心配性を治すにはどうしたらいい?克服した人達が教える9つの方法

心配性を治すにはどうしたらいい?

そう思って検索しているなら、この記事が参考になるかもしれません。

この記事では、心配性を克服した人達の生の声をご紹介しています。

リアルな経験談が心配性を治すヒントになれば幸いです。

心配性を治す9つの方法

笑顔を増やし心配性を克服

[40代女性]

私もそうでしたが、心配性の人は自分でもわかっていながら、あれこれ考え過ぎてしまうので、気持ちを明るく前向きに、と言われてもなかなか変えられないのが現状です。

なので、内側から変えようとするよりも、外側から変えていく方が有効です。

気になることがあっても意識的に笑顔を増やすようにする、明るい声で話す等、外側から変えることで、自然とポジティブ思考になっていきます。

背筋を伸ばして姿勢を正すのも、堂々としているように見え、実際に堂々とした気持ちになっていくので、心配性の克服につながります。


笑顔を増やすだけで克服できるの?と思うかもしれませんが、笑顔はとても大切です。

「あの人は心配性だろうな…」と思う人に笑顔が溢れている人がいるでしょうか?

心配性の人はどことなく暗い表情をしていて、不安そうな表情になりがちです。

つくり笑顔で良いです。笑顔をつくることで脳が錯覚してポジティブな気持ちをつくってくれます。

内面を変えるために外面を変えるのも良いと思います。

とびきりのオシャレをしたら気分が高まるのと同じで、笑顔で自分をコーディネートすれば、心配性の克服に繋がると思います。

ポジティブな言葉を思い浮かべる

[40代女性]

日本人は世界の人種の中でも特に心配性の多い人種です。昔から地震が多いことから心配性が増えたとの専門家の意見もあります。

でも、心配性を少しでも改善したいという方は、私も実践した以下のことをしてみて下さい。

心配性の人は、真面目で完璧主義に近く、物事を考えすぎる傾向にあるようです。

なので、まずは不安を感じたらポジティブな言葉を思い浮かべてください。

「だいじょうぶ」「安心」「自分ならできる」など…ポジティブな言葉を思い浮かべるだけでも少し楽になるはずです。

また、人に話すことや紙に書くことで、自分の気持ちが整理され、心配していたことが大したことのないことに気が付いたり、共感されることで心配しているのは自分だけでないことで安心したり、解決するための糸口が見えるはずです。

ぜひ試してみて下さい。


ポジティブな言葉を思い浮かべる。この方法に似たものでホ・オポノポノの奇跡、魔法の言葉をご存知ですか?にも書いていますが癒しの言葉があります。

ホ・オポノポノはある言葉を繰り返すことで、自分自身と他人を癒すことができます。

言葉には言霊が宿っていて、ポジティブな言葉にはポジティブなエネルギーがあります。

ポジティブな言葉を思い浮かべるだけでそんな〜と思うかもしれませんが、人はネガティブな言葉を思い浮かべるだけでネガティブな思考になります。

それと同じでポジティブな言葉を思い浮かべるだけでポジティブ思考になれるので、心配性克服には有効な手段だと思います。

心配性の克服は食事療法から!

[50代男性]

心配事が頭から離れずにいてもたってもいられないなんてことはよくあります。しかし、それが度重なると生活に支障を来してしまって大変でした。

このような心配性の人は日本では多く見かけますが、このような性格は食事である程度克服することができます。

摂取を控えたいのは、糖分を多く含んだ食品、アルコールばかり摂ると不安感は増幅しやすいので、これらは適量にとどめる工夫が大切になります。

逆に摂取したいのは、心を安定させる、ビタミン類、ミネラル、アミノ酸などをバランス良く摂ることが必要です。

人が生活する上で心配事は付きものです。心配事と上手くつきあうためにも、食生活を大切にし、健康的な生活を送る努力が心配性を克服する鍵になります。


食事療法も有効な手段ではないでしょうか。

確かにアルコールやカフェインは心を不安定にさせるので、良くないとされているようです。

精神的な安定を図る食べ物はネット上にもたくさん紹介されていると思いますが、ビタミンB3は、笑顔の力で運気アップする方法・スピリチュアルの見解にも書いている、幸せホルモンセロトニンの分泌を促し、不安症やうつ病の薬と同じような効果があるそうです。

ビタミンB3はビタミンB群の一つで、炭水化物、タンパク質、脂質の代謝に必須。レバーをはじめ肉類、カツオやマグロなどの魚介類、落花生など、多くの食品に含まれるほか、必須アミノ酸のトリプトファンから生合成されるとのこと。

サプリメントでも摂取可能なようですが、大量摂取は皮膚の発赤などが起こるとされており、注意が必要です。

食事療法も効果が期待できると思いますので、是非とも試してみてください。

ドラマで心配性を克服

[40代男性]

私は精神疾患を患い今も通院しています。私は極度のうつ状態で物事を悲観的に考えることもありました。

しかしあるドラマを見てから精神的に楽になり、心配性ということもなくなってきました。

私は親から「一番、最悪なことを考えろ」と言われて育ってきました。それが心配性・うつの一つの原因になりました。

私は30代後半のときに、フジテレビの「世にも奇妙な物語」で嵐のリーダーの大野智くんがやっていたドラマを見て世の中が明るくなりました。

その物語は、心配性で前向きになれない大野くんに思いを寄せる女の子が神様に出会い「一週間でいいから心配性を辞めさせてほしい」と頼み、前向きになった大野くんの人生が開けてくると言うドラマでした。

そのドラマを見たとき目の前がパーと開け、些細なことがきっかけで人生を前向きに考えられるようになりました。


おそらく男性は、心配性の大野くんと自分を照らし合わせて合致したのだと思います。

大野くん=自分

その大野くんが心配性を克服して人生を切り開く姿を見て「自分もあーなりたい」「自分にもできるのではないか」と感じたのだと思います。

たかがドラマと思うかもしれませんが、理想を目にすることで、目指すべき方向性が見えるので思考を現実化しやすくなります。

成功実例をリアルにイメージするのは心配性克服だけに限らず、目標を達成するための手段として有効で、とても効率的な手段です。

心配性を克服するきっかけとして、感銘できるドラマや映画を見るのは、意外と盲点ではないでしょうか。

心配性の自分を好きなる

[40代女性]

心配性の克服方法と言うか、気にしなくて済むようになる方法とは、まずは心配性を悪い事と思うのではなく、良い事だと思ったら良いです。

心配性と言うのは、つまり、細かい所まで気が利くと言う事なので、心配性だからこそ、準備がしっかり出来るし、間違いが少なくなるのだと思います。

それを悪い方に考えると自分を責めてしまったり、自分が嫌いになったりして、もっと心配性が酷くなると思うので、まずは自分の性格を認め、それを良い方に捉える事が必要だと思います。

私は自分の事を好きになろうと考えるようになってから、心配性の症状も軽くなっていきました。以前は自分の事が嫌いだったのですが、今は割と好きです。すると人生が楽しくなりました。


心配性の自分を好きなるのも、良い手段だと思います。心配性の自分が嫌いと思う心が、卑下する想いを増幅させます。そんな気持ちでポジティブになれません。

自分の欠点を違う角度からみて、これまでマイナスだと思っていた部分のプラス要素をみつければ、短所が長所になります。短所と長所は表裏一体です。見方を変えれば長所にもなりますので、良い部分を探すようにしましょう。

書き出す

[40代男性]

心配性の人は、頭の中で考えすぎてしまう傾向があり、物事をする前から色々なことが気になってしまいます。

これを克服した効果的な方法は、頭の中で考えるだけでなく、実際に紙に書き出すなどして何をやらないといけないかをはっきりとさせることです。

やることが明確になってくると、何を優先してやるかや、どのようにしてやるかということも自然と整理されてくるようになります。

最初は時間がかかりましたが、繰り返していくうちに徐々に短時間で行えるようになりました。


本当に心配すべきことか?どこから手をつければいいのか?紙に書き出せば、むやみやたらに湧いてくる心配事を整理できますね。

心配事を整理して、優先順位をつけて上位のものを優先して行う、すると下位のものはさほど気にする必要がないことに気づくのではないでしょうか。

心配性に振り回されないためには整理して優先順位をつけましょう。

あえて忙しく!

[30代女性]

心配性の私は、物事に対してじっくりと考えてから行動に移すことが多かったと思います。決して衝動的に決めることや、勢いに任せてということなく、とにかくついつい考え込んでしまいがちでした。

それこそ、まだ起きていないことに対してもついつい不安を募らせてしまうのです。

じっくりと考えること自体は良いことでもありますが、心配性を克服するために、あえて忙しくすることで考え込んでしまう時間を作らないようにしました。

そうするとネガティブな不安は減り、ぶっつけ本番な状態でも何とかこなすことが出来た!という自信に繋がり、無駄な心配をしなりました。


不安感に翻弄される人もそうですが、暇があるほど不安になります。

暇があるから余計なことを考えてしまう。暇があるのは毎日が充実していない証拠です。

そんな日々を過ごしていると、ネガティブなことばかりが頭をよぎり、心配事が絶えないのは自然なことだと思います。

忙しくしていれば、やることが多過ぎて余計なことを考えなくて済みます。その結果心配性を克服できるのではないでしょうか。

心配性で暇を持て余している人は、時間の使い方を見直すと良さそうです。

心配な出来事を体験する

[20代男性]

自分もそうでしたが、心配性で悩んでいる人は考え方の予測にネガティブなものの考え方をしてしまうことが多いと思います。

あれをするのには大変な労力がかかる、こんなことをすれば怒られる、こんなことをしたら嫌われる。そして成功した体験は偶然だと思ったりする。

心配性の人はよく気の付くいい人という側面もありますが、いらない苦労を背負っている人にも見えます。なので、一度心配な出来事を体験していくといいと思います。

心配性の人はこれをしてはいけないという頑固な思い込みがあるので、そのしてはいけないことをしていく作業をしてみるといいといいです。そうすることで本当に起こることがわかります。

経験をしていくと、心配していたことってこんな簡単に乗り切れるんだとか、いつものことだとか思えてきます。そこから心配性の開放が訪れるので、とにかく経験することです。起きたら嫌だと思っていることを経験してみましょう。意外と耐えられます。


要は、やる前からあれこれ心配し過ぎて手付かずになるから、意外と簡単に乗り切れるイメージが湧かないということだと思います。

まずはやってみる、そして終えてみる。その過程の経験を繰り返すことで、本当に心配しなければならないことはそれほど多くないことに気づくことになります。

「案ずるより産むが易し」ですね。やってみると案外たやすくでれば心配事をひとつ減らせます。

逃げずに向き合うことが大切だと思います。

職場での心配性を乗り越えた5つの方法

[30代男性]

私はこうして心配性・緊張を乗り越えました。

楽観的な人を羨ましいと何度も思ったことがあります。
初めて取り組むことはもちろん、久しぶりの作業や人前での挨拶などの不定期で起こることにもドキドキしてしまいます。

心配性な人の共通点は計画的であることだと思っています。
「あれはやったかな?」「これが起きたらどうしよう」「ちゃんと伝わっているかな?」「うまくできるかな?」などこれから起きるであろう物事に対して先を読んで考えることができる能力です。

ですので、私の場合は下記内容を実践しています。

1.頭で考えられることをすべて文字に起こす。 (見える化)

2.その文字を手配書、または関係する人に伝わるように資料にする。

3.その資料をキーマンとなる担当者に説明する、渡す。

4.最後に残ったものは自分に対することなのでひたすらシミュレーションする。

5.シミュレーションの中で出てきた他者に関連するものは再度文字に起こし担当者に渡す、説明する。

この上記1~5をひたすら繰り返しています。

それでも失敗することもありますが、あとは失敗を重ねると経験になるので、次に生かすことができると考え直します。


こちらは職場での心配性を克服された実例ですが、具体的に書かれていて参考になります。

心配性な人の共通点である、計画的な部分を上手く活用した方法ですが、これができる人は、人よりも努力をしていて、仕事ができる人てすよね。出世株だと思います。

心配性を治す方法のまとめ

いかがでしたでしょうか?

☆心配性を克服する9つの方法
・笑顔を増やし心配性を克服
・ポジティブな言葉を思い浮かべる
・心配性の克服は食事療法から!
・ドラマで心配性を克服
・心配性の自分を好きなる
・書き出す
・あえて忙しく!
・心配な出来事を体験する
・職場での心配性を乗り越えた5つの方法

ここで紹介した方法は始めに申し上げましたが、実際に心配性を克服された人達の実践方法です。

やる前からあれこれ考えて尻込みせず、やってみましょう。

きっとあなたに合う克服方法があると思いますので、順番に試してみることをオススメします。

参考になれば幸いです。