掃除と部屋の模様替えで自宅をパワースポットに変える!実践スピリチュアル

パワースポットに行きたいけれど行けない…
パワースポットで癒されたい…

そんな方は、自宅をパワースポットに変えましょう!

ここでご紹介することは、誰にでもできます!一番身近な部分であるご自宅をパワースポットに変える方法です。

家をパワースポットに変えて、運気アップを目指しましょう。

それでは、自宅をパワースポットに変える方法を順に説明させて頂きます。

自宅をパワースポットに変える方法

自宅をパワースポットに変えるには「掃除」が最も大切です。

トイレ掃除

皆様のご自宅のトイレはいかがでしょうか。
毎日掃除をしていますか?放って置いたら便座の裏がエライことに…なっているかもしれません。

トイレは、汚れる場所ですからマメに掃除をしたほうが良いのはもちろんのこと、トイレが綺麗になるだけではなく、トイレ掃除をすると金運がアップするとも言われています。

トイレ掃除をすることでなぜ運気アップに繋がるのか?

スピリチュアルでは、人の嫌がることを率先して行う行為は、精神を育み、徳を積む行為になり、因果の法則によって人生を好転させると考えられています。

逆に、トイレの汚れを放置する行為は、家族愛に欠けているとも取れます。つまり、愛の無い環境には良いエネルギーが生まれず、運気は低下していくということです。

もしも、子育てや介護となったとき、否が応でも排泄物と向き合わなければなりません。トイレ掃除を汚くてやりたくない人に、しもの世話はできませんよね。

「家族みんなが気持ちよくトイレを使えるように」と掃除をすることは、家族愛に繋がり、その家族愛が良いエネルギーを生み、運気アップに繋がります。

庭やベランダを綺麗にする

庭やベランダを綺麗にしていますか?

家の外のことで、汚れていてもあまり気にならない方も多いかもしれません。

私は仕事柄、様々なお宅にお邪魔してきましたが、庭やベランダが汚れているご家庭は少なくありません。

ベランダや家の裏に、埃まみれになった家具や物が山積みされ、粗大ゴミ置き場になっていたり、雑草が生え放題の庭や、枯れ放題の庭にしてあるご家庭もありました。

そういったご家庭は、家の中も散らかっているのですが、汚れた家に住む人たちは、家族の問題を抱えている場合も多く、側から見ても幸せそうに見えないご家庭が多かったように思います。

家の中を綺麗にしておくことはもちろんのこと、庭が荒れていたり、ベランダが汚れたまま放置していると、気の流れが悪くなり、ネガティヴなエネルギーを取り込み、ますます運気を下げるといった悪循環が生まれます。

そういった悪循環に陥らないためにも、ベランダを物置にせずに、使わない物は片付けて、スッキリさせておいたほうが良いです。

また、庭を荒れ放題にしていると、自然霊の法則によりネガティヴな出来事を引き寄せることになります。

庭やベランダは家の外ですが、敷地内は家と認識して綺麗にしておかなければ、住人にとってのパワースポットにはなりません。

散らかった部屋はNG

散らかった部屋は、悪いエネルギーを溜める原因になります。

散らかった部屋は生き方を雑にする

部屋が散らかっていても気にならない人は、雑な性格が生き方を雑にします。行き当たりばったりの行動をしたり、物事に対する丁寧さを欠いてしまうことで、詰めが甘くなり、失敗と挫折を繰り返し、物事が停滞する流れをつくる可能性があります。仕事であれば、それが致命傷にもなりかねません。

情緒を不安定にする

そして、散らかった部屋がネガティヴなエネルギーをつくりだし、情緒を不安定にさせます。些細なことにイライラして、家族間の喧嘩が勃発する可能性を高めます。綺麗に手入れをする気持ちは、丁寧な心をつくりだし、その丁寧さがネガティヴなエネルギーを遠ざけ、安定した心をつくりだします。

病気になりやすい

「病は気から」と言いますが、汚れた環境で健全な心の育成はできません。汚れた環境では、心が荒んでしまいます。荒んだ心は、体の不調となり「思い癖の病気」に繋がることがあります。

住んでいる家は、パワースポットでエネルギーを充電する場所でなければなりません。パワースポットにできるかどうかは、住んでいる人の心がけ次第になります。

散らからないように注意をし、家の掃除を小まめにすることが大切になります。

部屋の模様替えでパワースポットにする

パワースポット

部屋の模様替えは好きですか?

一度置いた家具を動かすのは面倒だから模様替えなんて一切しない…という方もいらっしゃると思います。

そんな方も、たまには模様替えをするのも良いと思います。

人には必ず低迷期があり、スランプに陥った時は、無理をすると事を荒立てることにもなりかねません。そんな時は、時が過ぎるのをおとなしく待つことも得策ですが、部屋の模様替えをしてエネルギーを一掃するのも良いかもしれません。

次にご紹介するのは、スピリチュアルの視点から「部屋の模様替えで運気を変える4つのポイント」をご紹介したいと思います。

部屋の色を変える

色には「エネルギー」があります。気分を一変するためにも、色の力を借りると良いでしょう。

自分が必要としているパワーの宿った色を生活空間に取り入れることで、エネルギーの補給ができると言われています。

部屋の雰囲気を変えるために、壁紙を張り替えるのは大変ですが、カーテン・じゅうたん・ソファーなどでしたら工事不要で簡単に変えられます。

部屋の彩りを大きく担っている家具類は、色を変えるだけで随分と違った雰囲気になります。

雰囲気を変えることで、これまで蓄積された不穏なエネルギーを一掃し、悶々とした気持ちを切り替えるのに役立ちます。

それでは、それぞれの色の持つエネルギーをご紹介させて頂きますので、今の自分に必要な色を考えてみてください。

色の持つエネルギー

・青色
心を落ち着かせたり、冷静さを求めるなら「青」がいいと言われています。青色は、心を鎮める効果もあるようで、犯罪防止のためにブルーライトを使った街灯を使用している地域があります。ちなみに、筆者が住んでいる地域も、街灯に青色を使用しており「冷静な気持ち」にさせてくれています。心を落ち着かせたい時は、青を取り入れましょう。

・赤色
強いエネルギーを得たいとき、ネガティヴな気持ちを払拭したいとき、集中力を高めたいときなどは「赤」が良いとされています。赤色は、情熱の赤ですから、気を引き締めて頑張りたいときなど、活力を与えてくれる色になります。

・黄色
元気を取り戻したいときは「黄」が良いとされています。黄色のオーラの人は、ひょうきんだとか言われますが、黄色は明るいイメージがありませんか?黄色は元気な色というか、眩しいですよね。気分が下がっている時、明るい気持ちになりたいなぁというときに、黄色を活用すると元気を分けてもらえるでしょう。

・緑色
気を休めたいとき、疲れているときなどは「緑」が良いとされています。緑色は、自然の山並みを見て心が落ち着くよのと一緒で癒しの色になります。和やかな雰囲気を演出したいなら、緑色を活用すると良いでしょう。

・ピンク色
夫婦間の問題を解決したいとき、恋愛運を高めたいときなどは「ピンク」が良いとされています。女性でしたら、恋愛運や夫婦仲の改善のために、さりげなくピンク色を取り入れてみるのも良いでしょう。夫婦円満、恋愛運向上のために取り入れたい色です。

・金色
金色はお金にまつわることだけと思いがちですが、インスピレーションがほしいときは「金」が良いそうです。金色の物を見ていると、確かにひらめきそうな気がしてきます。インスピレーションがほしいときは、取り入れてみましょう。

家具の配置を変える

使い勝手や部屋を広く使うための配置替えなど、生活がしやすい環境を整えることも大切なことです。生活しにくい環境では、居心地の良い空間とは言えません。

それとは別に、家具の配置をする時、気にしなければいけないのは「窓の位置」です。

部屋の気を良くするという意味では、太陽の光、陽の光の差し方や、風通しを考えなければなりません。

陽の光をさえぎり、風通しを悪るくするような家具の配置にしてしまうと、そこには悪い気が溜まりやすくなります。陽の光の浄化作用を活用し、風の流れで悪い気を部屋から出すためには、陽の光を取り入れ、風通しも考えた配置にしなければなりません。

明るい部屋で、窓を開ければ換気ができるような家具の配置が理想的です。

枕の向きでパワーアップ

ベッドの向きを気にしていますか?

私はベッドではなく布団ですから、簡単に枕の向きを変えることができます。

しかし、ベッドは一度セットをしてしまうと、動かすのも億劫です。

そこで、部屋を模様替えするときは枕の向きも考慮すると良いと思います。

スピリチュアルでは、活力が出ない時には「枕を南向き」にして寝ると良いと言われています。

また、ボーっとしてのぼせ気味で考えがまとまらない時は、「北枕」にすると良いと言われています。

今の自分に必要なのはどっちだろうと考えて、枕の向きを決めるのも悪くありません。

匂いでパワースポットをつくる

匂いのエネルギーについて。

香りにはパワーがあり、リラクゼーション空間のような場所でもアロマの香りなどを使うことで、リラックス効果が期待できます。

アロマテラピーは、心をリラックスさせ、ストレスを軽減させる働きがあると言われています。

生活の中に、香りのパワーを取り入れることで、居心地のいい空間をつくることができるのではないでしょうか。

私は、アロマは焚いていないにしろ、自宅にゴミを溜めて部屋が臭くならないよう気を使っております。

「たかが匂い、されど匂い、それがどうした?」とおっしゃるかもしれませんが、臭くないということは、自分の身を守る効果もあるのです。

良い匂いが原因で、波長を下げることはありません。良い匂いは、心を穏やかにしてくれたり、癒しを与えてくれます。そのため、良い匂いを嗅いでいる時の状態は、波長が高くなっている状態です。

逆に、悪臭の場合はどうでしょう?

悪臭を嗅いで「心地いい」と思う人は、少ないのではないでしょうか。

やはり臭いと気分も下がります。嫌悪感が芽生えます。そのため、波長を下げることになります。臭い中で生活をするのは波長を下げ、ネガティヴな問題を引き寄せやすくなります。

ネガティヴな問題を引き寄せやすくなれば、ますます生活が堕落していきます。そうなれば、ますます波長を下げるといった悪循環で暮らすようになります。

また、波長を下げるだけではなく、未浄化霊を引き寄せやすくなることも問題です。

暗い気持ちをもっている霊は、綺麗な場所と汚れた場所のどちらを好むと思いますか?

答えは…お察しのとおり、未浄化霊は波長が低く汚れた場所を好みます。

悪臭のするような場所で生活をすると、未浄化霊も好んでやってきますので、また違った意味で余計な負を背負うことになります。

そのようなことにならないよう、片付けと掃除をして、家の中は清潔にしておくことが望ましいです。

アロマなどの匂いに抵抗がなければ、香りをつけて自分のオアシスを作ってみてはいかがでしょうか。

部屋の模様替えをしたくなる意味

スピリチュアルでは、部屋の模様替えをしたくなる時、運命の流れが変わる前触れとも言われております。

例えば、新たな恋愛が始まる、新たな仕事が決まるといった転機が訪れるなど。

又、何かしらの良いことが待ち受けていることを、魂が察して意気込んでいるとも言われております。

ですので、部屋の模様替えをしたくなった時は、その気持ちに逆らうのではなく、少々億劫てあっても、時間を作って思い切って行動されることをオススメします。

きっと、部屋の模様替えすることで良い気を取り込み、運気の流れを変えようとしているのだと思います。

部屋の模様替えは、転機がきた時、直ぐに波に乗るための準備にもなりますので、いくつかのポイントを気にしながら、良い気を取り入れるようにしてください。良いエネルギーを取り入れ、運気アップに繋げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。