが、そもそも未来は決まっているものでいということ。

未来という運命は変えられるのです。

今のままで明るい未来がないのなら、方向性を変えたり考え方を変えたりして未来を変えたらよいのです。

決まっているのは宿命だけで運命は変えられる。

生まれ持った宿命以外のことは、生き方次第で変えることができるます。それを運命と言い、運命は決まっていません。

ですが、運命は決まっていないと言っても、ある程度は決められた範囲があると思います。

例えば、私の能力で総理大臣や宇宙飛行士にはなれません。運命は変えられるといっても生まれ持った能力(宿命)が違うのですから変えられない部分もあります。

自分の器というものは確かにありますが、自分の器の中で運命は変えられるのです。

運命の底辺なところを進むか、頂点のところを進むかは自分次第ということを忘れないでください。

何度も言いますが運命は変えられる。自分に与えられた運命の頂点を歩めるように日々努力しましょう。