不安を解消する8つの効果的な方法・不安が増大してしまう理由とは?

「不安」を解消するにはどうしたら良いのか?

「具体的な方法が分からない」と、悶々としている人も多いのではないでしょうか?

ここに書かれているのは、不安感の強かった人が実際に不安を解消した方法もご紹介しています。

また、どうして不安が増大してしまうのか?その理由を知れば、それもまた不安を解消することに繋がります。少し辛口の意見になりますが、後半は不安が増大する理由を書かせていただいております。

自分に合った不安解消法を見つけ、一日も早く不安感から解放されましょう。

それでは、不安を解消する具体的な方法からご紹介させて頂きます。

不安を解消する方法と不安感の強い人の特徴

自分にできそうなやり方を見つけ、参考にして頂ければ幸いです。

ウォーキングで不安解消

[40代女性]

不安な気持ちは、景色を見ながらユックリ歩いていると、リフレッシュすることができるので、不安感の解消になります。

不安な気持ちのまま過ごすのはストレスも貯まりますし、上手に発散させることが大切なので、手軽にできるようなウォーキングは有効的です。

無心でウォーキングできるし、外にでることでリフレッシュすることができ、気持ちの切り替えが上手にできるようになります。

身体を疲れさせれば不安を忘れる

[40代女性]

不安感の強い人は、何事も考え過ぎてしまう傾向があります。気持ちの切り替えも苦手です。

そのため、不安を解消するには、楽しいことを考えるといった「精神面」での切り替えを考えるよりも、「身体を動かす」ことが一番です。

それも、運動後にどっと疲れがくるようなスポーツがベストです。おススメは水泳です。プールを10往復する等、具体的な目標をたてて一心不乱に泳いでいると、無心になることができ、不安を忘れます。

水泳が苦手な人は、長距離のウォーキングがよいでしょう。ウォーキングの場合は、晴れた日に行うのがポイントです。明るい日差しを浴びていると、自然と明るい気分になり、前向きな気持ちになれます。


軽い運動でも、体を動かすことでリフレッシュに繋がります。

と言いますのも、私自身スポーツジムに通っていた時期があり、スポーツジムに通っている人は元気はつらつで爽やかな人が多く、出歩かない人と比べ、強いストレスを抱えているような人は少なかったように思います。

適度に体を動かすことで、精神的に良い効果があるのは、体を動かすことを趣味にしている人達を見ていると分かります。

体を動かすことはストレス発散になるでしょうし、不安感の解消にも役立つと思います。運動不足でありながら不安感の強い人は、一度体を動かしてみると良いのではないでしょうか。

胸の内を書き出す

[40代男性]

人として生きていれば、多かれ少なかれ、不安を持たない人はいないと思います。不安を感じまいと別なことに没頭することや、日常生活を送る中で、不安を忘れてしまう人がいることも事実です。

しかし、不安感に縛られて日常生活を正常に送れない場合には、何かしら改善の必要性があります。不安感にさいなまれる人は、物事をマイナスに捉えてしまう傾向がありネガティブな性格です。これらの性格を変えようとすることは大きな困難を伴います。

では、目の前にある不安を解消するためにどうすれば良いかというと「自分が不安に思っていることを書き出す」ことです。そして、その不安に対して肯定的に対処できた時には、どんな小さなことと思っても、自分をほめてあげることです。

自分をプラスに評価していく中で、不安に思っていたことが、少しずつ薄れていくでしょう。不安なことに立ち向かえたと言うと大げさですが、何かしら対処した事を評価していくことは、不安の解消に役立つ実践法だと思います。


不安感に限らず、精神の健全化を図るのに「書き出す」ことはとても有効な手段とされていて、実践したことのある人も多いのではないでしょうか。

なおかつ自分で自分を褒めると、自分自身に癒しの効果を与えるので、この二つを持ってすれば、不安感の解消に役立つと思われます。

書き出して客観的に自分を見つめ直し、癒しの言葉で自身の心を癒しましょう。

不安感解消グッズを活用する

[40代女性]

誰でも大事なイベントの前日や、人前で発表しなければいけない場面など不安に思うこともありますが、結局は、不安の原因が無くなれば不安感はなくなります。不安感の強い人は、神経質であれこれ考えすぎる傾向があるため、不安感が慢性化し身体に影響が出てくる時があります。

私は、東日本大震災で被災した後、度々来る余震で子供が大丈夫か不安になり、毎朝起床時、外出時に不安感に襲われるようになりました。

最初は、不安感がまた来るのではと不安感が不安感を呼び、慢性化していったのですが、不安感が訪れた時はその都度対応するようになりました。

たとえば起床時、不安感が訪れたら枕元にペットボトルのミネラルウォーターを置いて置き飲む。外出時の不安感には、飴やタブレットをなめる。ハンカチに、ラベンダーのアロマオイルを事前に垂らしておき香りを嗅ぐなど。

これらがお守りとなり、次第に不安感が薄らぐようになり、今は飴を持ち歩いているだけになりました。


これも有効な手段です。

自分なりの不安解消グッズをみつけることで、楽しみながら不安感と向き合うことができます。

こうしたグッズを利用して、「効果がある」と一度でも実感できれば、プラシーボ効果で凄い力が発揮されます。

プラスの効果がありそうだと感じたものは、疑ってかかるよりも「良いものだと信じて」利用するに限ります。

自分にあった不安解消グッズを見つけ、不安感を克服しましょう。

過去を振り返る

[20代女性]

不安感の強い人は、先のことに必要以上の心配をしてしまいます。日頃から、どんなことでも深く考え込みやすい性格で、まだ起こってもいないことをあれこれ心配し、その結果「こうなってしまったらどうしようという不安に駆られる」というのが不安感の強い人の特徴です。

闇雲に先のことを考えすぎるのをやめ「やってみてから考えよう」くらいの軽い気持ちで過ごすことで、不安は解消されます。一度でもこのようにしてみると、自分が心配していたことは、必ずしも起こらないということが分かり、不安になりにくくもなります。

高い確率で起こりうるのか?を考える

[60代女性]

不安な気持ちに陥りやすい人と言うのは、一つの不安から、起こりうる不安な事柄を想像し、自分自身で不安を広げてしまいがちな人です。

こういう負のスパイラルに自分を追い込んでしまわないようにするには、自分の考えを客観的に整理することが効果的です。一つ一つ、想像の不安を「それは高い確率で起こりうるのか?」と考え、素の現実の不安を俯瞰できれば、少し落ち着いて自分の気持ちを不安から立ち直らせることが出来るでしょう。


人は、未来に漠然とした不安を抱いてしまうものです。

しかし、過去を振り返り冷静に思い出して頂きたいのですが、日々湧き上がる不安が、後々本当に重大な問題に発展することがどれほどあったでしょうか。

人に湧き上がる不安のほとんどは「取り越し苦労」に過ぎないのではないでしょうか。

この先、恋人ができなかったらどうしよう…と心配しても、ある日突然ご縁ができることもあります。

次の仕事を決める前に辞めてしまったけれど、このまま就職が決まらなかったらどうしよう…でも、就職活動を始めたら割と早く決まることもあります。

私で言えば、サラリーマン時代に「来月収入が無くなって、食べていけなくなったらどうしよう…」という心配はなく、「与えられた仕事さえしていれば給料を頂ける」安心感がありました。

今は自営業者ですから、仕事が無くなれば収入が0になるという心配は常に持っていますが、現在も続けられており、私が抱いていた不安は「取り越し苦労」だったと言えます。

心配事の多くは「案ずるより産むが易し」です。案ずるより産むが易しとは、始める前はあれこれ心配をするものだが、実際にやってみると案外たやすくできるものだという例え。

人は、心配するから頑張れるので、ある程度の心配は必要です。逆に、なんの心配もなければ、ただの怠け者になってしまうかもしれません。

しかし、その不安も度を過ぎると人生を停滞させることになるので、「不安を解消するためにどうすべきか」を常に考え行動しなければなりません。

不安の芽を刈り取る

[40代女性]

不安感が強い人は、前もって準備をすると良い。

不安感の強い人と言うのは、「もしこうなったらどうしよう?」と将来の事に対して、必要以上に心配する人だと思います。また、物事をネガティブに捉えてしまう傾向があると思います。

不安を解消するためには、まず「不安にならないように準備をする事」だと思います。

例えば、忘れ物をしないようにするために、チェックリストを作って、一つ一つチェックするとか、仕事で失敗しないために、その段取りを何度も確認するなど、不安要素のある事に対して、きちんと前もって準備をしておくと、不安の材料は少なくなっていきます。

そして、準備がちゃんと出来たら「あとはやってみるだけ、頑張ってみるだけ」と開き直るといいです。

シミュレーションと準備をする

[30代男性]

不安感が強い人の特徴として、元々ネガティブで、普段の活動量が少ない人が比較的多いと思われます。

不安を感じるのには、大きく分けて2パターンあり、それぞれにおいて解消する方法は異なります。

1つ目の不安は、「今まさにストレスを感じる状況下にいる」ことによるものです。

この不安は、自分が苦手としていることから起こる物なので、可能であればその状況下を避けるのが1番早い方法です。

しかし、仕事や対人関係などなかなか避けるのが難しい場合もあります。

その際に有効なのが、ポジティブな方向への「事前シミュレーション」や「準備」です。

ストレスが起こる状況下になることが想定できる範囲で、円滑に進むよう準備をするのです。この方法は、ストレス軽減にもなれば、苦手意識克服にも効果があります。

2つ目の不安は、「過去にあった経験を思い返して起こる」ものです。

こちらの場合は、失敗体験や受けた経験のあるストレスが原因になっています。

そこで、1つ目と同様のポジティブな方向への考えができるのであればいいですが、不安が強い人は既に起きてしまった後の失敗やストレスをポジティブにとらえることが苦手です。その為、考える時間を軽減することが一番になります。

この場合は、好きなことに集中したり外出したりなど、それぞれの人に合ったリフレッシュ方法を見つけることが不安解消に役立ちます。


将来を心配すればキリがありません。

結婚できなかったらどうしよう…
離婚になったらどうしよう…
子供ができなかったらどうしよう…
子供が家を出た後はどうなるのだろう…
病気になったらどうしよう…
親が死んでしまったらどうしよう…
仕事がなくなったらどうしよう…
お金が尽きたらどうしよう…
老後ひとりだったらどうしよう…

ですが、人生は基本的に「怠惰」に陥らなければ、それなりに前に進むことができます。また私達も、それを信じて邁進(まいしん)していくしかありません。

もし、「どうしていいかわからないから」と現実と向き合うのをやめてしまえば、人生が停滞してしまいます。それこそ、不安を増大させてしまいます。

悩んでジッと自分を見つめ直す時期も必要ですが、それはあくまで次の一歩を踏み出すための充電期間でなければなりません。

自分できること、すべきこと、心配事を少しでも取り除くために何をするべきか?常にその部分を模索し行動していかなければ、心配事を減らせません。

この世は、「原因があって結果」があります。未来は、今の結果としてつくられます。ですので、良い未来をつくるためには、今できることを頑張らなければならないのです。

いい種を蒔いて綺麗な花を咲かせるか、途中で枯らしてしまうかは、私達の今とこれからにかかっています。

人生は、一瞬一瞬が毎日をつくり、毎日が一週間をつくり、一か月、一年をつくります。一瞬一瞬を大切に生きることで、心配性克服に繋がっていきます。

漠然とした未来を心配している方は、その心配事をひとつずつ減らせるよう、前向きな思考を持って、行動していきましょう。

そうすればあなたは、今よりももっと心配事から解放される日が来ます。

人が不安になるのはなぜ?

不安を解消する鍵は「生活習慣の中」にあります。

あることを意識すれば、不安ばかり感じて立ち止まる時間が惜しくなります。

そうすると意識が変わり、不安を解消できます。

暇が不安を増大させる

人間、暇があればあるほど、余計なことを考えてしまうものです。

時間を持て余していると、誰かに言われたひと言を思い出しては悩んだり、将来のことを考え不安になったり、余計なことが気になってしまったり、暇があればそれだけ余計なことを考える時間も増えます。

幸せの数を数えることが好きな人は、小さな幸せに気づくことができます。

反対に、悩み多き人生の方は、不幸の数を数えては運気を下げている傾向があります。漠然とした心配を抱えて立ち止まる人は、充実した毎日を送れていないものです。

不安になることばかりを考える暇があるのは、ある意味不幸です。

たとえば、星占いをチェックした時、今日は一位だ最下位だと一喜一憂するのもそれだけ余裕のある証拠なのです。

不安になる暇がないほど忙しい人は、星占いに一喜一憂している暇もありません。

暇があると、朝見た星占いで最下位だったことが頭をよぎり、一日中どんよりとした気持ちで過ごさなければなりません。何か問題が起きると「今日は運勢が悪いから…」と星占いを思い出しては落胆してしまうのです。

しかし、そんなことを考える暇がいない人は、目の前のことに一生懸命生きていますので、余計なことを考えません。星占いで最下位だったとしても、そんなちっぽけなことに構っている暇はないのです。

一瞬一瞬、一日一日を懸命に生きている人は、行動力があります。心配して立ち止まることもなく、もしも不安に思うことがあっても、早急に対応するので、不安を解消していきます。

人は、暇があるから不安になります。逆を言えば、不安にならないためには、暇をつくらなければ良いのです。不安なことが起こったら、逃げずに向き合い、早めに対応する。このように、何かの目標や目的を持って邁進している限り、不安に押しつぶされることはなくなるでしょう。

余裕を持つから不安になる

ちょっと皮肉な言い方になりますが…

日々時間に追われ、めまぐるしい毎日を送っている人に、将来を不安に感じてじっとしている人はいません。。

極端な話、「明日から食べるものがない、住む家もない!」と焦っている人は、じっとしている暇もなく、食べるためにどうするか、住む家をどうするか、生きるために必死になります。

漠然とした不安ばかりが湧き起こり、行動しようとしないのは、少しでも余裕のある証拠と言えるのです。

「やらなきゃ死ぬよ」と言われたら、誰でもがむしゃらになります。

漠然とした不安の多くは、自分の心の持ちようであったり、物質的な欲求を満たせないことであったりするもので、ちょっとした発想の転換で悩みを解決に導くことができるものが多々あります。

不安を感じて悩む余裕のあるうちに動き出すか、余裕がなくなってから強制的に動きだすか、どちらがよいかは言うまでもありません。

限られた時間を意識しないから不安に浸ってしまう

余計なことを考えて悶々としてしまうのは「余裕があるから」と申し上げました。

では、余裕を持たないためにはどうすればいいのか。

それは「限られた時間の意識を持つこと」

もしも、あなたの命はあと一ヶ月…と余命宣告をされたら、今までと同じことで悩みますか?そんな時間があるなら死ぬ前に何かしようと考えるのではないでしょうか?

平均寿命は近年伸び続けていますが、必ずしも長生きできるとは限りません。

今健康で元気でも、明日がくるのは奇跡です。

限られた時間を意識することで「残された時間をどう生きようか」と考え、毎日がとても愛おしく大切な時間になるはずです。これまで考えていた悩みなどちっぽけに感じるでしょう。

自分に残された時間がないと分かれば、余計なことを考える暇もなく、自分がすべき事、やりたい事をすぐにでもするはずです。

時間があと僅かと知ったとき、人は物質的な執着が消えたり、命の大切さを知ったり、憎んでいた人を愛おしく感じたり、あなたが普段気づかなかった、人として本来あるべき姿がそこにはあります。

どんな悩みでも命の前では、くすんで見えるものが大半ではないでしょうか。

「不安だぁ〜」と愚痴をこぼしても、時間は過ぎますし刻一刻と死は近づいています。

時間を有効に使うために、行動しなければ不安を解消できません。

人生の限られた時間を無駄にしない意識を持ち、精一杯毎日を生きることで、不安の種を蒔かずに済みます。

・今を精一杯に生きる事に集中する

[30代男性]

私もよく不安に襲われる事があります。理由もなく漠然として将来や老後の不安。これは、必ず皆さんが抱くと思います。また仕事への不安、生活環境の不安と様々な面で不安は襲ってきます。

私は、今日一日を乗り切る事のみを考えて生きてます。そして、明日がくれば、またその日を精一杯に過ごす事で不安を紛らわしています。健康への不安など数えたらきりがないので、一日を精一杯に生きる事のみに集中し、不安を軽減する事が出来ました。


不安解消のヒントになるものがあったでしょうか。

「暇があるから不安になる」辛口の意見ですが、漠然とした不安を抱えている方に多いのは、暇を持て余しているという特徴です。不安を解消の第一歩として、目標をや没頭できる趣味を持ち、今を精一杯生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。