スピマイ門次郎の【メール鑑定】お悩み相談は姉妹サイトをご覧ください。ここをクリック!

死後の世界の階層・あの世の【地獄を見た人の体験談】がマジやばい!

「死後の世界はあるのだろか・・・」
「死後の世界はどんな世界だろうか・・・」
「あの世などない・・・」
「死後の世界を見た人の体験談を聞きたい」

みな一度は死んだあとどうなるのか考えます。

死んだら無になると言う人もいますが、人は死んでも意識は消えません。

なぜそう言えるのか?

以前私は危篤状態になり、あの世の地獄を見てきましたので、死んでも意識は消えないと悟りました。

死とはだだ肉体と意識が離れるだけにすぎません。

死が怖い方は、死後の世界を知ることで不安が和らぎます。

ここでは、あの世の地獄を見た人の体験談、死後の世界の階層、死後成仏するためにどうすべきかを詳しく書いていきたいと思います。

死後の世界の地獄を見た人の体験談

まず初めに、気になっている方が多いであろう、あの世の地獄を見たときの体験談から、お話させていただきます。

私は地獄の臨死体験を経験しています。

地獄に堕ちないためには、地獄に堕ちた人の体験談を参考にして、同じことをしないようにすればいいだけです。

地獄に堕ちないための参考にしてください。

私は20代後半の時、100万人当たり1.3人という低い確率で発症する、中毒性表皮壊死症になり、あの世の地獄を体験しました。

どうせなら天国を見たかったのですが、生前の行いが死後行く世界を決めるといわれている通り、当時の私はロクでもない人間でしたので地獄送りは当然でした。

地獄と聞くと地獄絵図にあるような、火あぶりの刑にされたり、針山を歩かされたり、鬼に虐待されるようなイメージを想い描くかもしれませんね。

地獄にも種類がありますが、筆者が経験したのはシンプルな暗闇地獄でした。

危篤状態になった私は、三途の川に行くこともなく、真っ暗な世界にいることに気づきました。

暗闇の中に、意識があるという世界です。

そこにあるのは暗闇だけ…

暗闇がどこまでも続くだけの世界です。

音も光も風も匂いもなく、右も左も上も下もわかりません、方角すらその世界にはありませんでした。

まるでブラックホールの中にいるかのような、自分が暗闇と同化しているような、言葉では言い表すことのできませんが、本当に何もない「無」の世界です。

私は暗闇の中で、悪事を繰り返してきた自分の人生を悔いました。

生前は忘れていますが、あの世の暗闇地獄にいくと、誰もが人のためになる事を目的とし、生まれていることを思い出します。

そのことを思い出した私は、せっかくの人生を我欲にまみれ台無しにしたことを悔やみました。

おそらく魂は、暗闇地獄に移行すると穢(けが)れが取れます。

だからなおさら、穢れていた自分を強く後悔し、気が狂うほど悔やみます。

地獄では、どんなに悔やんでもやり直すことができない現実に、自分の行いにもがき苦しむだけの時間が続きます。

逃げ道がどこにもなく、心が引き裂かれる感覚が永遠と続く、あれほどの苦しみはこの世にありません。

気が狂いもがいているうちに、突然意識が戻り一命をとりとめました。

この世で地獄の苦しみを経験したとしても、死という逃げ道がありますが、地獄に逃げ道はありません。

このことについては自殺後の地獄・自ら命を絶つと生き地獄以上の苦しみが待っているにも書いているので興味のある方は読んでみてください。

我欲にまみれ、現世利益をえたとしても、あの世に還れば地獄に堕ちます。

この世の地獄ほど甘いものではありません。

地獄に堕ちないように、良い行いを心掛けましょう。

人は死んだら死後の世界に移行する

私はあの世の地獄を体験したことで、死後の世界について勉強しました。

諸説ありますが、スピリチュアルでは死後の世界はいくつかのステージに分かれていると言われています。

そもそも死とはスピリチュアル的にどういうことなのか?

私達の本当の姿は「魂」であり、肉体は現世を生きている間だけの入れ物に過ぎません。私達の思考や言動は、脳が動かしていますが、その脳を動かしているのは魂です。

私達が生きている間は、肉体と魂(霊体)を繋ぎ止めるために、おへその辺りからへその緒のようなものがついていて、それが肉体と魂を繋ぎ止める役目をしています。

そのへその緒のようなものをシルバーコードと言います。生きている状態とは、シルバーコードで肉体と魂が繋がっている状態です。

死とは肉体と魂が離れ、シルバーコードが切れることです。

臨死体験や幽体離脱は、シルバーコードが繋がったまま、肉体と魂が離れている状態です。

もしも、シルバーコードが切れてしまったら、その時は死んだことを意味します。

シルバーコードが切れた魂は、スピリチュアルワールド(霊的世界)に向けてあの世の旅が始まります。

死後の世界は大きく4つの階層に分けられる

死後の世界と言っても一つではありません。

厳密にいえば、数え切れないほどの階層に分けられていますが、大きく4ブロックに分けられると言われています。

私達が生きているこの世を「現世」と言い、死後すぐに行くのが「幽現界」→その後「幽界」→「霊界」→「神界」へと魂の浄化レベルに合わせて移行していきます。

その過程について説明させて頂きます。

死後の世界・幽現界

死後、最初に訪れる世界を「幽現界」と言い、魂と肉体が離れたらまず「幽現界」です。

幽現界は、この世とあの世の中間地点のようなことろで、現世と重なりあっている部分であり、まだあの世とは言えません。あの世とこの世の狭間にある世界です。

亡くなったことに気づいていない霊がこの世と同じ生活をしていたり、亡くなったことを受け入れない霊がこの世と同じ生活を続けたり、この世への未練を断ち切るために生前できなかったことを行う世界です。

前述しましたように、現世と幽現界は重なりあっているため、現世にいる私達が幽現界にいる霊を目撃することもあります。目には見えませんが、私達は霊と関わりながら生きています。

幽現界にとどまる時間は人それぞれですが、多くの魂が四十九日程度であの世へ旅立つと言われています。「四十九日はこの世にいて一緒に生活をしている」などと言いますが、厳密に言えば、この世にいるわけではなく幽現界にいます。

もしも、この世に未練を残して旅立たないでいると、あの世への道が閉ざされ、あの世への道が開くまで、幽霊としてこの世にとどまることになります。

ですので、この世への執着や遺された人への心配事は、四十九日のうちに気持ちの整理をしなければなりません。逆を言えば、この世への未練がなければ、四十九日よりももっと早くにあの世へ旅立つことができます。

四十九日のうちにこの世への未練を断ち切ることができれば、次のステージの幽界に移行することができます。

死後の世界・幽現界

死後の世界・幽界

先ほどの幽現界は、あの世ではありません。次にお話する「幽界」は、現世とは別の場所にあり、あの世です。

幽界は、無数のステージ(階層)に分かれていると言われています。

無数のステージとはいくつあるのかわかりませんが、何百…何万、何千万……億とあるのかもしれません。

私は、人それぞれのあの世があり、その数は無限大だと思っています。

そのたくさんのステージの中から、どのステージに行くのかは、生前の波長によって分けられます。つまり、「どのような心でこの世を生きてきたか」であの世の行く世界が決まるのです。

上層ステージは、いわゆる天国です。光に満ちた明るい場所と言われております。

[天国]

死後の世界・天国

[地獄]

死後の世界・地獄

逆に、下層ステージは地獄となります。真っ暗で、どんよりしていると言われています。

不平不満ばかりを言っていた人は、不平不満ばかりを言う魂が集まるステージに進みます。あの世へ行っても、不平不満から逃れることはできません。

人を騙して生きていた人は、騙し合いのステージに進みます。

また、人殺しのような荒れた心で生きていた人は、人殺しばかりがいるステージに進みます。殺りくを繰り返すだけの世界といった、地獄絵図の世界に行かなければなりません。互いに苦しめ合うだけの、本当の地獄です。

あの世の地獄に行きたくなければ、この世で理不尽なことがあっても、健全な心で正しく生きることが必要になります。

この世で波長を高く保てば、あの世で苦しむことなく天国に行き、幸せになることができます。

この幽界で地獄送りになった場合、地獄でしばらくとどまることになりますが、「このままではいけない」という高い志が持てた時、少しずつ上層ステージに移行していきます。

少しずつ上層ステージに近づいていくことで、いつかは最上部にたどり着きます。

幽界の始まりがどんな地獄のステージであろうが、目指すところは最上部にある霊界です。霊界を目指して魂は移行を続けます。

死後の世界・霊界

幽界でステージを上げ、最上部に到達した魂は「もっと素晴らしい魂になりたい」という気づきを得て「霊界」へ移行していきます。

死後の世界・霊界

霊界まで進んだ魂は、魂の浄化も進んでおり、名前や姿形、性別なども必要としない「光の存在」になります。

光になった魂は、現世で得た沢山の喜怒哀楽を持って、類魂(魂の家族)の待つグループ・ソウルと同化します。

グループ・ソウルは、霊界にいくつも存在していると言われ、私達もそのなかのひとつから生まれてきています。

グループ・ソウルがあるから私達が生まれたわけで、グループ・ソウル無くして私達が生まれることはありません。私達の守護霊も、同じグループ・ソウルにいるそうです。

グループ・ソウルには、これまで幾度と生まれ変わってきた叡智(えいち)があります。私達に送られる守護霊からのインスピレーションも、このグループ・ソウルの叡智があってのことです。

グループ・ソウルに同化して、また新たな魂がこの世に誕生し、この世での修行が始まります。

この世とあの世を繰り返し、自分の所属するグループ・ソウルの浄化が完全となれば、「神界(神の領域)」へと進んでいくそうです。

この「神界(神の領域)」に進むためにはグループ・ソウル全体の濁りをなくさなければなりません。

そのために私達は、幾度となく輪廻転生を繰り返し、この世の喜怒哀楽を持ち還っているのです。

現世のみを捉え一喜一憂するのではなく、グループ・ソウルとして捉えた時に、私達の浄化の旅、神界への道は果てしなく遠いことがわかります。

現世のみに捉われるのではなく、あの世や来世を見越した健全な生き方をすることが自分のためであることは、死後の世界を知れば言うまでもありません。

長い魂の旅のことを想い、なるべく健全な心で生きていきましょう。

あの世の時間

死後の世界の時間について、こんな話があります。

死後の世界には、時間の感覚はないとされています。

しかし、幽現界→幽界→霊界に至るまでの時間をこの世の時間に換算すると、30年〜50年とされています。

仏教では、50回忌を一区切りにしているのは、そのためと言われています。

あの世に行くための心構え

あなたは、この世への未練を断ち切れますか?

この世への未練を断ち切ることは、すぐにできることではありません。

いきなり「未練断ち切ってくださいね」と言われて「はい、断ち切れました」と即答できる人はいませんよね。

誰かに依存したり、愛に飢えたり、お金に執着してみたり、地位や名誉を求めたり、子供が欲しいと願ったり、他者と自分を比べて落ち込んだり…

どんな感情を抱いていたとしても、人は一人で死んでいきます。腐るほどのお金を持っていたとしても、命が尽きればどうでもいいはずです。もしも、この世に執着すれば成仏が遅れます。

人は亡くなり、死を受け入れることで現世のしがらみから解放され、そこでやっとあの世へ旅立つことができます。

ですので、成仏するためには「死を受け入れる」ことがとても大切です。

死後の世界に興味を持っていた人なら、どんな亡くなり方をしても早い段階で亡くなったことに気づくかもしれません。

しかし、死後の世界を信じていなかったり、突然死の場合は、自分が亡くなっていることに気がつかないこともあります。

例えば、心停止のような急死をしたり、事故で一瞬のうちに命を落としてしまった場合は、突然すぎて自分が亡くなっていることに気がつかないことも。

そういった場合は、自分の葬儀を見て自分が亡くなったことを自覚することも多いようです。葬儀は、亡くなった人に、亡くなったことを知らせる重要な役割を持っています。

あの世に行けない人

未浄化霊

死後の世界に行けないのは、ひとり身と家族持ちのどちら?という例をあげて考えてみたいと思います。

ひとり身の人が亡くなった時と、家族持ちの人が亡くなった時、どちらが死後の世界に行けない可能性が高いと思われますか?

直感で考えると、「ひとり身の人は寂しい想いをしながら亡くなったに違いない。だから、ひとり身の人はこの世に未練が残り、未浄化霊になりやすいだろう」と考えるかもしれません。

実は、全くの逆です。

その理由は、身寄りもなく友達もいない、そうなればもともと死ぬときは一人の覚悟ができているからです。

ひとり身の人が未浄化霊になりにくいのは、亡くなる前から腹をくくっているので、未浄化霊になる人が少ないと言われています。

そして、この世に身寄りがなくても、あの世には先に亡くなった親族がいます。あの世に還れば、みんなに会えると喜んで成仏していくそうです。

ということは…死後の世界に行けない可能性が高いのは、家族があって家族に依存している人です。

「息子も娘もワシが死んだのに涙の一つも流しゃしない、嫁は笑顔で笑ってやがる!」と寂しさを募らせたり、「ワシが死んだのに安い葬儀をしやがって!」と期待していた葬儀ではなかったことに憤りを覚えたり、想い描いていた自分の死後とのギャップに踏ん切りがつかず、成仏しないで彷徨い続けてしまうこともあるそうです。

また、よくあるパターンでは、遺された人達があまりにも悲しみ続け、自殺をして追いかけてくるのではないかと心配をしたり、悲しみから立ち直れずに生きていけないのではないかと心配をしたり、あまりにも「私を置いて逝かないで〜」と呼び止める念が強くて、後ろ髪を引かれ死後の世界に行けないこともあります。

「ひとりで死んで可哀想に…」「ひとりで死んだら成仏できないんじゃないか」と多くの方が、ひとりの死を恐怖に感じているかもしれません。

しかし、ひとりだろうが家族が居ようが、成仏できるかできないかはその人の気持ち次第です。

成仏するもしないも己の気持ち次第。家族が居ても居なくても関係ありません。気持ちが大事ということだけわかって頂ければ幸いです。

死後の世界があると思う人の割合

最後に、死後の世界を信じている人の割合をご紹介しておきます。

どのくらいの人が死後の世界を信じているのかを知るために、「死後の世界はあると思いますか?」というアンケートを行いました。

筆者の感覚では、漠然とでも7割くらいの人が死後の世界を信じているのではないかと思いましたが、結果は以下の通りです。

死後の世界はあると思いますか?
20代~50代を中心とした男女400人に聞きました。

死後の世界はあると思いますか?

死後の世界は「ある」と思う人が56%、「ない」と思う人が44%でほぼ半々の結果となりました。

年代別で見ると、50代を過ぎると死後の世界を信じる率が高くなっています。

死後の世界はあると答えた人の年代別の割合(%)

死後の世界はあると答えた年代別の割合

私の予想していた結果とは違いましたが、あの世の記憶があるわけでもなく、目に見えない世界ですから、ないと思う人が多くて当然かもしれませんね。

信じようが信じまいが、人は必ず死にます。

私は寿命を全うし天国に還る日を楽しみにしていますが、皆様はいかがでしょうか。

いつ寿命が来てもいいように、濃密な毎日を過ごしましょう。

11 Comments

おまめ

これまで死についてはあまり考えたことはありませんでしたが、死について考えていかなければならないと思いました。この世の中はトラブルも多く、いつ自分の身にふりかかり、死が近づいてしまうかも分からないので、考えられるうちに考えなければならないと思いました。現世と死後の世界、生きることには変わらないので人生をまっとうしたいです。

りな

最近、死について考えさせられることが増えました。それは自分も大人になり亡くなった方を目にしたり葬儀などに参列したからでしょうか…。死ぬことは肉体そのものの消滅であって、魂そのものは存在していると私は思います。誰かの守護霊様になっていたり、または生まれ変わったりしていると思います。

にゃんぱすー

私は小さいときから死後の世界、日本でいう「天国」と「地獄」はあるものだと信じていました。生前で良い人間の場合は天国へ、罪人は地獄へとよく物語で見かけていました。しかし大人になるにつれてそんなものは物語の中でしかないのものなんじゃないかと、死んでみないとわからないとあまり興味がなくなってきました。しかし死後の世界を信じるか、というグラフで20,30代の人たちより50代の年配の人たちの方が一番数値が多いのは驚きました。

708

私は死後の世界を信じていますが、自分で体験したことでないのですべて信じることはできません。しかし、この記事を読んだことで参考にはなりました。また、一貫してすべての人が同じなのか、その他の動植物・地球外生命体(もしいれば)はどうなのかきになります。

you79

私たちは幾度となく輪廻転生を繰り返すとありますが、世界の人口は増え続けています。グループ・ソウルにある魂というのは、どのように生まれ幾つくらいあるのでしょうか?ソウルが新しく生まれてこないと人間は増えないという事になります。
それと、他の動物や虫、植物の魂も同じようにあの世はあるのでしょうか?絶滅するというのはどのような状態を指すのでしょうか?わからないことが山ほどあります。
魂の分野からの解説文があると嬉しいのですが・・・。
あの世を否定も肯定もしませんが、興味があることには間違いありません。

お茶

やはり死後の世界は存在しますと、分かりました。周りから亡くなる方が増えるとこの後どうなるんだろうと思います。このページを読んで少しは分かった気がします。やはり生まれ変わりは有ると思いました。ゆっくり考えます。

ハム

自分はなんとなくですが、死後に自分の意識がぷっつり消えて全て無くなってしまうとは思っていません。死後の世界のようなものはあるのではないかと思いますし、ひょっとしたら何度も人間界に生まれ変わっているのかなと。だから、このページに書かれていることが全て正しいかはわかりませんが、あながち間違いではないのかなと思いました。とても参考になりました。

Y

死について考えるいいきかっけになりました。私の身内の死が最近あり、自分もいつ死んでもおかしくないと考えたことがあります。この記事にかかれている通り、死の世界を信じ、現世だけで生きているのではないと考えると少し気分が楽になり、もっとおおらかな気持ちで生きていけそうな気がしました。

駿

 常に死を意識して人生は有限であることを自覚し、現世を一生懸命生きる事と亡くなった方を供養する気持ちを忘れてはいけないと思いました。

匿名

私も死後の世界はあると信じています。
特に何か信仰している訳ではないですが漠然とそう感じています。
もしも、自分の命が無くなり死後の世界に行ったとして、50年後にちゃんと霊界に行けているのか不安です。
ちゃんと成仏できるのかさえ不安です。
少し自分の死というものを考えさせられました。

最近死について考えさせられる出来事がありました。自分で死んでみないと死後の世界があるかどうかはわかりませんが、霊的な存在を見ることができる人がいたりもするのできっとあるのではないかと個人的には思います。ですが今は幸いにも命ある身なので、毎日を大切に生きていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。