江原啓之の本【おすすめ13選】読みたいが見つかる!書籍の概要もご紹介

江原啓之の本

この記事では、みんなが選んだ江原啓之さん著者のおすすめ本をご紹介致します。

江原啓之さんは、日本スピリチュアリズム協会代表理事をされいて、スピリチュアルブームの火付け役です。

メディアにも出演されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

私自身、スピリチュアルに目覚めたのは江原啓之さんの影響があってのこと。私のスピリチュアルの知識は、自身の経験と、江原啓之さんの書籍から得たものです。

「スピリチュアル」と聞くと、見えない世界を引き合いにしたお金儲け、胡散臭さが満載ですが、江原啓之さんのスピリチュアルは現実的思考が強く、胡散臭かったスピリチュアルの概念を覆しました。

そんな江原啓之さんのスピリチュアルに感銘を受けた私は、江原さんの書籍をたくさん読みました。

この記事にたどり着いてくださった方の中には、「江原啓之さんの書籍を探しているけど、実際はどうなんだろう?」と迷っている方もいらっしゃると思います。

江原さんはたくさん本を出版していますので、書かれている内容がわからなければ選ぶのが難しいですよね。私も購入時は、迷いました…。

そこで!おすすめの本、そこにはどんな内容が書かれているのかをご紹介していくのですが、ここでご紹介するのは、私一人のおすすめではありません。

私と同じように、江原啓之さんの書籍をたくさん読んできた方のおすすめを掲載しているため、参考にして頂けると思います。

あなたがもし、何かに悩んで江原さんの書籍を探しているなら、きっと守護霊のお導きにより、今の自分に必要な本が見つかると思います。

ためになる本ばかりですので、じっくりと選んでみてください。

それでは、スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんのおすすめ本をご紹介致します。

江原啓之さんの本・おすすめ

幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ

れいさん[40代女性]

ずっと前に買った本ですが、時々読み返したくなるので、手元においています。
スピリチュアルで元気になれるかな?って興味があるなら、本の内容が心に入ってくると思います。
人に相談できず、頭の整理もできず、毎日モヤモヤして行き詰った時に読みたい本です。
スピリチュアルな考え方や表現は、家族や友達から得られない江原さん独特のもで、とても参考になります。
本を読んだ後は心が軽くなり、他の本も読みたくなります。

幸運を呼ぶたましいのサプリメント スピリチュアルセルフヒーリング/江原啓之

おみつさん[40代男性]

数ある本の中でも取り分け気に入っている一冊です。
特に付録のCDの音楽は、就寝前に毎日聞いていましたが、心が浄化されるような感覚が得られてとても良いです。
スピリチュアル夢セラピーなどでは、現在抱えている悩みを解消するためのヒントが満載で、きっとそういった悩みを多く抱えている人にもオススメの一冊です。
スピリチュアル系の本は多々ありますが、江原さんの話は、より日常生活に適用しやすい点もおススメです。

スピリチュアルプチお祓いブック/江原啓之

ぼんさん[20代男性]

私がこの本をおすすめするのは、買ってすぐに使える護符やシールが付いていることです。
付録の龍神の護符は、切り取って名前を書けば願望が叶ったり、悪縁が切れるようになります。
シールは、江原さんが独自に考案したお手軽につかえる結界であり、指定された方法で貼ることにより悪いモノが入って来れなくなるようにします。
その他にも、悪い念が入った物を浄化するおまじないのやり方が載っています。
値段にくらべてコストパフォーマンスがとても良いです。

スピリチュアル タブー・ブック/江原啓之

門次郎[40代男性]

スピリチュアルタブーブックを一言でいうと、スピリチュアルの視点から見た迷信の真実を解き明かした書籍です。
たとえば、4.9.13ぞろ目などの数字の意味や、厄年にお祓いをしないと災いが起きるのか?夜口笛を吹いたらお化けが出るのか?北枕がいけない本当の意味、お守りをたくさん持つと神様が喧嘩をするのかなど、一度は聞いたことのある迷信の本当の意味が書かれています。
迷信をスピリチュアルの視点から解き明かせば、本当に注意すべき点が見え、むやみやたらに恐れることのない部分がわかります。
また、お祓いCDが付いているので、CDの音霊で清めることが可能になっています。
迷信の真実がわかり、お祓いCDが付いてくる魅力の一冊です。

悪意/善意 たましいの素顔/江原啓之

門次郎[40代男性]

心の底から人を憎み、疲れている。
人に悪意を向けられ、疲れている。
「悪意・善意 たましいの素顔」は、そんな方達に読んでほしい書籍です。
この本には、生まれた意味、悪意の本質とは何か、本当の善と偽善の違い、大我と小我の違い、悪意に打ち克つ方法など、善と悪について深く掘り下げられています。
善と悪の深い部分を知ることで、憎しみが軽減される、自分に向けられた悪意の捉え方が変わるといった良い一面があります。
悪意の意味が理解できると、善悪すべての経験が必要な経験で、決して無駄ではないんだと気づきます。
悪意に翻弄され疲れてしまった方は、この本が前向きな気持ちに切り替えてくれます。

言の葉/江原啓之

門次郎[40代男性]

言の葉は、スピリチュアルポエムのような書籍になっています。
言ってみれば、江原さんのスピリチュアル名言集のような感じです。
ポエムは、人生、試練、恐れ、愛、旅立ち、幸せ、乗り越える力、未来へ、といったブロック分けされています。
全部で100ポエム書かれていますが、どれもがどこかの場面で必要になるようなものばかりです。
ひとつのポエムは、10秒ほどで読めるようなものばかりですから、一日の始まりに…一日の終わりに…ちょっとした時間などに…適当に開いてみると、今のあなたに必要な言葉が書かれているかもしれません。
言の葉は、他の書籍とは少し違った使い方のできる本になっています。
こちらも付属のCDが付いていますので、音霊のエネルギーを取り入るのに役立ちます。

あなたは「死に方」を決めている/江原啓之

門次郎[40代男性]

自分が成仏できるか知りたくありませんか?
実はこの本の冒頭に、あなたの「死に方」がわかるチェックシートが付いています。
30項目の質問に答えると、今のあなたが成仏できるかどうかがわかります。
といった具合に、この書籍は死について深く書かれており、死後の世界がどうなっているのかも詳しく解説されています。
あなたが未浄化霊にならないためにも、死後の世界を知っておくのは大切なことです。
また、死後の世界の話だけではなく、お葬式のこと、お墓のこと、終活についても詳しく書かれており、死に対する心構えが学べます。
誰もがいつかは死にますので、全員におすすめしたい本ですが、死後の世界がわからない方、死が怖い方、死ぬ前にすべきことを知りたい方には、特におすすめしたい一冊です。

幸せに生きるひとりの法則/江原啓之

ナースマン[20代男性]

「一人でいる時間が不安でたまらない」
「まわりの人と違うことをするのが怖い」
このように一人で生きることに不安を抱えていませんか?
「孤独」と「孤高」の違いを理解せずに、周囲に合わせたり、振り回されたりしながら生きている人も多いはず。
自分の人生を決めるのは自分でしかなく、自分次第でいくらでも人生は変わっていきます。
スピリチュアルを好む、好まざるにかかわらず本書を読むことで、人として自律と自立をし、「ひとりで幸せに生きる」方法を学ぶことができます。
私は本書を読むまで、江原啓之さんは「優しく何でも受け入れてくれる人物」であると思っていましたが、イメージとは違い手厳しく生き方を指南されていました。
甘やかすだけでない。だからこそ、彼の言葉に惹かれ多くの人に支持されているのだな、と感じさせてくれます。
依存的性格で、人生の意思決定を自分で行うことができない方こそ読むべき一冊です。

自分の家をパワースポットに変える最強のルール46/江原啓之

ももさん[30代女性]

この本は、家を建てる前に買って読みました。
元々、風水には興味がありました。
家具の配置や色などで、その人の運命が決まるの?と友人に笑われてしまいましたが、どうせなら信じて良い方向に人生を向けたいと思っていたので、面白い1冊でした。
全部を参考にしたわけではありませんが、家を建てて、所々この本を参考にインテリアなどを配置しました。
すごく良いことはありませんが、悪いこともなく、楽しく生活しています。
引っ越しを考えている人などにおススメの1冊です。

たましいの地図 あなたの運命をひらく/江原啓之

門次郎[40代男性]

たましいの地図では、主に実践スピリチュアルについて書かれています。
実践スピリチュアルとは、現実的な生き方や、現実と向き合いながら生きることです。
スピリチュアルといえば、非日常的で神秘に満ちたものを想像されがちですが、スピリチュアルに生きるとはそれとは全く逆で、地に足をつけ現実的に生きることです。この本を理解すると、現実を強く生き抜く考え方を習得できます。
そして、不幸になる人と幸せになる人の違いが明確にわかるため、自分が幸せになるためにどうあるべきかも見えてきます。
また、女性にフォーカスを当て、女性の人生を好転させる8つの法則も紹介されているので要チェックです。
この本には、人が幸せになる方法が書かれているので、幸せを感じていない人は、絶対に読んでおきたい一冊です。

たましいの履歴書 あなたの宿命がわかる/江原啓之

門次郎[40代男性]

この本の目的は、自分を解放し、本当の自分をさらけ出すことです。
たましいの履歴書では、江原さんから「あなたのことを教えてください」と、随所で語りかけられます。
というのは、質問に答えたり、メモ書きしたり、問いかけに答えることで、本当の自分に気づくためです。
また、人生で起こる魂の学びの意味についても説明されています。
たとえば、病気をする意味、認知症の意味、介護の意味、子育ての意味、家族の意味など、様々な過程を想定し、説明してくれていますので、苦難の意味がわかります。
苦難に負けない強さを身につけるのに、この本は役立ちます。
そして、この本には、江原さんからのメッセージCDが付いていますので、それも魅力のひとつです。

人はなぜ生まれいかに生きるのか <新装版>/江原啓之

けらこさん[50代女性]

なぜ人間は生まれてくるのか、何のために生きるのかという根本的な意味をわかりやすく書いてある本のひとつだと思いました。
見えないものが確実にあるという考えがある人にとっては、その考えをより深めてくれるし、スピリチュアルなことを信じていない人も読んでもらいたいです。
自分のものさしだけでは、世の中のことを全ては測れないことを、実感するためにも必読です。
この本は、これから生きていくための助けになります。

人間の絆 ソウルメイトをさがして/江原啓之

まきさん[30代女性]

人間関係に悩んでいる方には、是非読んで欲しい1冊です。
タイトルからしたら、ちょっと難しいかなと思っていたんですけど、いざ読んでみると、面白くてすらすら読めるので、本が苦手だなと思っている人にもおススメの1冊です。
私も、人間関係で色々悩んでいるときに読んだのですが、直接的にその人間関係を改善することは出来ませんが、自分の気持ちがとても楽になったのを覚えています。
色々な人がいるけど、また頑張ろうと思える1冊でした。

 

ここでご紹介しているのは、どの本も人生に役立つことが書かれています。

一度も読んだことのない方は、本当にいい本なのか半信半疑だと思います、私もそうでしたが、読めば何かしら得るものがありますよ。

以上、スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんのおすすめ本でした。