ずっと悩んでいることを15分で解決する簡単な方法:クリック

本当の愛と利己愛の違いとは?愛されたい人がすべきこと

愛は、2種類に分けられると考えられています。

1.自己中心的で未熟な利己愛
利己愛とは、見返りを求める愛です。
「私はこれだけあなたを愛しているのだから、あなたも私を愛しなさいよ」これが、自己中心的な未熟な愛です。

2.本当の愛は利他愛
見返りを求めないのが本当の愛です。私達の魂は、利他愛である大我の愛を目指しています。

愛とは、上記の2種類に分けられていて、「自己中心的な愛」「見返りを求めない愛」を持つ為に、この世で様々な経験をしています。

誰もが、初めは自己中心的な愛に支配されていますが、いつしか見ず知らずの人にまで思いやりが持てるようになるのは、経験を経て利他愛に目覚めるからです。

この記事では、未熟な愛(利己愛)と本当の愛(利他愛)の違いについてお話をさせて頂きます。

本当の愛と利己愛の違いとは?

私達がこの世を生きている真の目的は、利己愛から利他愛に目覚めるため、すなわち大我の愛に目覚めるためです。

いろいろな喜怒哀楽を経験して、本当の愛を持てる人(魂)に成長していくカリキュラムを誰もが持っています。そして、利他愛こそが、魂を最も輝かせます。正解は明白でも、最も難しいカリキュラムと言えます。

本当の愛に目覚める為には、日々の暮らしの中で「これは利己愛か?」「見返りを求めない本当の愛か?」自問自答する事を心がけなければなりません。

意識をすることで、少しでも本当の愛に近づくことができます。

本当の愛の恋愛とは

あなたに、交際している相手がいたとします。

あなたは、相手の事がとても好きです。

一緒にいる時は、嫌な事も忘れられるし、ずっと一緒に居て将来結婚したいと思っていました。

交際は順調に進んでいるかと思われたある日、相手から別れ話を持ちかけられました。

どうやら他に好きな人ができたようです。

あなたならどうしますか?

1.私は好きだから別れるなんて絶対にできない。「どれだけあなたに尽くしてきたと思っているの!」と意地でも別れない姿勢を示す。

2.本心を言えば別れたくない、でも相手が他の人との幸せを望んでいるなら仕方がないと、相手の意思を尊重して別れを選ぶ。

1番の好きだから別れたくないと言うのは、エゴです。相手が別れを望んでいるにも関わらずそれにしがみつくのは、自分が可愛いからではないでしょうか。相手と別れた事で自分が惨めな思いをしたり、寂しい思いをするのが「嫌」というエゴを強く持っています。

本当に相手を愛しているなら、相手の望んでいる事を尊重する2番の選択になります。2番はエゴではありません。本当の愛とは、自分が主体ではなく「相手を主体」に考える事です。

愛のある善意とは

目の前に歩いてる人のポケットから財布が落ちました。

あなたは、親切に声をかけます。

「すいませーん。財布落としましたよ」

すると相手は

「ありがとうございます!」と言いました。

その後の展開は?

1.「親切に教えてやったんだから少しくらいお礼くださいよ〜」と見返りを求める。

2.「気をつけてくださいね。それじゃ」と見返りを求めずに立ち去る。

1は、損得感情で動いた未熟な愛。
2は、本当の愛と言えるでしょう。

愛情の押し売りは本当の愛ではなく利己愛の表れ

愛情の押し売りとは、一言で言えば「これだけやってあげたのだから、あなたはそれに応えなさいよ!」

これは、本当の愛ではなくエゴを押し付けている利己愛です。

「こうしたほうが良い!」と思うからといって、相手の立場や状況、相手の想いなどを考えず闇雲に事を進めたり、強引に物事を進めようとしていませんか?

それではいくら相手の為を想っても、愛情とは受け取られずに、おせっかいの押し売りだと思われてしまいます。

「こうしたほうが良い」という想いがあったとしても、相手が納得していないならせっかくの愛情も空回りしてしまいます。感謝もされないし、逆に迷惑がられて反感を買う事もあります。

愛情の押し売りは、自分の気持ちを鎮めたい利己愛です。

ご相談を受けるなかで、親族間の悩みも後を絶ちません。

家族内の人間関係問題、パートナーへの不満、お子様の将来の心配などの悩みを抱えている方々が大勢おられます。

例をあげてみますが
「私は子供の将来を想って口うるさく言うのですが、どうして子供に親の想いが伝わらないのでしょうか?」と頭を抱えておられる親御様も少なくありません。

お子様の将来を想って口うるさくなる気持ちはわかりますが、純粋にそれだけでしょうか?

一見、お子様を想う気持ちが100%に見えますが、心の奥底には、自分が思う理想の道を歩かせたいというエゴがあるのではないでしょうか?

子供に一流大学を卒業させ、一流企業に就職させる為には「思い通りに動いてもらわないと困る」といった理想を子供に押し付ける親御様は少なくありません…

「それもこれも子供を想っての事!」という想いのなかに、子供の気持ちを無視した親のエゴ(利己愛)が見えます。

子供の人生は子供のものです。親のものではありません。親の理想と違う生き方をするのが課題になっているかもしれません。苦労は魂を成長させるので、親の言う事を聞かないで苦労をする事も必要です。

言って聞かせる事は大切ですが、それを押し付けるのは、お子様の意思を尊重していないエゴになり、仮に思い通りにならなくても、それがその子の人生で歩む道だと思いましょう。

本当の愛か未熟な愛か迷うケース

「本当の愛」か「未熟な愛」か迷う事もあります。

例としてあげさせて頂くのは、お金の貸し借り。

もしも、身近な人から「無利息でお金を貸してほしい」と言われた場合、貸す事が本当の愛で、貸さない事はケチで利己愛なのでしょうか。

この場合、お金を貸しても何の得もありませんので、貸す事が本当の愛のようにも思います。

しかし、ここでの問題はお金を貸す事が、果たして本当に借りる人にとって良い事か悪い事かを判断しなければなりません。

貸したお金がギャンブルで消えるなら、貸さない方が相手の為になり、貸さない事を利己愛とは言いません。

大切なのは、相手を思って判断しているかどうかであり、相手を思って断るなら本当の愛です。

もしも「お金は貸さない」と断ってケチだと思われたり「嫌われたくない」と思うのであれば、それは自分を良く見せたいというエゴの現れ…貸したお金が返ってこない事に悶々としてしまうなら、貸した時に良いように思われたかったエゴがあったのではないでしょうか。

もしお金を貸す場合は、あげたも同然の利他愛で貸さなければなりません。返ってこない事を受け入れられないなら、初めから貸さないほうが双方の為です。

愛されたいなら愛すこと

人から愛されないと嘆いてる人は「薄情な人」が多いのです。

あなたがもし「愛されない」と思っているなら、あなたが人に愛情をかけているか自問自答してください。

人から愛されるためには、まずは自分から愛情をかけることをしなければなりません。この世には、愛情をかけた分だけ、愛情をかけられるという因果の法則が働いているからです。

そのため、愛されないと嘆いている方は、本当の愛を人に与えていないのです。

かつての私は、自分さえ良ければ良いという思いが強く、とても薄情でした。

利己愛だらけでだった私は、当然愛されませんし不幸でした。これまでの経験から、人に愛情をかけないと不幸になる事を実感しています。

愛情は与えるから返ってくる、与えなければ返ってきません。

本当の愛を知らず利己愛が生んだ不幸

かつての私の事ですが、お付き合いしていた女性にお金を貸した事があります。

その女性は、3回に渡り私から25万円を借りました。

当時の私は貯金が0どころか、借金のある身で貸せるお金など持っていません。貸すお金を捻出する為に、消費者金融からお金を借りていました。

普通に考えれば、できもしない事なら断るべきですよね。

「どうしてそこまでして貸したのか?」その動機が、利己愛そのものでした。

女性が初めてお金を借してほしいと言ってきた時、「明日、借金の返済日なのにお金がない、返さないと大変な事になる!」と私に泣きついてきました。

給料日に返す約束で、私は数万円を貸しました。

貸したお金を返してもらう前に、また別の借り入れ返済期限が迫っているという理由でお金を貸してほしいと言われ、数万円を貸しました。

全くお金を返してもらっていないのにも関わらず、彼女の給料日には、またお金を貸してほしいと言われたのです。

理由を聞くと、「手渡しでもらった給料袋ごと失くして生活費がない」との事…

私は、その給料でお金を返してもらう予定だったのに、返さない上にさらに貸してほしいと言ってくる彼女…

バカな私も「これはおかしい …」と思いましたが「これが最後だよ」と言い、貸す事にしました。

数日後、さらに「お金を貸して」と言ってくる始末…

彼女に貸す為に借りた消費者金融からの借金が限度額一杯になり、貸すお金がないと断りました。

すると「冷めたから別れて」と言われ、消息不明になりました。

私はお金を貸す時、彼女を想って貸すふりをしましたが本心は違います。

「お金を貸して優位に立ちたい」「頼り甲斐があると思われたい」「これだけしてやってやったのだから、俺に尽せよ!」という打算的な利己愛そのものでした。

彼女は、初めから騙すつもりで私に近づき、私はお金を貸す事で彼女を支配しようとした。そんな二人の低い波長で引き合ってできた縁です。騙す方も悪いですが、騙された私も悪いのです…

騙されたのは情けないですが、当時の私に利己愛の塊である事を知らしめる出来事で、本当に良い勉強になりました。

私から逃げていった彼女は、また次の男性を騙すでしょう。彼女の更生を願いお金を貸さない事が、本当の愛だったと思います。

利己愛で生きる人は、利己愛で生きる人を引き寄せ、本当の愛を持つ人と縁が出来ません。

本当に愛されたければ、利他愛である本当の愛に目覚めることが最短ルートになります。身内知人はもちろんのこと、たとえ赤の他人でも敵意を向けるのではなく、愛のあるまなざしで他人を見ましょう。

それが利他愛に目覚める第一歩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。