「因果応報は本当にある」と感じた17の体験談・因果の法則が必要な訳とは?

因果応報は本当にある

因果応報とは

因果応報とは『人は良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがある』という仏教の教えで、したことは自分に返ってくるという意味になります。

悪事を働いた人に罰が当たれば因果応報です。
人に親切にされるのは、誰かに親切にした時の因果応報が返ってきたからです。

因果応報は、やったことは返ってくるという意味です。

ただし、因果応報はこれだけの意味ではありません。

因果応報とは、原因があり結果があるという意味にもなります。

たとえば、目を閉じて歩いていたら階段を踏み外した。

階段を踏み外したのには、目を閉じて歩いたという原因があります。

こうした、原因があり結果があることも因果応報です。

この記事では、さまざまなパターンの因果応報をご紹介致します。

この記事でわかること

  • 因果応報みんなの体験談
  • 男女関係の因果応報
  • 人に優しくできない人への因果応報
  • 因果の法則が必要な理由

私一人の因果応報の話をしても、因果応報は本当にあるという説得力に欠けます。

そこで、因果応報の体験談を募集しました。

みんなどんな因果応報を体験しているのか以下でご紹介致します。

軽いものから、重いものまであるので、順番にご覧ください。

因果応報は本当にあると感じたみんなの体験談

[40代女性]

・私があまり好きではない人が転んでケガをしたという話を聞き、内心喜んでいたら自分も同じように転んでケガをする因果応報を経験しました。


[30代女性]

・ご飯をつくるのが面倒なので、スナック菓子などを適当につまんでいました。お菓子が主食の状態をしばらく続けると、肌はボロボロ、髪はパサパサになってしまいました。これも因果応報です。


[30代男性]

・酒好きで偏食の友人がいて、何度も自分の体を大切にするように伝えましたが、その友人は全く聞く耳を持ちませんでした。結果、友人は痛風で倒れてしまいました。


[20代男性]

・仕事中よくトイレの個室ででサボっていました。ある日お腹が痛くなってトイレに駆け込むと、誰かが入っていたようで待っても待っても出てきません。結局30分くらい待ってやっと出てきた彼は、よくトイレでサボっている奴でした。腹が立ちましたが、自分も同じことをしていたのに気付き、因果応報だなと思いました。


[30代男性]

・因果応報は、誰にでも起こり得る事です。仕事で手を抜いたりしたら、必ずばれて信用をなくします。自分の行った悪事などは、どんな形であろうと必ず返ってきます。恥じぬ生き方をしましょう。


[40代女性]

・宗教に汚い手を使って勧誘しようとしたことが皆に知れ渡り、勧誘どころか友人や親戚まで失くしてしまった自業自得の叔母がいる。


[40代女性]

・私は神経質です。

子供には「片付けなさい!」「明日の準備は?」「だらしない!」など、口うるさく言って育てていました。

いまでは子供が、夫や私に細かなことをいちいち言ってきてうんざりです。因果応報とは、まさにこのことだと思いました。

もっとおおらかに育てればよかった…

男女関係の因果応報

[30代女性]

・私は若い頃、不倫したことがあります。

本気で恋したわけではなく、遊び感覚で不倫相手になりました。

その不倫は4か月ほどで終止符を打ったのですが、そのお相手は数年後奥様と離婚したと聞きました。

それから年月は流れ、私はとても大好きな男性と結婚しました。

夫婦生活は円満で、誰から見ても仲の良いお似合いの夫婦と言われていました。

ところが、夫が突然の不倫…

夫婦関係は破綻し、離婚することになりました。

若い頃に軽はずみに不倫した因果が、廻ってきたのだと思いました。

因果応報はいつ来るかは分かりませんが、必ずあるのだと実感しました。


[20代女性]

・私は、彼氏がいるときに別の男性と関係を持ち、浮気をしていました。

ばれなければいいという軽い気持ちでした。

やがて、彼氏ともその男性ともうまくいかなくなり、どちらとも別れました。

しばらくして、本気で大好きな人と出会い、付き合いました。

しかし、陰で浮気をしていることが発覚、かなりショックを受けましたが、自分がやってきたことの報いだと思いました。

悪いことをすれば、いずれは返ってくる。これは本当だと思います。


[60代女性]

・大学の同級生に、女性にだらしなく、次から次へといい加減な台詞で女をたぶらかしている男性がいました。

その人は卒業してしばらく東京で働いていましたが、故郷へ帰り結婚し、起業したと風の便りに聞いていました。

その後、事業に失敗し自殺したそうです。

私は、女性の気持ちを弄んできた「因果応報」だと思いました。

人に優しくできない人への因果応報

[30代女性]

・昔、中学校の同窓会がありました。

その時に、昔いじめっ子だった子が、転校先の小学校でひどいいじめにあって悩んでいるという話を聞きました。因果応報だなと思い怖くなりました。


[40代女性]

・娘に意地悪をし子がいて、自分は悪くないと先生や親に言ってました。

やがて、クラスの子が、その子の性格の悪さに気づき、いつの間にか誰も友達がいない状態になり、無視されるようになりました。

意地悪な子に天罰が下りました。


[40代男性]

・高校生の頃、おでこが広かったため、「ハゲ」と言われからかわれていました。

あれから何十年もたって、からかっていた同級生が立派にハゲてるのを見て、因果応報だと思いました。


[60代男性]

・聞いた話です。

小学校で障害者を苛めていた男の子がいました。

親になり子供がいるのですが、脳障害で生まれました。

その様子を見た同級生が、因果応報だと言っていました。


[30代女性]

・私がインフルエンザで職場に復帰した際に文句を言った上司が、翌年インフルエンザにかかり、別の上司に私以上に文句を言われていたのを見た時に、因果応報だと思いました。


[30代男性]

・悪口ばかり言って人を孤立させていた職場の同僚が、最終的に皆に嫌われて孤立していました。そして、机やメモに悪口を書かれいじめられていました。


[40代男性]

・社内で、社長のセクハラ行為が横行しながらも、立場の弱さから文句を言えず、泣き寝入りするしかありませんでした。

そんな社長が満員電車で痴漢にでっち上げられ、警察で取り調べを受けることになりました。

社長が本当に痴漢したのか真相は不明ですが、日ごろの行いから因果応報と言えるでしょう。

因果応報は本当にあると思いますか?

因果応報は本当にあると、どれだけの人が感じているのでしょうか、年齢性別問わず400人を対象にしたアンケート調査の結果が、以下のものです。

因果応報は本当にあると思いますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

因果応報ある、ない

因果応報は本当にあると思う年代別の割合(%)
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

因果応報は本当にあると思う年代別の割合(%)

この結果を見ても分かるように「因果応報は本当にある!」と思っている方のほうが多いようです。

因果応報の体験談を読むと、日頃の行いに気をつけなければならないと、気の引き締まる思いになりますね。

ある程度の年齢になれば、多くの方が因果応報は本当にあると思う経験をしているはずです。

私も、若い頃は「因果応報はない」と思っていましたが、歳を重ねるにつれ、因果応報は本当にあると言わざる得なくなりました。

と言うのも、良いことも悪いことも、すぐに返ってこなくても、年月を経て完全に忘れてから返ってきたと思う出来事が後を絶たないからです。

因果応報は本当にあります。

やったことは返ってくるというのは間違いありません。

悪い行ないは改め、良い行ないを心がけましょう。

なぜ因果の法則が存在するのか?

ここからは、スピリチュアルなお話を致します。

なぜ神はやったことが返ってくる因果の法則を用意したのでしょう。

神の意思など知る由もありませんが、おそらくこういうことではないかという自論です。

人は、魂を成長させるために生まれてきます。

魂の成長をざっくり言うと、大我の愛を持つことです。

人は未熟だから生まれ、過ちを犯します。

その過ちに気づくには、過ちを犯すとどうなるのか経験しなければわかりません。

人を傷つければ傷つけられる、やったことが返ってくる因果応報を経験するから、過ちに気づき優しくなれます。

人に親切にできないのは、因果応報の経験が足りない無知な証です。

また、原因があり結果がある因果応報ですので、人が努力をするのも因果応報があるからです。

因果応報は、人(魂)の成長のために欠かせない法則です。

因果応報は気づきを与える法則

因果応報を知ると、過去の行ないがいつか自分に返ってくることを脅威に思い、逃恐怖にかられる方がいます。

ご相談者様の中にも、因果の法則を恐れている方がおられました。

しかし、むやみやたらに恐れることはありません。

因果応報が何のための法則かを知り、深い理解を得れば大丈夫です。

ある男性ですが、その方には家庭があります。

男性には奥様を何度も裏切った過去があります。

その内容は浮気になるのですが、女性上司の心を利用して、仕事上有利に働くために浮気を繰り返した過去があるそうです。

そのことが、どのような形で返ってくるのか不安を感じておられました。

男性は、過去の行いを深く反省し、自分が間違っていたことに気づいています。

この場合、奥様に浮気をされるという報いを受けると考えられますが、必ずしもそうなるとは言えません。

なぜそう言えるのか?

その答えは、因果応報は何のための法則かを知れば、理解できます。

男性は、浮気したことを深く反省され、これからは奥様に尽くすと決意されています。自分が間違っていたという気づきを既に得ています。

男性の反省が本物で、過去の行いを反省してやり直すなら、因果応報が免除される可能性があります。

因果応報からは逃げられないという考えもありますが、「因果応報とは何のための法則か?」その意味がわかれば、必ずしも悪い行ないのすべてが返るとは言えません。

因果応報とは、何が正しくて、何が間違えているのか?という道徳を人(魂)に教えるための法則で、気づきを与えるための法則です。

もし、すべての出来事に因果応報が働くなら、私は過去の道徳に反する行いのせいで、陽の目を見ることもなく、今の生活は絶対にあり得ません。

私は、過去の行いを深く反省し、善い種を蒔くことに専念してきました。すると、悪事のすべてが返ってこないまま幸せへと導かれています。

因果応報からは絶対に逃れられないということはなく、因果の法則は「気づきを与える法則」ですので、過去の行いを心から反省し、良い種を蒔きをすることで、因果応報の免除はあると思います。

ただ、来世に返って来る可能性は否めませんが…

もし、因果応報の脅威に怯えている方がいらっしゃるなら、悪い行いをしてしまった自分を深く反省し、良い種を蒔くことに専念してください。

してきた悪事以上に善い種を蒔くことで、ゼロにすることはできませんが、因果応報は免除されていきます。

因果応報は、罰を与えるのが目的ではなく、気づきを与える法則。

因果応報を恐れるのではなく、間違いに気づき正していきましょう。

12 Comments

門次郎 門次郎

安寿さんコメントありがとうございます。

因果応報は神様からのプレゼントだと、私もそう思います。

因果応報がなければ人は成長できませんし、因果応報があるから頑張れます。

人は自分で体験してこそ本当にわかりますし、人から聞いただけではわからないことでも体験をするとわかるようになります。

目が覚めたらスマホの壁紙が、因果応報になっていたとのことで、きっと神様からのメッセージですね。

直感を大切に、これからもご活躍ください。

安寿

因果応報は、ありがたい神様からのプレゼントだと思います。人は何も考えずに相手の心を傷つけたり、大切にしている物を奪ったりします。

それは、してはいけないことですよ~という意味で、同じ境遇にならないと分かりません。

私は、記事を読んでると、すぐ眠くなるのですが、目が覚めたらスマホの壁紙が、因果応報になってました!ビックリしました。
記憶にないからです。

不思議ですが、私は、直感が働くので、神様からのメッセージと受け取りました。
ありがとうございました!

門次郎 門次郎

へのへのさん、コメントありがとうございます。

西洋に降ろされた霊界通信を私は知りませんでした。
貴重な情報をありがとうございます。

因果応報などないと思われるのは、来世を見ていないからですよね。

心当たりのない因果が、過去世から引き継がれたものという概念を持っている人は少ないですが、すべて出来事は自分の行いの結果ということを忘れてはいけません。

へのへの

18世紀後半から西洋に降ろされた数々の霊界通信では、報いとして因果応報と高い境地に到達する為に志願して試練を受ける場合もあるらしい。この世(物質世界)では、善因、悪因を作っても直ぐには善果、悪果として現れることは無く来世に持ち越されることも多々ある。とのことです。

あんこ

私も因果応報はあると考えている一人です。良いことも悪いことも、いずれ自分に何らかの形で返ってくると子供にもいつも話しています。昔、浮気を繰り返していた友人が、結婚してから結婚生活も仕事も全てうまくいかず、うつ病になったと耳にしました。やはり、人を悲しい目に合わせた人には、自分に何らかの返ってくるのだなと感じました。

匿名

私は子供の頃から両親に「人の振り見て我が振り直せ」という言葉を耳にタコができるほど教え込まれました。普段どうしてもイライラしてしまいがちな私は、他人に何かをされたらやり返したりもしてしまいます。でも、ふと冷静になってみると、そんなやり返しをしている自分が情けなく、恥ずかしく感じてしまいますり、「やり返してやりたい!」気持ちを抑えると、不思議と周りの人たちへの嫌悪感もなくなり、優しい気持ちになれます。周りの人たちのイライラに巻き込まれるのではなく、自分から優しい気持ちを振りまくことで幸せな気分になれる。これも一つの因果応報かと思いました。

@@

記事を拝見しましたが、私は因果応報というものには懐疑的です。世の中には、死んで当然と思われるような人が平気で生きていたり、一所懸命生きていても要領が悪いせいで搾取されたり虐げられて可哀想な人がいるからです。
もちろん、因果応報を信じて悪いことをしないようにしようと思う人が増えるのは良いことだと思います。そういう世の中になって欲しいです。

taka

“情けは人の為ならず”ということわざがあります。これはよく誤用例で取り上げられることがおおいのですが、本当に真理なのだなと年齢を重ねるごとに思いますね。
たしかに、見返りを求めずに行動することがベストなんだろうけど、見返り目的であっても、他人に親切にすることは回り回って自分にいいことが返ってきますね。
これはマイナスのことでも同じで、神様というか天は私達ひとりひとりを観察していて、人生は押しなべればばプラスマイナスゼロにするように操作しているのでしょうね。

駿

 因果応報が確実にあると断言することはできないとでしょうけど、多くの人は「悪いことをすれば罰が当たる」と信じていると思います。更に、悪い事をした人には相応の報いを受けさせることを望むと思います。そして、皆がそう考える事によって世の中の平和が保たれているのだと思います。また、親が子供を躾けたり教育する際は、因果応報の事を積極的に伝えるべきだと思います。

佐々木 みつき

私も因果応報はあると思っています。体験談のようなことはけっして証明できることでなくてもあると確信しています。実際、体験談に似た経験もあります。私は因果応報だと気付けるか、気づけないかが焦点になるといつも思っています。例えば、街で非常識なことをして人に迷惑を掛けている人を見たとき「この人はこれから先同じような嫌な思いをするんだろう。でも、その時自分がした過去の行いと関連づけられるかな。因果応報だと気付けるかな」と考えてしまいます。そして、気づけたらラッキー。そこからクリアしていけるのにと思います。因果応報をちゃんと気づく大切さ、つまり、自分を振り返れる人でありたいと思います。

りな

確かに因果応報とゆうものは存在するのかなと思います。良い事をすれば、いつか何かが報われたり、逆に悪い事をしたら、いつか忘れた頃に良くない事が起きたりと不思議な現象ですがあるのかも知れません。言霊とゆうのも、よく耳にしますが、やはりあると思います。因果応報とゆう結果については現実的には不思議な部分がありますが、やはり気を付けたい点であると思います。

大地

世の中に善い種を蒔き続けること、これは本当に賛成です。私も自分がされて嫌なことは絶対にしないように心がけて生きています。正直、悪意のある人、冷たくて無関心にすぎる人、最初から恵まれた環境にいる人、運が良すぎる人というのは、いくらでもいるように思います。そして権力を握っているのは往々にしてそういう方が少なからずいるのではないでしょうか。そういったチェーンに巻き込まれると結構辛いのですが、それでも前を向いて生きていきたいものですね。

現在コメントは受け付けておりません。